男性の抜け毛予防法と原因@抜け毛を減らす4つの方法

抜け毛を減らす方法@抜け毛を減らしたい方必見

抜け毛は異常?生活習慣・睡眠時間等が関係か?

■抜け毛自体は育毛サイクル上みんな起こる

kettei002

抜け毛予防法について紹介していく前に、そもそも抜け毛というのはどういったメカニズムで発生するのかについて触れていきたいと思います。

抜け毛というのは薄毛症状に悩んでいる人にだけ発生している訳ではなく、人間であれば定期的にほとんど決まったサイクルで発生しています。髪の毛については放っておけばどこまでも伸びていく印象を持っている人がいますが、実際にはそうではなく、決まった期間が経過すると、自然に髪の毛は抜け落ちてしまうため、とんでもない長さまで伸びていくということはありません。

ちなみに、この髪の毛が生えてきて、抜けるまでのサイクルを「育毛サイクル」と呼んでいます。
具体的には髪の毛が生える期間を「成長期」、髪の毛の成長が緩やかになっていく期間を「退行期」、髪の毛の成長が完全にストップして抜けるのを待っている期間を「休止期」と呼んでいます。

一般的に成長期は2~5年、退行期は2~3週間、休止期が2~3か月程度の期間になると言われています。この休止期の期間中に下から生えてきた髪の毛に押し出される形で、髪の毛は抜け毛となり、その一生を終えます。つまり、2~5年程度の期間で髪の毛が抜け落ちるのは自然なことで、抜け毛はだれにでも発生している現象です。

■抜け毛がごっそりの場合は何か違う理由がある

kettei003

ただ、この抜け毛の量が異常な量になってきた場合、注意が必要になります。
普通の人の1日に発生する抜け毛の量は約100本程度であると言われており、この程度の抜け毛は普通にしていれば気がつかない程度のものになります。逆に洗髪をするたびに排水溝に髪の毛が詰まる、朝起きると枕に髪の毛がびっしりとついているというのは異常です。この場合、髪の毛のヘアサイクルに何かしらの問題が発生して抜け毛が増大していると認識しておきましょう。このような抜け毛が増える場合、多くは髪の毛の生成がうまく進んでおらず、太くて長い健康な髪の毛が減ってきていることが原因と考えられ、それにはいくつか代表的な理由があります。

・食生活の乱れ

抜け毛が極端に増えた場合、まず疑ってほしいのが生活習慣の乱れです。

この生活習慣の乱れというのは具体的には食生活の乱れ・睡眠の乱れの2つです。
まず、食生活については自身の食生活を振り返って、亜鉛・ビタミンB2、B6 といった栄養素をしっかりと食べ物から摂取出来ているかをチェックしてみて下さい。他にも髪の毛の生成に必要な栄養素としてはタンパク質といったものもありますが、この亜鉛・ビタミンBが不足しやすい栄養素になります。亜鉛については髪の毛を構成するケラチンという成分を生成する際になくてはならない栄養素になります。

また、ビタミンB2に皮脂の過剰分泌を抑えて頭皮環境を改善してくれる効果、ビタミンB6にタンパク質の吸収を促してくれる効果があります。これらの栄養素が不足していることで、健康な髪の毛が生成されず、結果的に抜け毛が増加している場合もあります。

kettei004

・睡眠の乱れ

次にチェックしたいのが睡眠時間に乱れが無いかということ。
この睡眠についてのチェックを行う際に意識したいポイントは2つあり、一つは睡眠不足になっていないかということ、そしてもう一つは育毛のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯にきちんと睡眠をとっているかどうかということです。

まず、睡眠不足についてです。
髪の毛は起きている間には成長しません。髪の毛がぐんぐん成長するのは夜寝ている間。睡眠時間を短くするというのは髪の毛を生成する時間を短くしていることにほかなりません。
抜け毛を改善したいのであれば、太くて健康な髪の毛を増やしていく必要があります。睡眠時間を短くすると、髪の毛の成長に悪影響が及び、しっかりと成長していない髪の毛が増えるため、結果的に抜け毛も増えてしまいます。

また、睡眠時間の長さだけではなく、睡眠の時間帯も大切になってきます。
髪の毛の成長には成長ホルモンというホルモンの働きも大きく関係していると言われ、この成長ホルモンについても寝ている間に分泌されることが分かっており、特に成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯をゴールデンタイムと呼び、夜更かしなどの習慣があると、このゴールデンタイムを逃してしまうことになります。

・ストレスの蓄積

kettei005

次にチェックしたいのがストレスの蓄積です。
仕事の忙しさ、私生活での悩みなど日々の生活はストレスに満ちています。このストレスが溜まりすぎてしまうと、体の自律神経の働きがおかしくなってきます。具体的には交感神経と言われる神経の働きが強くなるという現象が発生しします。

この交感神経というのは体を緊張させる働きがある神経になり、交感神経によって体が緊張状態になると、血管も収縮してしまい、血行が悪化します。これにより、頭皮に十分な血液がいきわたらなくなり、髪の毛の成長がうまく進まなくなるので太くて健康な髪の毛が育たなくなり、抜け毛が増える結果につながります。

・AGAの発生

さて、上記では主に生活に密接に関係する抜け毛増加の原因について触れてきましたが、このような原因であれば、自分自身が生活習慣を改善するだけで、抜け毛を減らせる可能性もあります。
ただし、このような生活習慣の改善だけではどうにもならない抜け毛もあります。

それがAGAという症状が原因になっている抜け毛です。このAGAという症状は男性型脱毛症と言われており、男性が薄毛になる原因の90%以上を占めていると言われています。

AGAは男性ホルモンが活性化することにより発生します。
まず、活性化した男性ホルモンがDHTと呼ばれる物質に変換され、このDHTが髪の毛を作る細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞の働きを阻害することにより、髪の毛がうまく成長しなくなり、これにより細毛と呼ばれる細く・短い髪の毛が増加して、抜け毛が増える、これがAGAです。このAGAによる抜け毛を防ぐためには育毛剤を使うなどの形で、しっかりした育毛対策を行うことしか道はありません。

実はあの方法は抜け毛防止や予防に効果なし…

上記で紹介したような抜け毛が大量発生したような場合、インターネットなどで対策を調べるとさまざまなものが紹介されています。
ただし、このような抜け毛対策法を鵜呑みにしてしまうのは大変危険です。抜け毛対策法として有名でありながら、ほとんど効果が無いという方法も実は数多く存在しています。

kettei006

■炭酸水シャンプー

まず、紹介したい方法は炭酸水シャンプーという方法になります。この炭酸水シャンプーについてはその名の通り、炭酸水を用いてシャンプーするという方法になります。炭酸水に含まれる炭酸ガスが皮脂と一緒になりながら気泡になる、炭酸ガスに含まれる二酸化炭素が体内に入ると血管がこの二酸化炭素を排出するために広がって血行が促進される、この2つの理由で炭酸シャンプーが抜け毛防止に効果的と言われています。ただ、炭酸シャンプーで育毛に成功したという声はほとんどありません。効果があったとしても、あくまでも微々たるもので、試してみるほどのことはありません。

■射精頻度の抑制

先ほど食生活の中で、抜け毛を予防するためには亜鉛を積極的に摂取する必要があると述べてきました。実はこの亜鉛、射精した場合精液に含まれる形で体外に排出されることが分かっています。射精において排出される精子の量は1~3mgと言われています。成人男性における亜鉛の必要量が約9mgと言われているので、射精によって亜鉛が減少することは確かです。ただ、射精頻度を抑える形で対策を行うのであれば、食生活を改善して亜鉛を積極的に摂取するようにした方がよっぽど近道になります。

■頭皮をたたく

頭皮をたたいてやることで、髪の毛が生えてくるという育毛法もまことしやかに噂されています。実はこの頭皮をたたく方法についても、一応細胞を刺激する効果が無いとは言い切れません。ただし、それ以上にデメリットが多く頭皮をたたく過程において、ブラシなどを使っていればそれが頭皮を傷つけてしまい、頭皮トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。頭皮トラブルを起こしてしまえば、抜け毛が増える可能性は倍増します。そういった意味で頭皮をたたくのはむしろ抜け毛を促進する方法といってもいいかもしれません。

■シャンプーをすればするほど抜け毛防止効果がある

シャンプーを繰り返すことにより、頭皮が清潔になり抜け毛を防ぐことが出来るという噂もあります。これはむしろ弊害の方が多いと言ってよいでしょう。
たしかに、シャンプーをすることは毛穴に詰まった皮脂や汚れの除去が出来るメリットがありますが、シャンプーのしすぎで皮脂をとりすぎてしまうと、逆に皮脂が過剰に分泌されるようになることが分かっています。シャンプーについては1日1回、もしくは数日に1回でも十分です。

抜け毛を減らす4つの方法

さて、上記では全く効果の無い抜け毛予防法について紹介してきました。
ただ世の中にはこのような迷信に近い抜け毛予防法だけではなく、本当に素晴らしい効果のある抜け毛予防法も存在しています。

■運動

kettei007

このような抜け毛を減らす対策として代表的なものが運動になります。運動については抜け毛の原因になるストレスを解消する効果があります。また、運動を通じて汗をかくことが抜け毛には効果的です。汗をかくと、その汗によって頭皮に潤いが与えられる、乾燥した頭皮の場合は頭皮環境が改善するケースがあります。
それに加え、汗が体外に排出される場合同時に体内に存在するDHTも一緒に排せつされることもわかっており、運動をすることはAGAの対策としての役割も果たしていることになります。

さらに運動をすることで体内の血流がスムーズになり、血行促進効果も期待できます。血行が促進されることにより、髪の毛を作る細胞への栄養供給が増えることが期待されるなど良いこと尽くしです。

■生活習慣の改善

抜け毛予防を考えるなら、生活習慣の改善も大切です。まずは食生活についてです。食生活では上述したように亜鉛・ビタミンBの不足には注意する必要があります。
亜鉛については牡蠣をはじめとして魚介類やチーズをはじめとした乳製品に多く含まれ、またビタミンBについてはホウレンソウ、ニンニクなどに豊富に含まれていることが分かっているため、食生活を見直して、亜鉛やビタミンBが不足していると感じたのであればこれらの食材を積極的に食生活に取り入れていくようにしましょう。

また、もう一つ意識したいのが睡眠についてです。睡眠時間については理想的には8時間程度の睡眠が望ましいというのは広く知られているところになります。
ただ、忙しい社会人にとって8時間睡眠というのは分かっていても、なかなか実現するのは難しい生活習慣になります。現実的には6~7時間程度の睡眠はしっかりとることが出来るように意識していきましょう。

また、前述したように髪の毛を成長させて抜け毛を防ぎたいなら、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯にしっかりと睡眠をとることが大切になってきます。このゴールデンタイムはおよそ22時~翌2時であることが分かっているため、髪の毛の成長を促して抜け毛を改善したいと思ったら、この時間帯に睡眠をとるようにすることが大切になります。

kettei008

■頭皮マッサージ

頭皮マッサージも、手軽に試せる割に抜け毛を防ぐ効果が高いものになります。具体的には入浴などをした後に指の腹を使って、頭部全体を押し込むように行うのがポイントです。
このようなマッサージを入浴後に数分程度行ってやるだけでも良いでしょう。これだけでも、頭皮を刺激して血行を促進する効果が得られます。

■育毛剤

上記で抜け毛を減らすのに効果がある方法について述べてきましたが、これらの方法に共通している目的として、頭皮の血行を促進することがあります。頭皮の血行を促進するというのは抜け毛を防ぐために、非常に大切な要素になってきます。
では、この頭皮の血行を促進することを考えた時にもっとも効果がある方法はなんでしょうか。それがこれから紹介する育毛剤になります。育毛剤というのはその名の通り、育毛を促進する目的で作られたものです。

本気で抜け毛を防ぐなら育毛剤

■抜け毛を減らす王道は育毛剤の利用

さて、上記で紹介してきた4つの抜け毛を減らす方法についてですが、本気で抜け毛を減らしたいなら、育毛剤を使う方法をおすすめします。

他の3つの方法も抜け毛を減らす効果はありますが、育毛剤は抜け毛を減らして髪の毛を育てることに特化したものであるため、その効果は抜群です。この育毛剤を使いこなさなければ、抜け毛を減らすことは夢のまた夢。育毛対策については育毛剤をメインに据えて、それ以外にあくまでも補助的な意味で育毛剤以外の3つの対策法を組み合わせていくのが王道になります。

■抜け毛を減らす効果が抜群の育毛剤、その代表は「BUBKA(ブブカ)」

kettei009

育毛剤といってもドラッグストアや薬局には山のような育毛剤があふれています。この中で自分に合った育毛剤を見つけるのは至難の業です。

ただ、安心してください。この記事で万人に向けておすすめできる育毛剤を紹介させて頂きます。万人に効果が期待できる育毛剤についてですが、それはズバリ「BUBKA(ブブカ)」です。このブブカという育毛剤は育毛について少し調べた人なら、多くの人がその名を知っている育毛剤です。世間でも評価の高いものになり、その育毛効果もかなり高いものがあります。このブブカが高い評価を得ているのはその配合成分として、M-034という成分を含んでいることが大きな理由です。

このM-034はミノキシジルと言われる病院で処方される医薬品の育毛成分と同等の育毛効果を見せたという素晴らしい実績があります。また、それと同時に優れた育毛剤にはつきものの頭皮トラブルをはじめとした副作用について、このM-034には全くその心配が無いということも、非常に大きなメリットになります。

抜け毛防止・予防に最適な育毛剤は?

■抜け毛防止ならBUBKA(ブブカ)で決まり!

さて、上記で紹介したBUBKA(ブブカ)についてですが、ここでさらに掘り下げてその魅力に迫ってみたいと思います。具体的には抜け毛防止に効く理由をいくつか紹介していきたいと思います。

・M-034の優れた育毛効果

さて、上記でも少し触れたBUBKA(ブブカ)に配合されているメインの育毛成分であるM-034についてです。M-034は頭皮の血行促進という点で、優れた効果を発揮します。AGAクリニックのような専門治療機関で処方されている育毛剤の定番ミノキシジルも、その効果は頭皮の血行促進です。

つまり、頭皮の血行促進というのは抜け毛を防ぐことを考えた時には肝となる部分です。この頭皮の血行改善に優れた効果を発揮し、ミノキシジル同等の育毛効果をみせるのがM-034です。これがM-034を強く推奨する理由になります。

さらに、このM-034には外毛根鞘細胞と呼ばれる細胞を増殖させる働きも持っており、この外毛根鞘細胞は髪の毛の根元に存在している細胞で、髪の毛を支える役割を果たしているため、髪の毛の土台を支える力が強くなり、ちょっとやそっとのことでは髪の毛が抜けなくなります。そのため、抜け毛の防止には効果的です。

このM-034という育毛成分を濃縮し、育毛剤の中で最も多く配合している育毛剤がBUBKA(ブブカ)になります。これがBUBKA(ブブカ)が持つ非常に大きな魅力になっています。

・DHTの生成を防ぐオウゴンエキス

ブブカで注目したい育毛成分はM-034のみではありません。このM-034と並んでブブカの評価を高めている成分がオウゴンエキスになります。オウゴンエキスには頭皮に潤いを与える保湿効果、頭皮の炎症を防ぐ抗炎症効果がありまが、それよりももっと注目したいのは5αリダクターゼと呼ばれる成分の生成を抑える効果になります。

先ほど、AGAという症状について紹介したとき、男性ホルモンがDHTという成分に変換され、そのDHTの働きによって薄毛症状が発生すると述べました。この男性ホルモンは自然にDHTに変換されるわけではありません。体内に存在するある酵素と結合することにより、DHTに変換されることになります。この酵素が何を隠そうこの5αリダクターゼです。

つまり、オウゴンエキスにはこの5αリダクターゼの生成を抑えることで、AGAの症状も抑える効果を持っているので、このオウゴンエキスもブブカの抜け毛を防ぐ効果で重要な役割を果たしています。

・頭皮糖化を防ぐ育毛成分

上記で頭皮の血行促進を抜け毛防止のポイントとして強調してきたように、頭皮の環境悪化が抜け毛につながることは紛れもない事実になります。ちなみに、この頭皮環境の悪化について考えた時、抜け毛につながる頭皮環境の悪化は血行が悪くなることだけではありません。頭皮環境の悪化現象の代表的な例として頭皮糖化があり、この糖化というのはトーストで焼いたように肌がカチカチになってしまうことを指しています。

つまり頭皮糖化というのは頭皮がカチカチに固まってしまう現象のことをいいます。

こうなってくると、育毛剤の成分がうまく浸透しなくなったり、頭皮の血行が悪化するという弊害が出てくるため、頭皮糖化は抜け毛を防止するためには必ず防ぐべきものです。BUBKA(ブブカ)に配合されているマロニエエキス、アシタバエキスといった成分が頭皮糖化の改善に効果を発揮します。

■BUBKA(ブブカ)の使い方

朝晩2回の使用がおすすめです。
その都度シャンプーできない場合、朝はシャンプーなしでも問題ありません。生え際や頭頂部など、気になる部分だけではなく、液が頭全体に行き渡るように使うのが効果的です。指の腹で優しくマッサージしながら、しっかり浸透させます。

育毛剤は安いものではないので、ついつい大事に使おうと考えてしまいがちですが、頭皮の血行を促進する場合にはしっかりと頭皮全体にブブカを塗布することが大切になってきます。
したがって頭皮全体に思い切ってBUBKA(ブブカ)を塗布するようにしましょう。

bubkabotan

男性の抜け毛予防法と原因@抜け毛を減らす4つの方法まとめ

上記では抜け毛の予防法について述べてきました。抜け毛を予防するためにはまずは食生活・睡眠といった基本的な生活習慣を改善するところからスタートしましょう。ただ、このような対策をしても抜け毛が発生してしまったり、抜け毛がおさまらない場合には育毛剤の使用をおすすめします。
その際、まずは最初の育毛剤としてBUBKA(ブブカ)を試してみるのをおすすめします。市販の育毛剤でも育毛効果や安全性に定評があるBUBKA(ブブカ)から育毛剤デビューを果たしてはいかがでしょうか。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう