【10代若ハゲ】高校生で育毛剤!?ハゲる原因と予防で薄毛改善

「まだ高校生なのに髪の毛が薄くなってきてしまった」というケースが多く報告されています。
しかも、以前よりもその割合が増えている、といった指摘もされているのです。こちらでは高校生に適した育毛対策についてお教えします。高校生の薄毛対策には育毛剤がおすすめなのでしょうか。それとも生活習慣対策のようなものでも対応できるのでしょうか。

高校生と薄毛の関係性とその対策について迫ります。

高校生の頭に育毛剤は本当に必要!?

■育毛剤は使わなくても対応できる

kou002

高校生ということなので、まだまだ若いです。細胞も若いので「自然治癒力」と言っても良いかもしれませんが髪の毛が生えるような環境が整えば、自然と髪の毛が回復するということがまだまだ考えられる世代なのです。

そもそも育毛剤に関しては、男性型脱毛症に対処するように作られているものが多いです。高校生の時には、男性型脱毛症が発症するのは極めて稀です。育毛剤による対策は20代以降になってからでも遅くはありません。
しかし対策が遅れてしまうと、そのまま薄毛が進行してしまうかもしれません。何かしらの正しい対処法を実践して薄毛を改善させましょう。

育毛剤による対策は早いと言いましたが、もちろん利用してはいけないわけではありません。生活習慣などの対策を実施しても改善しなかった場合には、育毛剤を利用した対策を実施しましょう。育毛剤であればAGA対策もできますし、頭皮環境の改善や血行改善といったことも同時に狙えますよ。

■発毛剤(医薬品)を利用しても良いの?

駄目です。

kou003
プロペシア
・ザガーロ
リアップミノキシジル
・ミノキシジルタブレット

上記のような発毛剤がありますが、それらは全て20歳以上にならなければ利用できません。発毛剤には年齢制限があるのです。
そもそも発毛剤には副作用があるので、まだ身体が完全に大人になっていない若い時に利用すると重い副作用が出てしまうことも考えられます。

高校生にありがちな髪にダメージを与えてしまう行動

■食生活が乱れていませんか?

・偏食気味である ・肉料理ばかり食べている ・甘いものばかり食べている

バランスのよい食事が髪の毛の成長には欠かせません。髪の毛はタンパク質とアミノ酸によって作られており、さらに頭皮にはビタミンやミネラルといったものも関わっているのです。
それらを食事からしっかりと補給することが大事です。

高校生だと肉料理や甘いものばかりを食べている、というケースもあるでしょう。糖質や脂質を摂りすぎると頭皮に存在する皮脂腺の働きを活性化してしまいます。それにより毛穴に皮脂が詰まってしまい、髪の毛を弱めてしまうこともあるのです。

■目を酷使していませんか?

・スマホの長時間の利用 ・PCの長時間の利用 ・ゲームの長時間プレイ

上記のような行動をしている高校生は危険です。
目酷使してしまうと、まず肩や首の血行を阻害してしまうのです。肩や首の血行が阻害されると、血液が髪の毛に至らなくなってしまい、髪の毛の成長が鈍化してしまいます。

また目を修復させる作用のある成分として「L-システイン」というものがあります。そのL-システインは実は髪の毛を作るときにも利用されているのです。目を酷使してしまうとL-システイン不足により、髪の毛の生成がされにくくなって薄毛を招いてしまいます。

■過度のヘアケアをしてませんか?

・1日あたり2回以上のシャンプーをしている
・整髪料を毎日利用している
kou004

高校生は見た目にこだわる時期でもあるので、夜のシャンプーに加え、朝シャンをしている方もいるでしょう。また、ワックスをベッタリと髪の毛につけすぎている方もいるでしょう。

シャンプーのしすぎは頭皮の皮脂を落としすぎて頭皮を乾燥させてしまい、その状況をなんとかしようとした皮脂腺によって、かえってオイリー肌になってしまうこともあるのです。
そしてワックスなどの整髪料が頭皮についてしまうと、頭皮がベトベトして湿気が留まりやすくなり、炎症のもとになってしまうこともあります。

過度のヘアケアは頭皮環境を悪化させ、薄毛を促進させる恐れもあるのです。

■悩みすぎていませんか?

薄毛であること意識しすぎてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。実はストレスには薄毛を促進させるおそれがあるんです。
ストレスには血管を収縮させる作用があり、血行不良を引き起こしてしまいます。それにより髪の毛に栄養が送られにくくなり、薄毛が発生してしまうのです。

高校生のうちからできる薄毛改善法!

■食生活を見直す

バランスのよい食事を心がけてください。なにも肉料理を食べるな、とは言っていません。お肉にもタンパク質が含まれていますしビタミンなども豊富なのですが、問題は食べ過ぎです。
お肉も食べるのであれば、野菜も食べましょう。またタンパク質を摂取するならヘルシーな大豆製品(豆腐や納豆など)を中心にする、といった方法もあります。
高校生は濃い味付けが好きな傾向がありますが、なるべく薄い味付けにすることも重要です。洋食中心から和食中心の生活も視野に入れましょう。

kou005

■頭皮マッサージを行なう

頭皮マッサージを行なうと、血行が促進して髪の毛を作る細胞に栄養が送られやすくなります。

しかし問題は頭皮マッサージの方法ですよね。
頭皮マッサージの方法としては、

・叩く
・揉む
・押す
・擦る

といった方法があります。
髪の毛には血行が大事なわけなので、どの方法が最も血行を高める作用があるのか、ということが重要です。
上記の4つの中では、「押す」という行為が血行を最も高めることがわかっているのです。NHKの「ためしてガッテン」というTV番組にて頭皮マッサージの実験があったのですが、押すマッサージ法が最も血行を高めることが確認されています。

ちなみに頭皮だけではなく、耳の周辺もマッサージしましょう。頭皮に通じる太い血管が耳の周りに通っているのです。そこの血行を高めると、「同時に頭皮の血行も高まる」という
わけです。

kou006

■規則正しい生活をする

ストレスを解消する最も良い方法は睡眠時間を確保することです。人間は寝ている時に脳がリラックスをしてストレスが解消する、といったシステムになっています。睡眠不足に陥っていると、ストレスが解消されません。成人の場合の1日あたりの理想的な睡眠時間は6時間から7時間程度です。高校生の場合はまだ若いので、長時間睡眠も可能です。1日あたり7時間から8時間程度の長い睡眠でストレスを解消しましょう。

■最終手段!!育毛剤を利用する

生活習慣を整えてもマッサージをしても回復しなかった場合には、育毛剤の利用がおすすめです。

例えば育毛剤には頭皮環境を改善させる能力もありますし、血行を促進させる成分も入っているのです。しかも生活習慣対策とは違って、1日あたり2回程度頭皮に塗布するだけです。
続けやすい、といった特徴もあります。

ただし育毛剤は安くても6,000円前後、高いものだと10,000円の物もあるので、あくまで最終手段としてください。高校生が毎月6,000円~10,000円前後の出費をするのは痛いですよね。

高校生でこの対策法は絶対にNG!!

■AGA治療薬(発毛剤)

医薬発毛成分が配合されているAGA治療薬を高校生は利用してはいけません。AGA治療薬は臨床試験が行われているのですが、実は20歳以上を対象として行っているのです。
未成年に対しては実施していないので、「利用したらどうなってしまうのか」ということが分かっていません。

そもそも、発毛剤に関しては強い副作用が発生してしまうこともあります。その副作用によっては逆に薄毛を促進してしまうおそれがあるので、若い時には利用すべきはありません。
主に発症される副作用としては、

・肌の湿疹
・めまい
・性欲減退

等の症状が出ると言われています。

AGA治療薬の中で代表的なものは、ミノキシジルやプロペシアというものが挙げられ、ミノキシジル製剤に関しては塗布するので主に皮膚に関する副作用が発生します。
また、プロペシアの場合は飲むタイプの薬なので体の内部に副作用が出てしまうこともあるのです。
そしてプロペシアの副作用は主に性的なものであり、高校生はまだまだホルモンのバランスが悪い時期でもあるので勃起不全になってしまう確率も高いです。
やはり発毛剤は利用すべきではありません。

■自毛植毛

自毛植毛は、1,000株(1株あたりの髪の毛の本数は約2.5本程度)で100万円を超える金額がかかってしまうケースもあります。高校生にとってはあまりにも高い金額でもあるので、薄毛の対策方法としては適していません。

自毛植毛をすると後頭部に傷跡が残ってしまうケースもあり、今後の髪型にもいろいろと制限が出てきます。

どうしても育毛剤を使いたい方のために…

■高校生におすすめの育毛剤

生活習慣や育毛マッサージなどでは物足りない、という高校生も多いはずです。そういった方におすすめしたいのがIQOS(イクオス)です。
IQOS(イクオス)は効果と安全性のバランスが非常に良く、高校生にとっても安心して利用できる、といったメリットがあるのです。

kou007

【IQOS(イクオス)の効果】
効果の実感率が極めて高くなっています。3ヶ月の利用で78%の方が効果を実感したというデータもあります(千葉頭皮環境研究会調査データより)。

IQOS(イクオス)には、

・男性型脱毛症の改善作用
・頭皮環境の改善用
・頭皮の血行促進作用

上記のようなものが期待できます。
しかも普通の水よりも浸透しやすい低分子ナノ水を利用しているので、有効成分が毛穴の奥まで浸透し髪の毛を作り出す根元の部分に高い効果を与えることができるのです。

【IQOS(イクオス)の安全性】
IQOS(イクオス)は無添加なので、頭皮に悪い影響を与えることはありません。シリコンも香料も利用されていないんです。
国内工場で製造している、というところにも注目です。徹底した品質管理のもと製造されているので、高い安全性を誇っています。

■IQOS(イクオス)の値段とは?

・単品購入価格・・・8,980円(税別)+送料630円
・定期コース価格・・・5,980円(税別)(送料無料)

単品購入価格に関してはかなり高く感じてしまうかもしれません。しかし、定期コースの価格を確認してみると非常に安いことがわかりますよね。送料も入れると3,630円も安く利用できるのです。
月に6,000円程度であれば高校生でも十分に対応できるのではありませんか。

IQOS(イクオス)は、「45日間全額返金保証」にも対応しています。もしも満足できなかった場合には商品代金を返金してもらえます。

iqosbotan

まとめ

kou008

高校生の薄毛対策の基本はまず生活習慣を正すことです。睡眠時間を確保し食事もバランスの良いものに切り替えていきましょう。頭皮マッサージで頭皮の血行を高める、ということも大切です。

しかし生活習慣系の対策を行ったとしても、目に見える効果が現れないことがあります。そのような時は、育毛剤の利用も視野に入れましょう。間違っても医薬品などを利用した発毛剤には手を出さないでくださいね。育毛剤は発毛剤と違って副作用がないので安心して利用できるんです。

特にIQOS(イクオス)は効果が高いだけではなく安全性も抜群です。高校生にとって続けやすい金額で提供してくれている、といったメリットにも注目しましょう。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう