医薬品ではなく育毛サプリを利用すべき5つの理由@効果やQ&Aもあり


真剣に育毛を考えているなら服用タイプも導入しよう

iksa002

育毛を進めていく際に有名な方法として、育毛剤を使用することが挙げられます。
育毛剤は頭皮環境を整える成分や血行を促進するような成分を直接頭皮に塗り付ける事ができるため、言わば頭皮の外側の部分をケアしていく事ができます。

しかし、実際に髪の毛を作り上げる成分は体内に存在する栄養を元に作られているため、育毛剤だけでは物足りない部分もあります。

そこを上手く手助けしてくれるのが育毛サプリです。

育毛剤では摂取できない髪を作り上げる優秀な成分をサプリとして摂取することにより、更に強い髪の毛を作り上げることができます。それに加え、育毛剤が浸透できるような頭皮環境を作るサポートもしてくれるため、育毛剤の効果を高めることができるんです。

内服薬はリスクが高すぎる

育毛サプリというと内服薬よりも効果が小さいイメージがあります。そのため、内服薬を用いて対処する人も少なくありません。

しかし、内服薬は育毛サプリよりも副作用のリスクが高いことに注意する必要があります。効果が期待しやすいからといって安易に内服薬を用いるのは危険なのです。

育毛で服用することが多いのは、ミノキシジルという成分です。
ミノキシジル自体はよく知られている成分なので、安心して服用できる気がしますが、どのように入手するかを考えてみるとデメリットがあることが分かります。ミノキシジルは、誰でも簡単に手に入れられる成分ではないのです。なぜなら、国内では販売されていないためミノキシジルが欲しい人は海外から輸入しなければならないのです。

医療機関で処方してもらえる薬なら、専門医の診察を受けることになるため、あまり不安はありません。しかし自分で海外から輸入する場合、当然のことながら業者選びに苦労します。きちんとした業者を選ぶようにしなければ、良質な商品を輸入することはできないのです。国内の販売店なら口コミなどを参考に選べても、海外の業者では参考になる情報が乏しくなります。

iksa003

また、良質なミノキシジルが手に入ったとしても、服用する際に副作用が出ないわけではありません。
この副作用は、髪の毛が増えにくいというような効果の問題ではなく、たとえば眠気や頭痛に襲われたり、動悸がしたり、血圧に影響が出ることもあり、症状が重くなれば、日常生活にも大きな支障が出てしまいます。

内服薬の副作用は、誰にでも同じように出るものではありません。ミノキシジルの場合、医学的にも効果が期待できるとされているため、服用するメリットは大きいですが、期待できる効果と副作用のリスクを比較してみると、安易に服用するのは避けた方がよいと言えます。

育毛サプリを使うべき5つの理由

育毛サプリを使うのがよいと考えられていることには、主に5つの理由があります。
きちんと理由を理解して、効率的な育毛に取り組むことが大切です。

■副作用のリスクが低い
まず、何といっても副作用のリスクが小さくなる点が挙げられます。
最終的に育毛の効果が出てくるとしても、副作用の悩みが続いてしまうのでは意味がありません。
最初から最後まで安心して続けられる点は、育毛サプリの大きな魅力です。
ミノキシジルを飲むときと比べて効果が小さくなる可能性はあるものの、安心感という点で軍配が上がります。
育毛の成果は、短期間で一気に出すものでは無いため、少しずつ取り組むようにすればよいのです。
■簡単に買える
内服薬よりも手軽に入手できる点が挙げられます。
内服薬の場合、海外から輸入するのが困難なのはもちろん、医療機関を受診するのも手間がかかります。
その点、育毛サプリならドラッグストアなどで自由に購入することが可能です。
育毛を始めたいと思ったときにすぐ見つけられる点は、モチベーションを保つことにもつながります。
ikusa004
■比較的価格が安い
入手する際の価格が抑えられる点も、大きな魅力です。
個人差はあるものの、育毛の成果が出てくるまでには、それなりの期間がかかります。
高額な内服薬を飲み続けることは、たいていの人にとって大きな負担になってしまいます。
比較的リーズナブルな金額で購入できる育毛サプリなら、安心して続けられるのです。
■たくさんの栄養が一度に摂れる
また、さまざまな栄養素を一度に摂取できる点も、育毛サプリの魅力の1つです。
育毛サプリに含まれる栄養素は、1つだけではありません。
複数の栄養素がバランスよく配合されていて、順調な育毛を手助けしています。
その中には、亜鉛やカプサイシンなど、育毛以外にも役立つ成分が多く含まれているのです。
含まれている成分の大半が天然由来のものである点も、安心して服用できる理由だと言えます。
ただし、どの育毛サプリにも同じ成分が含まれるわけではないため、確認した上で購入しなければなりません。
■自分の好きなタイミングで飲める
飲むタイミングの制限が小さいところも、育毛サプリの大きなメリットです。
内服薬の場合、決められたタイミングで飲まなければなりません。
たとえば、空腹時に内服薬を飲むと肝臓に負担がかかってしまいます。
その点、育毛サプリなら自分の好きなタイミングで飲めるので、自分の生活スタイルに合わせて飲める育毛サプリは、無理のない育毛をサポートしてくれます。

育毛サプリでよくある質問

ikusa005

育毛サプリが内服薬と比べて使いやすいと分かっても、さまざまなことが気になるものです。
そこで、よくある質問について挙げてみます。

■育毛サプリを使ったら体全体の体毛が濃くなるのか?

育毛サプリを使うときに、体毛について意識する必要はほとんどありません。 これは、育毛サプリがどのようなメカニズムで育毛をサポートするのかを考えてみると分かります。 育毛サプリは、髪の毛に関わる働きをする女性ホルモンをサポートする成分を含んでいます。 女性ホルモンが活発に働くことで増えるのは髪の毛であって、体毛を濃くすることは基本的にありません。 女性ホルモンには、体毛を薄くする作用があるのです。

■同じような効果のある育毛サプリを併用していいのか?いいなら同時に飲んでいいのか?

基本的には育毛サプリを併用することに問題はありません。 育毛サプリに含まれる成分は安全なものなので、併用したことでリスクが高まることはないのです。 ただし、必ず相乗効果が生まれるというわけではないため、安易に併用するのは好ましくありません。 どのような成分が含まれているのかを確認し、上手に組み合わせることが大切です。複数の育毛サプリを同時に飲むことも問題ありませんが、同じ成分が含まれる育毛サプリを同時に飲むのは不適切です。
なぜなら、特定の成分を過剰に摂取することになってしまうためです。
育毛に役立つ成分だとしても、過剰摂取はトラブルの原因になります。
しっかりと成分表示を確認することが、育毛サプリを飲む上では極めて重要なのです。

■育毛用サプリ以外に育毛の手助けをしてくれるサプリなどはあるか?

育毛に取り組んでいるからといって、必ずしも育毛用と明記されているサプリを飲む必要はありません。 大切なことはサプリの名称ではなく、配合されている成分が何なのかです。 育毛用サプリ以外にも、育毛の手助けをしてくれるサプリはあります。 どのような成分が育毛に役立つのかを理解しておくと、スムーズにサプリを選ぶことができます。 育毛に取り組んでいる人は、たんぱく質やビタミンが配合されているサプリを飲むのがよいです。

■育毛剤との併用はできるか

ikusa006
育毛剤と育毛サプリは基本的に併用可能、むしろおすすめです。 前述の通り育毛剤の足りない部分をサポートするようにサプリが効果を発揮してくれるため、 併用することでどちらか片方を使用するよりも遥かに高い効果を得ることができます。 どちらも医薬品とは異なるものなので、深刻な副作用を考える必要がありません。 もちろん、きちんと成分や使い方を確認し、正しく用いることが前提です。

■育毛サプリ選びで見るべきところは?

初めてでよく分からないからといって、適当に選んでしまうのは禁物です。 安全性が高いとされる育毛サプリでも、全てが安全というわけではありません。 成分に関する表示内容を見て、天然成分で作られているものを選ぶのが基本です。 そして、価格も必ず確認して、安すぎるものを避けるようにします。

おすすめの育毛サプリはこれ!

さまざまな育毛サプリがあるのですが、最初に選ぶものとしてはボストンサプリがおすすめです。
ボストンサプリには豊富な成分が含まれていて、その効果は医学雑誌にも掲載されるほどでもあるため、スムーズな育毛を進めることが出来ます。

・ボストンサプリのいいところ
高校生の頃からずっと薄毛に悩んできたという人物が開発したサプリで、5000人以上のユーザーの声を元に作られました。何といっても、育毛サプリにおいて最も重要な成分であるとも言えるノコギリヤシの含有量がトップクラスであり、そのノコギリヤシと同時に摂取することで相乗効果が期待できる亜鉛も含まれています。また、コラーゲン、イソフラボンといった成分も含まれているので育毛を促進しながら美肌効果も期待できるという副次的なメリットもあります。

・ノコギリヤシと亜鉛の相乗効果って?

ノコギリヤシには男性の薄毛の原因として名高いDHTを発生させる5αリダクターゼを抑制する効果があります。なので、ノコギリヤシを摂れば摂るほど効果が出ると思われがちですが、ノコギリヤシには一日の摂取上限があります。じゃあ5αリダクターゼをもっと抑制するためにはどうすればいいの?という時に活躍してくれるのが亜鉛です。亜鉛にもノコギリヤシ同様5αリダクターゼの抑制効果があるので、ノコギリヤシが第一波としたら亜鉛が第二波という形で2段階で抑制することができるんです。

・ボストンサプリの副作用
ボストンサプリに含まれている成分は人体に大きな悪影響を与えてしまうという事はほぼ無く、副作用の心配なく安心して飲んでもらえるサプリです。
ただし、ノコギリヤシに関しては摂取上限が決められているので、メーカーが推奨する1日の目安(1日3粒)以上は飲まないようにしましょう。

まとめ

育毛サプリの特徴はなんといっても手軽に安価で購入でき、育毛のサポートを始められることです。いきなり内服薬などを使って副作用が出たらどうしよう…と言う方や、今のうちから薄毛を予防したいという方は育毛サプリを利用してみると良いでしょう。内服薬とは違くサプリには栄養分も豊富に含まれているので、育毛効果以外にも美肌効果なども得られることも利点です。

また、育毛剤の効果を阻害してしまうと言うような事もなく、むしろ効果を促進させてくれるような力もあるので、これから育毛をしていく方も既に育毛を進めている方も、育毛サプリを導入してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう