男性用育毛剤は副作用で髪の毛が抜けるって本当?発毛剤の方が危険?

男性用育毛剤で副作用が心配@飲み薬の育毛剤が危ない!?

薄毛に悩む人がまず考えるであろう対策法がこの育毛剤。頭皮に塗布するものであり、体内に服薬するようなものでもないので、副作用の心配はないのでは?と考える方もいますが、使用した人の中には「肌がかぶれてしまった」や「逆に髪の毛が抜けてしまった」という人もいるようです。

そのような育毛剤の副作用は本当なのか調べ、育毛剤と名前は似てるけど副作用が強いと言われる発毛剤の危険性について、そして副作用の心配なく安心して使える育毛剤について紹介していきます。

男性用育毛剤の副作用で髪の毛が抜けるって本当?

育毛剤で髪の毛が抜ける副作用は本当?

育毛剤を使用して髪の毛が抜ける事もあるというのは、実は本当なんです。

全ての育毛剤がそういう訳ではないのですが、育毛剤の中には、使用を始めて1か月ほど経つと使い始める前よりも抜け毛が多くなってしまうという事態が起きるものもあります。
これは「初期脱毛」と呼ばれている症状であり、細く弱い髪の毛しか生えていない頭皮に育毛効果のある育毛剤を塗布することで、毛根で新しく強い髪の毛が作られ始まるため細い髪の毛が押し出されるように抜けるため起きる症状だと言われています。

この現象が発生することで、育毛剤を付けたことで髪の毛が抜けてしまった!と驚いてしまい、口コミなどでも「副作用」として語る人もいますが、この初期脱毛は育毛剤が効いてるという証拠でもあります。

ですが、その抜け毛の量に驚き、そこで育毛剤の使用を辞めてしまう事でただ髪の毛が抜けてしまったと思い、育毛剤の副作用だと感じてしまう人がいるため、「育毛剤で髪の毛が抜ける」と言う形で広まってしまったのでしょう。

中にはこの初期脱毛が発生しなくともしっかりと育毛効果を持つ育毛剤もあるので、気になる方は初期脱毛の無い育毛剤を選ぶようにするといいでしょう。

育毛剤はその他にも副作用ある?

上記のような初期脱毛のような症状を除くと、育毛剤には副作用はほとんど無いと言えます。

というのも、育毛剤はもともと弱っている頭皮に塗布して頭皮環境を整えたり、薄毛の原因物質に働きかけるような作りになっているため、なるべき刺激を与えないような成分で作られていることが多いからです。

と、言いたい所ですが今世の中に出回っている全ての育毛剤がそういうわけではなく、中にはアルコールを過剰に含んでいて肌への刺激が強かったり、化学成分などを含んでいるためアレルギーが発生してしまうようなものもあるので、製造の際に検査やチェックなどを厳しくしており、品質が約束されているようなものを選ぶ必要があります。

育毛剤よりも発毛剤の方が副作用が強い

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤は聞いたことがあるという人も多いと思いますが、発毛剤に関してはあまり聞きなれないという人も多いのでは?発毛剤は配合成分に医薬品を利用しているため育毛剤よりも効果が強力です。

また、育毛剤と言うと頭皮に直接塗布するタイプのものが王道ですが、発毛剤の場合は塗布するタイプのものだけでなく、経口タイプのものもあるんです。

中でも代表的な発毛剤はこちら

・ミノキシジルタブレット
・プロペシア(フィナステリド)
・リアップ
ミノキシジルタブレット、プロペシアは経口薬タイプで薄毛を専門に治療するAGAクリニックで処方されているAGA治療薬として使用されており、リアップに関してはミノキシジルを配合した頭皮に塗布するタイプの発毛剤で、ドラッグストアなどでも購入することができる発毛剤です。

ただし日本で発毛剤として認可されているのはリアップのみで、ミノキシジルタブレット、プロペシアは日本では正式に認可されていない医薬品であるため個人で入手する場合には輸入をする必要があります。通販などから気軽に購入できる育毛剤と比べたら効果が強い分少し入手が困難といった特徴があります。

発毛剤の副作用

高い子発毛効果が魅力的な発毛剤ですが、実は副作用が育毛剤の比にならないくらい強いことでも有名です。

■ミノキシジルの副作用
ミノキシジルは元々高血圧の人が飲む降圧剤として利用されており、ミノキシジルを服用していた人の体毛が増えるという副作用が表れたため、AGA治療薬として使われるようになりました。そのため、血圧に異常のない人が飲むことで頭痛やめまいなどの副作用が大きく出てしまうのです。

これはミノキシジルを成分として配合しているリアップでも同様の効果が見られます。

主な副作用
・肌荒れ
・かゆみ
・湿疹
・炎症
・フケの増加
・低血圧
・動悸
・息切れ
・不整脈

■プロペシアの副作用
プロペシアもミノキシジルと同様、本来は別の用途で使われていた医薬品で、前立腺肥大の治療薬として使われていました。体内に存在している5αリダクターゼという酵素の発生を抑えて薄毛の原因となる強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑える事ができるのですが、ホルモン系に与える効果が強いので異常のない人が飲むことで性欲減退、うつなどの症状が表れてしまう事があるんです。

また、女性は飲むことはもちろん触れる事も禁忌とされており、妊娠中にプロペシアに触れてしまうと、胎児に悪影響を与えてしまうという副作用もあるので厳重な注意が必要です。


主な副作用
・精力減退
・精子の減少
・勃起不全(ED)など

副作用のないおすすめ男性用育毛剤

上記で説明したように、副作用の問題が心配だという方は、副作用の発症しやすい発毛剤ではなく育毛剤を使用するようにしましょう。
その育毛剤の中でもとりわけ安全に使えて、公式も副作用が無いと謳うほどの安全性を誇る育毛剤はCHAPUP(チャップアップ)です。

CHAPUP(チャップアップ)は天然成分を多く使用しており、頭皮に刺激を与えないために無添加・無香料で作られているため、頭皮が弱っている状態の人でも安心して利用することができます。
使う人の肌質を選ばないので、老若男女問わず使えるという事も特徴的です。


安心性を裏付けするかのように、CHAPUP(チャップアップ)は皮膚科医判定の元の24時間閉塞パッチテスト、肌にかゆみやヒリヒリとした刺激を与えないか評価する低スティンギングテスト、そしてアレルギーテストを行っているため、安全性が非常に高いです。


CHAPUP(チャップアップ)は日本で発売されている中でもトップクラスの知名度を誇る育毛剤であるため利用者がとても多いです。
その中でもCHAPUP(チャップアップ)を利用した人のうち97%もの人が満足をしたという意見を述べています。


万が一肌に合わなかった時のことを想定して、1か月間の返金保証期間をとっているという育毛剤は多いのですが、CHAPUP(チャップアップ)は期間無しの永久保証という前代未聞の制度をとっています。
これはどれだけ長期間使ったとしても、CHAPUP(チャップアップ)は副作用が無い保証があるというメーカー側の品質の表れでもあります。


育毛剤に見られがちな初期脱毛という副作用ですが、CHAPUP(チャップアップ)を使用した人たちの口コミを見ていると初期脱毛の報告がほぼ無いというのも特徴の一つです。
初期脱毛の事を知らずストレスとなってしまい更に抜け毛が増えてしまったり、使用を辞めたくなるという事もないので、育毛剤を使うのが初めてという方でも安心して使えます。

このように副作用が無いという安全性を全面に押しだしておきながら、しっかりと育毛効果もあるというのがCHAPUP(チャップアップ)の凄い所です。
発毛剤の部分で紹介したミノキシジルと同等の効果があると言われながら副作用がないM-034(海藻エキス)という成分を始め、頭皮の炎症を抑える成分、保湿成分、5αリダクターゼを抑制する成分などを大量に含んでおり、その数はなんと80種類以上。育毛業界トップの成分数を誇るため、様々な薄毛の原因に対応することができます。

定期コースで同時購入ができるチャップアップサプリも副作用の危険性が無い育毛サプリメントなので、副作用の心配をせず安全に育毛をすすめていきたいという方にはCHAPUP(チャップアップ)をおすすめします。


>>CHAPUP(チャップアップ)を実際に3か月使った口コミはこちら

男性用育毛剤の副作用で髪の毛が抜けるって本当なのかまとめ

育毛剤は初期脱毛のような物を除き、比較的副作用が無いものが多いのですが、気を付けなくてはならないのが発毛剤の副作用です。

ミノキシジルは血圧に悪影響を与える可能性もあり、フィナステリドは性的な副作用があります。特にミノキシジルタブレットには命の危険性もあるので(動物実験で犬が死亡した例あり)取り扱いには十分に気をつけるべきです。

そのようなミノキシジルやフィナステリド、リアップなどの発毛剤の副作用が心配な方はCHAPUP(チャップアップ)のような安全性の高い育毛剤を利用しましょう。頭皮環境を整える作用もあるので、総合的な育毛が行えますよ。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ