【生え際発毛対策】産毛を濃く20代30代からの薄毛後退を阻止!

生え際発毛@はげ薄毛の後退対策!産毛を濃くする育毛剤で改善

生え際薄毛の2つの種類と薄毛・はげが進行する3つの理由

haegiwa002

M字型とU字型の2種類がある

一口に薄毛といっても実はその症状の現れ方には4つのパターンがあることが分かっています。
この4つの薄毛のパターンはそれぞれO字型、M字型、U字型、A字型という名前で呼ばれています。
この4つの薄毛のパターンのうち、生え際の薄毛の症状についてはM字型とU字型という2つのパターンに分けることが出来ます。

まずはM字型についてです。
M字型というのは生え際の薄毛の一つのパターンですが、特徴としては生え際の両サイドがこめかみに向かって剃り込みを入れるように禿げあがっていくことが挙げられます。
このM字型の薄毛が進行していく様子を頭上から見ると、あたかもM字を描いているように見えることからM字型という名前が付けられました。

これに対してもう一つの生え際の薄毛のパターンがU字型になります。
U字型の場合はこめかみに向かってハゲが進行していくのではなく、生え際が全体的に後退していくということが挙げられます。

乱れた生活習慣と老化、毛細血管の少なさが薄毛を引き起こしている

このような薄毛症状については男性の場合、男性型脱毛症、通称AGAという症状がその原因になっていると言われるケースが多くみられます。
しかし、仮にAGAが薄毛症状の原因だったとしても、生活習慣の乱れ・老化・毛細血管の少なさといった問題がさらにその薄毛症状を深刻なものにしているケースも多くみられます。

結局は毛細血管がうまく機能しなくなることが原因!

haegiwa003

上記で挙げた問題の中で、薄毛の原因に直結するのが毛細血管になります。
血液が毛細血管をスムーズに流れなくなり、それにより血行が悪化することが薄毛症状発生の最大の原因になります。
血液というのは体内の器官に栄養素を届ける役割を果たしています。

しかし、血行が悪化することにより、血液が頭皮周辺に届かなくなってきます
それにより栄養状態が悪化して、十分な栄養が供給されないまま、髪の毛を作る細胞が髪の毛を生成することになります。
結果として、頭髪の中に十分に育ち切っていない髪の毛が増えてきてしまいます。
これらの髪の毛は普通の髪の毛よりも細く・短いという特徴があり、強度が弱いため、抜け毛が増加することにつながっていきます。

現代の若者に生え際ハゲ・薄毛が増えてきた理由

食や運動の習慣が悪い方向に変化したこと、ストレスが髪を減らす原因になっている

haegiwa004

ひと昔前と比較すると、現在の若者には生え際のハゲに悩む人が多くなってきています。
若者に生え際のハゲが増えてきた理由としては主に3つの原因が考えられます。
それが昔の若者と比較して、今の若者が食生活の乱れ・運動不足・ストレスといった問題を抱えているということです。

食生活の乱れについては生え際のハゲに直結する原因になります。
いくら育毛剤を使って薄毛を治療しようとしたり、育毛シャンプーを使って髪の毛のケアを心がけたとしても、それだけで薄毛の進行を止めることはできません。
そもそも食事から育毛に必要な栄養素をしっかりと摂取していなければ、髪の毛を生成することが出来ず、薄毛症状が進行していくのは当然の結果です。

また、運動不足の若者が増えているということも若者の生え際ハゲの増加に一役買っています。運動と薄毛というのは一見何の関係も無いように思えるかもしれませんが、そうではありません。運動には育毛を考えた時にさまざまなメリットがあることが分かっており、生え際ハゲの改善のために運動を行うことには3つのメリットが考えられます。

まず、運動を行うことにより体内の血流が改善され、頭皮の血行が良くなること。
次に、後述する薄毛の原因になるストレスを運動を通して解消することが出来ること。
そして、運動して汗をかくことにより、男性の薄毛症状を引き起こす原因になっているとされるジヒドロテストステロンと呼ばれる成分を体外に汗と一緒に排出することが出来ること。

この3つが生え際ハゲの改善のために運動をするメリットになっています。
したがって運動不足により、このようなメリットを受けることが出来なくなり、結果的に生え際ハゲが進行する結果になります。

haegiwa005

最後にストレスの問題です。
ストレスというのは人間が生きていく上で避けては通れないものです。
ただ、近年は若者を取り巻く仕事環境などの悪化もあり、若い世代が感じるストレスが昔よりも増加していると言われています。
人間の体がストレスを感じると交感神経という神経の働きが強くなり体に緊張状態を引き起こし、これにより血管も収縮することになり全身の血行が悪化します。
この血行の悪化により、髪の毛を作る毛母細胞への栄養の供給が滞るようになるので、結果的に生え際ハゲを進行させてしまうことにつながります。

生え際脱毛って治りにくいの?

生え際脱毛は頭頂部脱毛と違って発毛・育毛がしにくい

上記では薄毛の原因として生活習慣の乱れを問題に挙げてきました。
ただ、男性の薄毛の大きな原因になるのは生活習慣だけではありません。男性の場合、男性ホルモンの活性化も薄毛の原因として外すことはできません。男性の場合、男性ホルモンが多い頭頂部・生え際に薄毛症状は集中しており、側頭部や後頭部から薄毛症状がスタートするという例はほとんどありません。

ただ、男性ホルモンの活性化と生活習慣の乱れという2つの理由で薄毛を考えたときに、どちらかというと男性ホルモンの活性化の影響を強く受けて発生する薄毛症状が、生え際脱毛になります。これに対して比較的生活習慣の乱れの影響を強く受けているのが頭頂部脱毛になります。したがって、生活習慣を改善することで薄毛の改善がみられやすいのは頭頂部脱毛になります。これに対して、生え際脱毛については男性ホルモンの働きを抑える必要があるため、頭頂部と比較すると、発毛・育毛がしにくいと言われています。

生え際ハゲが少しでも確認できたら対策を始める

haegiwa006

生え際ハゲについては男性ホルモンの働きも関係しているので、放っておくと男性ホルモンの働きによって、どんどん髪の毛をつくる細胞の働きが弱っていきます。
最終的には髪の毛をつくる働きを完全に停止してしまう細胞も増えてきて、この段階になると市販の育毛剤では手も足も出なくなります。
この段階に到達する前に一刻も早く薄毛対策をスタートする必要があります。

生え際の効果的な薄毛対策は?

シャンプーでの対策はあまり効果なし

生え際の薄毛症状に悩み始めた時、多くの人がまず着手するのはシャンプーを育毛用のものに変えるということです。
ただし、育毛シャンプーというのはあくまでも頭皮環境を改善する効果を期待して使うものであり、育毛効果が期待できるものではありません。
したがって、生え際の薄毛症状を改善したいのであれば、育毛剤を使用することが絶対条件になります。

生活習慣を変えるのは土台作り

ただ、育毛剤を使う時に注意点があります。
それは頭皮に、乾燥・皮脂の過剰分泌・炎症といったような問題がある場合、また頭皮の血行が悪いといった問題がある場合はせっかく育毛剤を使ってもその効果が十分に発揮されない可能性があるということです。頭皮環境や血液の流れの良し悪しは、育毛剤が効果を発揮する上では大切な土台になります。
したがって、このような土台を整えるためにも、生活習慣を改善することが大切になってきます。

haegiwa007

育毛に必要なのは育毛剤かサロン

さて、上記で述べてきたように育毛を考えた上では育毛剤の利用というのは欠かせないものになります。
ただ、生え際の薄毛を改善するための方法は何も育毛剤に限ったものではありません。
育毛のための施術を専門でおこなっている育毛サロンに通うことも選択肢の一つになります。

育毛サロンというのは血行促進・頭皮の老廃物の除去のためにマッサージ・スチーム・頭皮洗浄・レーザー照射といった施術を行ってくれる場所になります。代表的な育毛サロンにはリーブ21、アートネイチャー、アデランスといったテレビコマーシャルでもよく名前を聞く企業があります。育毛サロンに通院することで頭皮環境や血行が改善され、髪の毛が生える土壌が整うことになります。

サロンではなく、育毛剤をお勧めする理由

ただ、育毛剤の使用と育毛サロンに通うことの2つを比較した場合、生え際ハゲを改善したいなら育毛剤を使用して対策を行っていくことを強くおすすめします。結局のところ、育毛サロンでの施術には頭皮環境の改善効果と血行の改善効果は期待できますが、育毛を促進することはできないためです。育毛を促進するためには育毛促進効果を持つ成分を豊富に含む育毛剤を用いることが大切になってきます。

生え際発毛改善におススメの育毛剤は?

生え際改善にはBUBKA(ブブカ)が効果的

haegiwa008

生え際ハゲ改善におすすめの育毛剤はBUBKA(ブブカ)になります。
このBUBKA(ブブカ)は男性ホルモンの働きを抑える効果も強く、AGAクリニックような専門治療機関で使われているミノキシジルと同等の発毛効果があるとされています。
上記でも説明したように生え際ハゲには男性ホルモンの働きが強く影響しています。
したがって、生え際ハゲの改善を考えるなら、BUBKA(ブブカ)をぜひ使ってみることをおすすめします。

BUBKA(ブブカ)が効果的な5つの理由

生え際ハゲ改善を考えた時、数多くの育毛剤の中からなぜBUBKA(ブブカ)をおすすめするのか、その理由は下記の5つになります。

〇副作用の無いM-034を配合している
〇M-034の配合量が非常に多い
〇頭皮糖化を防ぐ成分が配合されている
〇炎症を抑えるオウゴンエキスが配合されている
〇血行を促進するセンブリエキスが配合されている

まず、BUBKA(ブブカ)に配合されている育毛成分の中で主役といってもいい役割を与えられているのが、M-034になります。
このM-034という育毛剤はミツイシコンブと言われる海藻が原料になっており、体に優しい育毛成分として知られています。
M-034以外にも育毛効果が高いとされる育毛成分は巷には多く存在していますが、そのような育毛成分の多くが副作用も併せ持っています。
頭皮のかゆみ・かぶれ・赤みといった頭皮トラブル程度のものから、精力減退・うつ病及び心筋梗塞の発生率の増加といった深刻な副作用も報告されています。
したがって、副作用が無く安心して使えるという点がこのM-034という育毛成分の強みになっています。

haegiwa009

このM-034を配合していることを売りにしている育毛剤は他にも存在します。ただ、BUBKA(ブブカ)についてはこのM-034の配合量が他の育毛剤を大きく凌駕しているという点も、おすすめするポイントになります。

例えば、同様にM-034を配合していることで知られているチャップアップという育毛剤がありますが、近年BUBKA(ブブカ)がM-034の配合量を60%も増量したことを発表しており配合量でチャップアップを大きく上回るようになりました。一般的には配合量が多いほどその育毛成分の効果も大きくなると期待されます。したがって、M-034配合の育毛剤を試したいということであれば、まずBUBKA(ブブカ)を選んでみるのが良いでしょう。

加えて、BUBKA(ブブカ)は頭皮糖化という現象を防ぐことにも力を入れている育毛剤になります。
頭皮糖化というのは紫外線や加齢の影響により頭皮がカチカチに固くなってしまう現象のことで、この頭皮糖化が発生すると育毛剤などが浸透しにくくなることが分かっています。
BUBKA(ブブカ)はマロニエエキス・アシタバエキス・シャクヤクエキス・大豆エキスといったものを配合しており、これらの成分が頭皮に潤いを与えて、頭皮糖化を防ぐ役割を果たしてくれます。

haegiwa010

次に、BUBKA(ブブカ)に配合されている成分の中で注目したいのがオウゴンエキスになります。
オウゴンエキスというのはシソ科のコガネバナと呼ばれる植物からつくられた生薬になります。
このオウゴンエキスは非常に高い抗炎症作用があることが分かっています。
オウゴンエキスを使うと頭皮の炎症を抑えて脱毛を防ぐことが出来ると言われており、多くの育毛剤に配合されてきました。
このBUBKA(ブブカ)にもオウゴンエキスが配合されており、頭皮の炎症を防ぐ効果が期待されます。

最後に、BUBKA(ブブカ)にはオウゴンエキス以外にも、センブリエキスという成分が含まれていることもおすすめの理由になります。
このセンブリエキスには血行を促進する効果があるとされ、育毛には非常に効果的であるとされています。
また、血行促進だけではなく、毛乳頭細胞と呼ばれる細胞を活性化する効果もあると言われています。
この毛乳頭細胞という細胞は髪の毛をつくる毛母細胞に栄養を供給する働きを担っており、毛乳頭細胞の働きが活発化することにより育毛効果が高まることが期待されます。

このような効果が期待されることから、生え際ハゲの改善にはBUBKA(ブブカ)をおすすめしたいと思います。

BUBKA(ブブカ)の使い方(使用頻度・タイミング・つけ方)

BUBKA(ブブカ)については1日2回朝と夜に使用することになり、育毛したい部分とその外側1cmに適量を塗布することになります。
そしてそれをマッサージしながら頭皮全体になじませるように広げていくことが大切です。
最初に塗布するのは薄毛が進んでいる部分になりますが、そこから最終的には頭皮全体にまんべんなく浸透させることがポイントになります。

haegiwa011

また、使う際には注意したいポイントが3つあります。
それが下記の3点です。

使用上3つの注意点
・お風呂上りに使用する
・使用前にシャンプーをしておく
・髪を乾かしてから使用する

まず、お風呂上りに使用すること。
お風呂上りの血行が良くなっている状態の方がBUBKA(ブブカ)の効力が発揮されやすくなります。
また、使用前にはしっかりとシャンプーをして頭皮の汚れを取っておくことが大切です。

加えて、髪の毛が濡れたままだと細菌が繁殖して抜け毛の原因になります。
したがって、しっかりと髪を乾かしてからBUBKA(ブブカ)を頭皮に塗布するようにしましょう。

bubkabotan

生え際発毛@はげ薄毛の後退対策!産毛を濃くする育毛剤で改善まとめ

上記の文章では生え際薄毛についてまとめてきました。
生え際薄毛については男性ホルモンの働きが強く影響していることもあり、生活習慣の改善と併せて、男性ホルモンの働きを抑える育毛剤を利用することが必須になります。
その際、おすすめの育毛剤にはBUBKA(ブブカ)があります。ぜひ試してみて下さい。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう