【タイプ別】脱毛症の原因と治療@男性型・びまん性・円形脱毛他

脱毛症が起こる原因

■脱毛症の種類とそれぞれの発症理由

【男性型脱毛症】
男性に多い典型的な脱毛症の一つです。
前頭部(M字)や頭頂部(つむじ)から薄毛が発症し、最終的には前頭部から頭頂部まで禿げ上がってしまいます。
一方で、側頭部と後頭部の髪の毛は残るといった特徴を持っています。
原因は遺伝が大きく関わっています、具体的な脱毛のメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合してできる「ジヒドロテストステロン」というものが関わっています。そのジヒドロテストステロンが、前頭部から頭頂部にかけての毛根に「髪の毛を生やすな」という司令を送ってしまうのです。

datumo002

【びまん性脱毛症】
本来女性がなりやすい脱毛症として名前の挙がる事の多いびまん性脱毛症ですが、もちろん男性でも発症する場合はあります。生え際やつむじなどの局所的な部分から一気に進行していく男性型脱毛症に対して、びまん性脱毛症は全体的に少しずつ髪の毛が抜け落ちていってしまうため、全体のボリュームが無くなっていってしまう事が特徴的です。

原因は血行不良やストレスにより、全体的に頭皮が凝り固まってしまう事で髪の毛全体に栄養が行き渡りづらくなり、そのため髪の毛がどんどん弱まっていくため全体的に抜け落ちてしまうとされています。また、髪の毛を作る栄養自体が足りない事でも起きてしまうので、食生活にも気を付ける必要があります。

datumo004

【円形脱毛症】
髪の毛が円形に抜けてしまうのをイメージするかもしれませんが、それはまだ初期段階です。進行していくと徐々に円形の抜けている部分が多くなったり拡大していったりします。さらにひどくなると、全身の毛が抜けてしまいます。円形脱毛症の原因は免疫にあり、自己免疫疾患というものを発症してしまい、免疫システムが毛を異物だと判断して排除して生やさなくしてしまうのです。免疫システムがおかしくなる原因はまだ完全には解明されていません。

近年ストレス社会とも言われ発症する人が増えており、特に若者がなりやすいという指摘が多くされています。
ちなみにストレスと免疫システムには関りがあり、「現代人はストレスにさらされているので円形脱毛症になりやすい」といった専門家の意見もあります。

【牽引性脱毛症】
生え際や分け目などが薄くなる症状が見受けられる脱毛症です。
髪の毛が引っ張られることによって毛根が弱まって髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

原因としては髪型が大きく関わり、例えばオールバックのような髪型にしていると生え際の毛根が負担を受けてしまったり、髪の毛を縛っていると、分け目の部分に負担がかかってしまいます。
いつも同じ分け目にしている方も牽引性脱毛症になりやすいので注意しましょう。

【脂漏性(しろうせい)脱毛症】
頭皮環境悪化による脱毛症の一つです。
皮脂が多く出てしまうことで菌が大量繁殖し毛穴や頭皮に炎症を起こしてしまいます。炎症があることによって髪の毛に栄養が送られにくくなり、毛が細くなってしまったり抜けてしまったりするのです。

脂漏性脱毛症は頭皮のどの部位にも起きてしまう可能性があります。
原因は皮脂の大量分泌です。洗髪(シャンプー)をほとんどせずに皮脂をそのままの状態にしていたり、食生活の乱れで皮脂が出やすい状態が続いている方は注意しましょう。

■遺伝の可能性はあるか?

男性型脱毛症は遺伝以外では発生しません。
ドイツの研究チームによって母方遺伝が男性型脱毛症の主原因であることがすでに突き止められているのです。

具体的にお話すると、5αリダクターゼの活性度合いが遺伝がされてしまい、5αリダクターゼの活性が高くなるほどテストステロンと結合しやすい状態となるため、大量にジヒドロテストステロンを生み出してしまいます。その結果、男性型脱毛症が発症してしまいます。

脱毛症はどんな人がかかりやすい?

datumo005

■円形脱毛症にかかりやすい職業

・営業マン
・webディレクター(IT系)
・企画、マーケテイング
・医療・福祉・介護関連

どのような職業であったとしても円形脱毛症になる可能性はあります。しかし、特にストレスが発生しやすい職業の方は円形脱毛症になりやすいことがわかっているのです。

営業はノルマなどにさらされていることもあるでしょう。IT系はハードな仕事であることも知られ、残業時間もかなりの長さです。企画やマーケティングは仕事が終わっても家に業務を持ち帰っているケースが少なくありません。医療・福祉・介護に至っては夜勤もあり、心身に対する負担も計り知れないです。

ずっと身体がストレスを感じていると、徐々に体を蝕んでいき、結果として円形脱毛症の発症率がアップしてしまうのです。

■円形脱毛症以外の脱毛症について

【男性型脱毛症(AGA)】
母方の親族に薄毛の男性がいた場合には、発症率が極めて高くなります。 ちなみに、父親や父方の男性の親族は関係ありません。
【びまん性脱毛症】
1日に1食しか食べなかったり、偏食をしていたりして、髪の毛を作るための栄養が足りていない方は発症しやすくなります。 また、長時間の電子機器の操作で目の疲れが出ている方は、それと同時に頭皮の凝りやストレスも感じることが多いため、 注意が必要です。
mino003
【牽引性脱毛症】
・いつも同じ部分で髪の毛の分け目を作っている方
・オールバックにしている方
・髪の毛を縛っている方
上記に該当する方は発症する可能性があります。

【脂漏性脱毛症】
・肉料理が好きな方
・甘いものが好きな方
・アルコールが好きな方

皮脂の分泌量は食事と連動しているので、食生活が偏っている方は注意しなければなりません。油を多く使っている料理が好きな方や飲酒する機会が多い方は危険です。

脱毛症の治し方

■男性型脱毛症の治し方

育毛剤や発毛剤などを利用していく他ありません。運動をしたり食生活を見直したりする程度では治りません。
男性型脱毛症に関わる5αリダクターゼの抑制効果のある成分を塗布したり摂取したりする必要があります。また、毛母細胞を活性化する作用のある成分も有効です。

■びまん性脱毛症の治し方

血行を促進させる必要があるので、血行促進作用のある成分を含んだ育毛剤や運動、そして体があたたまる食事なども効果的です。
毎日入浴するということも有効ですし、頭皮マッサージにも一定の効果が期待できます。

ストレスやホルモンバランスも関わってくるので、規則正しい生活も心がけましょう。

haegiwa002

■円形脱毛症の治し方

改善できる病気でもあるので、皮膚科などを受診してください。
円形脱毛症は時間がかかりますが完全回復する例が多いです。

■牽引性脱毛症の治し方

毛根を回復させる必要があります。奇抜な髪型や、髪の毛を縛る、というようなことはおすすめできません。
分け目もつけないような髪型でしばらく生活すれば、自然と回復していく可能性があります。

■脂漏性脱毛症

皮膚科を受診してステロイド剤などで炎症を抑える方法もあります。あまりにひどい場合は皮膚科での対処を依頼しましょう。
食生活を見直して皮脂の分泌量を低減することが普段の対策としては効果的です。さらに抗炎症作用のある成分を含んだ育毛剤を利用するのもおすすめです。

育毛剤はどの脱毛症に効果的?

■男性型、びまん性、脂漏性には効果抜群!

育毛剤に期待できる効果として、主に脱毛因子の抑制、血行改善、頭皮環境の改善などが挙げられます。つまり、

・ジヒドロテストステロンが脱毛因子を生成する事により起きる男性型脱毛症
・血行不良などにより頭皮が凝り固まる事で起きるびまん性脱毛症
・皮脂の過剰分泌や頭皮の炎症による脂漏性脱毛症

これらを正に狙い撃ちしたかのように効果的なんです。

■牽引性脱毛症と円形脱毛症には?

まず牽引性脱毛症についてですが、原因が髪の毛が強く引っ張られることによって起きるものだとはっきりとわかっているため、髪型の改善などにより充分対策ができます。
育毛剤を使うことにより髪の毛が引っ張られていた部分の血行改善などには役に立ちますが、ダメージを大きく受けている部分なので刺激の少ない育毛剤を使うことが重要です。

また、円形脱毛症の場合は前述の通り原因がはっきりとしていません。円形脱毛が発症している周辺に育毛剤を塗布することにより、頭皮の凝りの改善や血行改善ができるため、円形脱毛症からの回復期間が短くなることには期待が出来るかもしれません。
しかし、他の育毛剤に与えるような大きな効果は期待できないため、通院による治療を受けつつ、医師に相談の上使用の許可が出たら育毛剤を使ってみると良いでしょう。

脱毛症に効果がある育毛剤は?

mino007

■BUBKA(ブブカ)がおすすめ!

・総合的な育毛が出来る育毛剤である
・浸透力に優れている
・安全性が極めて高い
・多数の育毛成分を配合している
・無駄なものを含んでいない

BUBKA(ブブカ)が極めて効果的な育毛剤であることは広く知られています。有効成分としてセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミンの3つ配合しており、これらには血行促進作用・抗炎症作用・抗菌作用などの作用があります。血行不良が原因の薄毛だけではなく、頭皮環境の悪化による薄毛にも対処できます。
育毛成分としてオウゴンエキスが含まれている部分にも注目です。オウゴンエキスには5αリダクターゼの阻害効果があり、男性型脱毛症への効果も期待できるのです。

どんなに素晴らしい育毛剤であったとしても浸透力がなければ意味がありません。BUBKA(ブブカ)については低分子ナノ水というものを利用しており、要は育毛剤の粒子が細かくなっているため、毛穴の奥まで浸透できるように改良されているのです。育毛成分がより頭皮の奥で効果を発揮してくれます。

安全性も問題なく無添加、無香料で無駄なものを一切含んでいないのです。さらに頭皮を乾燥させてしまう可能性のあるアルコール(エタノール)の配合量をセーブすることにも成功しました。(業界初※2015年6月現在)

ちなみにBUBKA(ブブカ)には全部で46種類もの育毛成分が配合されています。総合的で多角的な効果が発揮できるように、より多くの育毛成分を配合しているのです。

■BUBKA(ブブカ)がなぜ脱毛症にも効くのか

BUBKA(ブブカ)に含まれている有効成分が髪の毛が生えやすい環境づくりには大いに役立ってくれます。血行が促進されれば髪の毛が生えるスピードも早くなると考えらえます。頭皮環境が整えば、頭皮の炎症などに遮られることなく毛母細胞への栄養も送られやすくなるのです。また、BOUNCE4と言った頭皮に弾力を与える成分(マロニエエキス)なども含まれているので他の育毛成分が浸透しやすい状態にしてくれます。
1つの脱毛症だけでなく複数の脱毛症に対応できる事がBUBKA(ブブカ)の魅力です。

bubkabotan

脱毛症についてのまとめ

脱毛症には様々な種類があり、それによって対処法が変わってくることはおわかり頂けたでしょうか。育毛剤による治療もお伝えしましたが、脱毛症の対策をしていくうえで重要なことは「継続すること」です。一度塗布すれば頭皮環境がすぐに改善されるというのではなく、長く続ける事でだんだんと頭皮の環境が改善されていくため、続けていく事が肝心です。その知識を踏まえて脱毛症を直していく取り組みをしていきましょう。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう