リアップX5プラスの効果・副作用【完全情報版】商品情報・口コミ


大正製薬「リアップx5プラス」とはどんな商品か。リアップx5との違いは?

大正製薬株式会社から発売されている「リアップx5プラス」とはどんな商品なのでしょうか。

・市販で買える「ミノキシジル」配合の日本で唯一の発毛剤で「リアップシリーズ」の中でも1番高配合の発毛剤。
・髪が生える効果が認められている「ミノキシジル」5%配合の医薬品。
・壮年性脱毛症における発毛・育毛及び脱毛(抜け毛)に進行予防に効果がある。
・第一類医薬品に分類、薬剤師からの説明が義務づけられている。

簡単に説明するとこんな感じになります。

他の商品は薄毛に一定の効果があるものでも医学的に立証されておらず、発毛剤として表記することができないので、リアップ以外の製品は育毛剤に分類されます。
なので日本で唯一の「発毛剤」はリアップだけ!となるわけです。中でもリアップx5プラスはミノキシジルが5%配合されており、外用薬としては日本で1番高配合の発毛剤が「リアップx5プラス」ということです。
第一類医薬品に分類されていることから薬剤師からの情報提供や使用上の安全性についての説明が義務づけられているのでネットでも一様購入が可能ですが、基本薬剤師さんがいる薬局で購入することになっている医薬品です。

こうやってみると、他の育毛剤と一線を画するのがわかると思います。効果が医学的に立証されている分、使用に注意も必要になるわけです。そして、どんな薄毛・抜け毛にも効果があるかというと、そうではありません。

壮年性脱毛症に効果がある発毛剤なので、それ以外の脱毛(円形脱毛症や甲状腺疾患による脱毛など)には効果がありません。
壮年性脱毛症とは、簡単にいうと遺伝性の薄毛・抜け毛のことで、壮年(30代~50代の働き盛り)の遺伝性の薄毛・抜け毛に効果がある発毛剤が「リアップ」製品ということです。

では壮年性脱毛症と、よく耳にするAGAとは違うのかというと壮年性脱毛症もAGAの一種で、10代20代は若年性脱毛症といい年齢によって呼び方違うだけで遺伝性の薄毛のことを指します。
もちろんAGA治療にミノキシジルが使われているように、AGAにもリアップは効果があります。
そして、2015年6月に「リアップx5」から「リアップx5プラス」としてグレードアップして発売されたが、何が変わったのか見てみましょう。

リアップx5プラスはリアップx5の成分に・ ピリドキシン塩酸塩 ・トコフェロール酢酸エステル・l -メントール+添加物1つが増えた形です。

ri003

新たにリアップx5プラスで配合された・ ピリドキシン塩酸塩 ・トコフェロール酢酸エステル・l-メントールにはどんな効果があるのでしょうか。

ピリドキシン塩酸塩
ビタミンB6のことです。たんぱく質や皮脂の代謝を促進、抗アレルギー作用もあるといわれており、皮膚や粘膜を正常に保つ役割がある為過酸化物質やフケの発生原皮脂の過剰分泌を抑制する働きがある。

 

トコフェロール酢酸エステル
ビタミンEのことです。皮膚の角化を促進する働き肌荒れ防止があるため、頭皮を保護する働きがある。

 

l-メントール
頭皮のかゆみを抑え、清涼感を与えるとともに、局所血管拡張作用もある。

リアップx5プラスではミノキシジルの発毛効果を発揮できるように、男性特有に皮脂の過剰分泌を押さえ、頭皮環境を整えてくれる成分が配合されたことで髪が生えやすい土台作りをしてくれるようになりました。「リアップx5プラス」では、より強く・太く・発毛するように進化し、メントールが配合になったことで、今までにない使用後の爽快感がプラス。使用した後に頭皮にほてりを感じていた人にはその熱くなった感じが軽減されるかもしれません。

リアップx5プラスの効果とは?薄毛に効果があるのはなぜか?

日本で唯一発毛効果が医学的に立証されている「ミノキシジル」配合の発毛剤ということで、他の育毛剤と比べ医学的根拠があることや、AGAの治療薬として使われていることから、絶対髪を生やしたいという人には「髪の救世主」的な存在のリアップですが、このミノキシジルはとういった作用で髪を生やしてくれるのでしょうか。

【ミノキシジル】
もともとはアメリカのアップジョン社(現・ファイザー)が高血圧の治療薬として製造された血管拡張薬(血圧を下げる薬)で、その副作用として多毛症の報告が多くあり発毛剤に転用された成分。

頭皮に直接塗布することで血行が促進され、男性ホルモンの影響で小さくなった毛乳頭や毛母細胞が活性化することによって大きくり、髪が生えたり、成長期でも1~2年で抜けてしまっていた細く弱々しかった髪の毛が太く丈夫になり、産毛のような髪でもしっかりとした毛に育ててくれる効果があります。ミノキシジルは、発毛はもちろんですが抜け毛にも効果がある成分というわけです。

リアップx5プラスの実際の効果はというと、こんな感じです。

ri002
※リアップx5プラス公式サイト・リアップx5プラスの発毛データより

この臨床試験は「リアップx5」(ミノキシジル5%製剤)の試験結果ですが、「リアップx5プラス」同じくミノキシジル5%+頭皮環境を整える成分が配合されているだけなので、「リアップx5プラス」でも同等性の効果が確認されています。この臨床試験ではリアップx5を約1年間使用し、薄毛の改善を医師が評価した客観的データ。

このグラフと見てみると、早い人で4週間で軽度の改善(頭髪の成長が見られるが、薄くなった部分を被うほどではない)がみられ、16週(約4ヶ月)では8割の人に軽度の改善、中等度の改善(発毛により薄くなった部分が部分的に被われてはいるが、薄くない部分に比べると密度は低い)がみられます。

24週(約6ヶ月)になると、9割以上の人に改善がみられ、中には薄くなっていなかった部分と同等の密度にまで改善した人もいます。52週(約1年)では実に98%の人に完全が見られるものの、完全薄毛を脱出した人は1割程度に収まっています。

「リアップx5プラス」を使うことで、確実に薄毛の改善はできるものの、完全復活となるとなるとなかなかハードルは高そうです。

では、ミノキシジル1%の「リアップ」とミノキシジル5%の「リアップx5プラス」では、発毛に違いがあるのでしょうか。

ri004
※リアップx5プラス公式サイト・リアップx5プラスの発毛データより

このデータは、「リアップ」と「リアップx5プラス」の1㎠あたりの総毛髪数の変化を表したグラフです。
こうやって見てみると、「リアップ」(ミノキシジル1%)でも明らかに発毛効果が認められるものの、「リアップx5プラス」(ミノキシジル5%)の方が毛髪数が増えています。よりミノキシジルの配合量が多いほうが発毛効果が高いといえるでしょう。「リアップx5プラス」は、確実に髪を生やしたい男性の「救世主」になる発毛剤で、効果を感じるには少なくとも6ヶ月は使用してみることをおすすめします。

リアップx5プラスの副作用とは?使用してはいけない人、医師・薬剤師に相談が必要な人はどんな人か。

効果がある発毛剤「リアップx5プラス」を使ってみたいと思っていても、1番気になるのは副作用だと思います。リアップは医薬品であるため、効果もある分、もちろん副作用もあります。

効果でも説明しましたが、もとは高血圧の人のための血圧を下げる薬なので、血管拡張により血圧低下、動悸、胸の痛み、心拍が速くなる、頭痛、めまいなど人によっては起きる場合があります。
しかしながら、内服薬のミノキシジルタプレットと違い、頭皮に直接頭皮に塗布の「リアップx5プラス」ではそういった副作用を訴える人はあまりいません。あとは原因不明の急激な体重増加やむくみなどがでる可能性があります。

「リアップx5プラス」では、直接頭皮に塗布するので、皮膚への副作用を訴える人の方が多いようです。具体的には、頭皮の発疹、発赤、かゆみ、ふけ、使用部分の熱感などです。
一番は頭皮に起こることが多いですが、頭皮以外にも起こる場合があるので使用中は体の変化を注意深く観察する必要があります。もし、副作用の症状が出た場合は、直に使用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。

【「リアップx5プラス」を使用してはいけない人】
・「リアップx5プラス」に配合されている成分でアレルギーを起こしたことがある人
・女性
・未成年(20歳未満)※未成年での臨床試験が行われていないため
・壮年性脱毛症以外の抜け毛の人。
・脱毛部分が斑状の人や脱毛が急激だった人(壮年性脱毛症以外の脱毛の可能性が高いため)

 

【医師・薬剤師に相談が必要な人】
・薬や化粧品でアレルギーを起こしたことがある人。
・血圧に影響を与える可能性があるため、高血圧・低血圧の人。
・心臓や腎臓に影響を与える可能性があるため、心臓や腎臓に障害がある人。
・むくみが増す可能性があるため、むくみがある人。
・他の脱毛の可能性が高いため、家族や兄弟に壮年性脱毛症の人がいない人。
・65歳以上の高齢者。
・甲状腺機能障害
・甲状腺疾患の人。

「リアップx5プラス」では、頭皮にかゆみや発疹ができたりという副作用の報告が多いですが、医師や薬剤師に相談が必要な人の欄を見ると、心臓や腎臓に影響を与える可能性があることがわかると思います。発売元の大塚製薬は関連を否定していますが、副作用が疑われる事例として、実際に「リアップ」使用後に胸の痛みが起きていた3名の死亡が報告されているので、リスクがあることを念頭において使用することが大切です。

リアップx5プラスのよくある質問

Q.どんなハゲに効果があるのか。前髪・M字ハゲに効果はない!?

A.以下のような壮年性脱毛症に効果があります。
ri005
※「リアップx5プラス」公式サイト、効能・効果より

壮年性脱毛症でも比較的頭頂部の薄毛には効果があるものの、M字ハゲ(額の部分が剃り込みを入れたように進行していく薄毛)には、効果が出にくいという口コミをよく目にします。
しかしM字ハゲは男性脱毛症いわゆるAGAの特徴的症状の1つです。大塚製薬に問い合わせしてもM字ハゲだがら効果が出にくいというこうは臨床試験結果としてないということ。
サイトによっては、額部分は血管が細い分、効果が出にくいと書いているサイトもありますが、そんなことはないそうです。

「リアップx5プラス」では、半年で90%の人が発毛を実感していることから、前髪・M字ハゲの人も、とにかく6ヶ月使用してみることをおすすめします。半年使用しても、薄毛の改善が見られない場合は、壮年性脱毛症以外の脱毛の可能性が高いので、使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

Q.効果的な使い方はあるのか。

A.せっかく「リアップx5プラス」が発毛効果があっても、頭皮環境が悪かったり、使用方法が間違っていてはせっかくの効果が台無しになってしまいます。最大限効果を発揮する手入れの仕方から発毛剤の使用方法まで説明します!

リアップx5プラスの発毛効果を最大限に引き出すには発毛成分がしっかり浸透する頭皮環境にしてあげることです。毛穴に皮脂や汚れが詰まっていては、せっかくの成分が浸透しません。しっかりシャンプーしているから大丈夫と思われているかもしれませんが、シャンプーでは頭皮の汚れは落とせても毛穴の中の汚れまでは落としきれません。
週に2~3回頭皮クレンジングを行ってあげることをおすすめします。そして短い髪の男性に多いのが、髪を乾かさないことです。頭皮が湿った状態だと雑菌が繁殖し頭皮環境によくありません。少し面倒でも大切な髪のためと思ってドライヤーでしっかり乾かしましょう。

そしてリアップx5プラスの塗布だが、最大限効果を発揮するには、やはり使用量や塗布方法を守ることです。リアップのすごいところは、1回当たりの使用量1mlが計量できる特殊ノズルです。
付けすぎや足りなさすぎを防いでくれます。薄毛の範囲が大きい小さいにかかわらず1日2回、1回1mlを毎日頭皮に塗布することが大切です。

リアップは使用をやめると元の状態にもどってしまうので、効果をしっかり実感したいなら1日2回、そして使用量を守ることです。付け方ですが、頭皮に直接ノズルを垂直に押し当ててつけ、場所を変えながら液がなくなるまで塗布しましょう。「リアップx5プラス」の効果をより引き出すには、日々の髪や頭皮の手入れも重要です。少し面倒と思うことも多いですが、せっかく高いお金をだして購入したからには、効果がでる使い方をすることも大切です。

Q.未成年でも効果があるのか。

A.そもそも未成年は、ミノキシジル配合のリアップいずれの商品もしようすることはできません。
なぜなら、未成年に対する臨床試験が行われてないからです。未成年に使用した場合の発毛効果も副作用もわかっておらず、重篤な副作用を起こす可能性を否定できないから、絶対に使用してはいけません。

どうしても発毛剤を使いたい場合は、ミノキシジルと同様の効果がある天然成分の育毛剤を使うようにしましょう。ミノキシジルと同様の効果があり副作用のない「M-034」という成分があります。
「M-034」が配合された育毛剤はいくつかありますが、その中でも「M-034」の配合が業界No1で、1番人気の育毛剤が「BUBKA(ブブカ)」です。

「BUBKA(ブブカ)」は、最近わかったコラーゲン減少による薄毛のメカニズムにも対応、毛包幹細胞を破壊するアルコールも入っていないノンアルコールの育毛剤なので、未成年でも安心して使うことができるのでおすすめです。

>>詳しい「BUBKA(ブブカ)」の情報はこちら。

リアップx5プラスの口コミ集めてみました!

【リアップx5プラス 高評価口コミ】

・使用して1ヶ月。発毛の実感はありませんが、明らかに抜け毛が減ってきました。市販の育毛剤を今まで使ってきましたが、そういった変化を感じたのは初めてなので、発毛の期待大です!

・リアップx5プラスを使ってもうすぐ1年。薄くなっていた部分に髪が生え、地肌が見える割合が減ってきました。でもここ数ヶ月その状態が続き停滞。髪がある部分と同じくらい生えてくるのか少し不安に感じる今日この頃です・・。

・リアップx5プラスを使って8ヶ月、友人からも「髪生えて、どこが薄かったかわからいじゃん。」といわれました!本当は使用を中止したいところですが、やめると元に戻るというのでやめられません。とりあえず維持のためにリアッププラスにしようと思います。

【リアップx5プラス 悪評価口コミ】

・リアップx5プラスを使うようになって、頭痛がする。生活に支障をきたすので、使用中止。

・「リアップx5プラス」効果も最強かもしれないが、副作用も最強だった!もちろん様々なサイトで下調べをし、副作用も承知の上で髪を生やすことを選んで「リアップx5プラス」を使用し始めたが、使用直後の頭が熱くなり、その後襲ってくるかゆみ。髪の為なら我慢しようと思ったが、我慢できるレベルではない。なめたらアカン副作用・・・。結局リアップでの発毛は断念。

・俺、あきらかにAGAなのに4ヶ月使っても発毛どころか、産毛すら生えてこない。抜け毛も減らない。あの臨床データってほんとあってるの?

リアップx5プラスの使用感が最悪。頭皮はべたつくし、髪はゴワつくし。匂いも結構あって1日2回を一生続けるのかと思ったらテンションおっこった。

使い始めてすぐに抜け毛の減りを実感した人や発毛した人、使い続けても完治までは行かず不安になっている人など様々いるようです。口コミを見てみると意外と副作用と思われる症状が多いことに気付きます。ここに載せたのは一部で、副作用を訴えるかなりの件数の口コミを目にします。大正製薬の公式回答では、副作用の発生率が10%未満ということですが、実際はもっと多い人が副作用の症状を体感しているのではないかと思います。

リアップまとめ

リアップx5プラスは発毛効果が高いといえますが、副作用や医薬品をずっと使い続けていくということに、かなりのリスクがあるように思います。リアップx5の臨床試験データを見てみても10ヶ月以降は効果が停滞しています。

そして1年未満の使用歴の人には「悪化」した人がいないのに、1年目には悪化した人が出てきます。最初はみんな発毛効果を実感し、フサフサに戻る自分を想像しながら「リアップx5プラス」を使うが1年以上経つとそれ以上の効果が期待できない。(完全復活は1割)もしくは悪化する。などで使用をやめる人が増えると予想できます。リスクを被いながら頑張るには少し残念な結果です。

しかしながら、「発毛効果」という部分では90%以上の人がなんらかの変化を感じた「ミノキシジル」は一度は使ってみたい魅力的な成分には違いありません。そこで思うことは、「ミノキシジル」の効果と副作用の心配がない、夢のような成分はないのかということです。実は、そんな夢のような成分があるんです。その成分は「M-034」という成分です。M-034は、コンブなどの褐藻類に多く含まれる成分であの「ミノキシジル」と同様の効果があります。

しかも、コンブなどの天然成分から抽出していることもあり、副作用の心配がありません。この「M-034」が配合されている育毛剤は「BUBKA(ブブカ)」「チャップアップ」「IQOS(イクオス)」の3商品です。

ではこの3商品のどれを選べばいいかというと、ズバリ「BUBUKA(ブブカ)」です!ミノキシジルと同様の効果を求めるなら、「M-034」配合量が業界No,1の「BUBUKA」に限ります。「M-034」育毛剤と検索すると、よくチャップアップが出てきますが、実はチャップアップには殆ど「M-034」は入っていません。裏話をするなら、昔のチャップアップの公式ページには、大きく「M-034」配合と書かれていました。

しかしながら、主成分と言えるほどは入っておらず、今のチャップアップの売りは「髪にいい成分がたくさん入っている」です。今の公式ページを見ると分かるが、血流改善を目的とした成分20種類の中に、ちいさく「海藻エキス」と書かれているだけです。ミノキシジル1%配合の「リアップ」とミノキシジル5%の「リアップx5」の発毛効果の違いを見ても分かるように、有効成分の配合量と発毛効果は比例するといっても過言ではありません。

「M-034」の効果を体感するなら、この「M-034」を独自開発で凝縮し、世界で初めて高濃度「M-034」を濃密配合をした「BUBKA(ブブカ)」に限るというわけです。しかもこの「BUBKA(ブブカ)」には、脱毛の原因であるジヒドロテストステロンと作る5α-リアクターゼの働きを77%ブロックする天然成分まで入っています。まさしく、副作用の心配がない天然成分のミノキシジルとフィナステリドが配合された育毛剤といってもいいと思います。

もちろん、リアップをやめて、BUBKA(ブブカ)を使えと言っているわけではありません。「リアップx5プラス」を使って発毛するもよし!副作用が心配だから「BUBKA(ブブカ)」を使って発毛するもよし!です。選ぶのはあなた次第!

riup

 

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう