若ハゲの進行速度が早い人必見※ハゲ対策の薄毛進行度チェック

若ハゲの進行スピード、止まらない人必見※ハゲ対策の薄毛進行度

20代前半であったとしても薄毛が進行してしまう例があります。
20代だと、まだまだ周りは髪の毛がふさふさですよね。悩みも打ち明けられずに、一人で悩み続けている、という方も多いのではありませんか。

こちらでは若ハゲというものはどういったものなのか、ということを詳しく解説します。若ハゲと一般的なハゲの違い、どのような育毛剤が効果的なのかということも明らかにしていきます。
若ハゲは諦める必要はありません。そもそも若い時の薄毛は適切な対処をすれば治る確率が極めて高いです。

それでは、まずは若ハゲに関する知識を高めることから始めましょう。

若ハゲってなに?

■若ハゲの特徴とは?
wakahage002

もちろん「年齢が若い」ということもあるのですが、実は高年齢で発生する薄毛に比べて複合的な要素が絡んでいる確率が極めて高い、といった特徴があります。

・AGAと頭皮環境の悪化
・AGAと血行不良
・AGAと栄養不足
・頭皮環境の悪化と血行不良と栄養不足

上記のような複数の原因が絡んでいることが多いので、「厄介な存在」と言っても過言ではありません。一面的な対策では、若ハゲが治らない可能性も出てきてしまうのです。

■若ハゲの典型例とは?

M字ハゲ(前頭部の薄毛)になっているケースが多くなっており、O型ハゲ(てっぺんハゲ)の可能性はそれほど高くありません。
M字ハゲもO型ハゲも根本的な原因は男性型脱毛症で一緒なのですが、なぜか圧倒的にM字ハゲのほうが多い、といった特徴を持っているのです。
解明されてはいないのですが、生え際が薄くなってきたら若ハゲに繋がる可能性があるので注意しなければなりません。

wakahage003

若ハゲ進行チェックリスト あなたの薄毛は大丈夫?

□髪の毛の質が悪くなってきた(軟毛化してきた)
□抜け毛が短かったり細かったりしている
□寝癖がつかないようになった
□枕に抜け毛がたくさんついている
□髪の毛をセットする時に毛が抜ける
□髪の毛をセットするのに時間がかかるようになった
□抜け毛の毛根が細くなっている
□頭皮に炎症が起こっている
□頭皮が乾燥している
□頭皮が脂っこい
□前頭部や頭頂部など特定の部位が薄くなっている
□タバコやアルコールを定期的に楽しんでいる
□髪の毛をたてているなど毛根に負担をかける髪型をしている
□スタイリング剤などを大量に利用している
□母方の父親(母方の祖父)が薄毛である
□1日あたり複数回のシャンプーをしている
□食生活が乱れている
□脂っこいものや甘いものが好きである

こちらのチェックリストを踏まえたうえで、次は若ハゲになってしまう理由を見てみましょう。

若ハゲになってしまう理由

■髪の毛の質と若ハゲについて
・髪の毛が太くならない
・髪の毛が長く成長しない
・コシがなくなってくる

上記のような状態になっていると、すでに若ハゲの症状が出ていると考えられます。
髪の毛の質の変化、というのは薄毛の症状として最初に現れるものです。

髪の毛が細くなったり短くしか成長しなかったり、というものはいくつかの原因が考えられます。その原因の中には男性型脱毛症もあるのです。
また、血行不良や栄養不足ということも考えられます。
若ハゲを気にしている方は、髪の毛をチェックしてください。産毛ばかりになっている部位はありませんか?抜け毛が細かったり短かったりしませんか?該当する場合には早急な対策が必要になります。

wakahage004
■頭皮環境と若ハゲについて
・乾燥肌である
・脂性肌である
・炎症やニキビが発生している
・1日あたり2回以上のシャンプーをしている

一つでも該当している方は頭皮環境に問題が出ている、または出る可能性が高いです。
頭皮環境が正常化していなければ、髪の毛の質が悪くなってしまうので、健康的な髪の毛は生えてきません。

シャンプーに関しては行いすぎると頭皮の皮脂を奪い去ってしまい、頭皮の乾燥を招きます。
一方で逆に脂性肌を招くこともあり、その理由は頭皮が乾燥してしまうと皮脂腺が乾燥状態をなんとかしようと皮脂を過剰分泌してしまうのです。
乾燥肌が元になり、脂性肌になってしまうこともあるので注意しましょう。

■生活習慣と若ハゲについて
・タバコやアルコールを日常的に摂取している
・暴飲暴食をしている
・肉料理や甘いものが好き
wakahage005

生活習慣と若ハゲも関係があります。アルコールは適量であれば血行を良くしますが、飲みすぎてしまうと健康を害してしまいます。
糖質を過剰に摂取することにもなるので、皮脂腺を活発化してしまうのです。タバコに含まれるニコチンも薄毛の原因となります。
血管を収縮する作用があるので、髪の毛の生成が滞ってしまうこともあります。

食べ過ぎや飲み過ぎ、さらに肉料理や甘いものを好んで食べるということは脂質や糖質を多く摂取することになります。アルコールと同様に皮脂腺を活発にしてしまうので、頭皮環境に悪影響を与えてしまいます。

■ヘアケアと若ハゲ
・スタイリング剤を日常的に利用している
・毛根に負担をかける髪型をしている

スタイリング剤は頭皮につけるものではありません。しかもベタついているので、頭皮に張り付いてしまうのです。コーティングしているような感覚になってしまい、その下に皮脂が蒸発せずに留まってしまうため、菌が大量繁殖してしまいます。そのため、スタイルング剤を利用する場合には頭皮につかないように注意してください。

また、ロン毛にして髪の毛を縛っていたり前髪を立ち上げていたり、いつも同じところに分け目をつけていると、日常的に一方報告に毛根が引っ張られてしまいます。
毛根が脆弱化して髪の毛が抜けやすくなってしまうので注意しましょう。(牽引性脱毛症の発生に繋がります)

wakahage006
■遺伝と若ハゲ
・母方の祖父が薄毛である
・前頭部や頭頂部が薄い

男性型脱毛症は遺伝性のものであり、しかも母方遺伝となっています。母親の父親が薄毛であると高確率でAGAが発症してしまうのです。
現状では薄毛でなかったとしても、いつ発症してしまうか分かりません。※AGAは前頭部や頭頂部など特定の部位が薄くなります。

若ハゲと普通のハゲの違い

■発症する年代に違いあり
・若ハゲ・・・20代や30代の発症する
・普通のハゲ・・・40代以降に発症する

漠然としたものですが、「薄毛というものは40代以降に発症するもの」という印象がありませんか?実際に30代までは、薄毛の人は圧倒的に少数派です。若い時は実際に薄毛になりにくいのです。
一方で40代以降の薄毛に関しては、「年相応」と見られます。

【AGAの年齢別発症率】
20代・・・6%
30代・・・12%
40代・・・32%
50代・・・44%
60代・・・51%
70代・・・61%
全体・・・32%
■進行速度に違いあり
・若ハゲ・・・進行が早い
・普通のハゲ・・・進行が遅い

個人差がありますが、若ハゲに関しては有効な対策を講じなければあっという間に禿げ上がってしまいます。特に薄毛の原因が男性型脱毛症の場合は気をつけましょう。

wakahage007

男性型脱毛症は、男性ホルモンと頭皮に存在している5αリダクターゼと言う酵素が合体して出来上がるジヒドロテストステロンが毛母細胞に影響をあたえることで発症します。
要は、若い時に男性型脱毛症を発症してしまう場合にはジヒドロテストステロンの影響を受けやすいわけです。
一方で普通のハゲに関しても、ジヒドロテストステロンの影響は受けます。しかし発症するまでに長くかかった、ということを考えると進行はゆっくりになるはずですよね。

育毛シャンプーではハゲ・薄毛は止まらない

■育毛シャンプーの効果は限定的
テレビコマーシャルでもよく見かけたのがスカルプシャンプーです。育毛に役立ってくれるシャンプー、といったイメージもあるかもしれませんが大きな効果は期待できません。
育毛シャンプーに有効な成分が含まれていたとしても、洗浄したあとはすすいでしまいますよね。有効な成分も洗い流されてしまうわけです。育毛剤のようにずっと頭皮の上にあるわけではありません。

育毛シャンプーは、たしかに頭皮環境には一定の影響を与えます。敏感肌の方であれば頭皮にダメージを与えやすい弱酸性タイプのアミノ酸シャンプーを利用すれば、優しく洗いあがるわけです。
しかしシャンプーを利用したからといって、髪の毛が生えてくるわけではありません。若ハゲに悩んで育毛をしたいと思うのであれば、育毛シャンプーに使うお金を育毛剤に回しましょう。

若ハゲに効果がある育毛剤は?

■若ハゲ対策にはBUBKA(ブブカ)がおすすめ!

wakahage008

BUBKA(ブブカ)が若ハゲの方におすすめできる理由として、

・優秀な発毛成分
・頭皮に弾力を与える成分
・様々な薄毛の原因にアプローチできる有効成分を多数配合
・アルコールを大幅にカット

の4つがあります。

■優秀な発毛成分「M-034」
BUBKA(ブブカ)のイチオシ成分M-034は、育毛業界で発毛成分として名高いミノキシジルと同等の発毛効果を持ち、血管拡張効果のある成分として、近年発表されました。 それだけでも十分すごいのですが、M-034に関してはミノキシジルで懸念されていた副作用の心配が無いんです。

ミノキシジルは元は医薬品として育毛とは別の用途で使われていた成分であるため、副作用が報告されることが多かったのですが、M-034は北海道に生息するミツイシコンブを利用した天然の成分で作られているため、未だに副作用の報告は無いんです。 そのため、育毛剤を初めて使う若ハゲの人でも安心して気軽に使える作りなんです。

wakahage009

■頭皮の弾力性を重視
BUBKA(ブブカ)に配合されているマロニエエキスには頭皮を柔らかくする作用があります。
畑で考えてもらうとわかりやすいように、固く荒れ果てた状態よりも、柔らかく潤っている状態の方がしっかりと頭皮に成分が浸透しやすくなりますし、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなるんです。
それと同時に、潤いを保つことができるので乾燥によって頭皮環境が荒れてしまう事が防げるのも特徴です。

■その他様々な原因にアプローチ
・センブリエキス・・・血行促進作用・保湿作用
・グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症作用・殺菌作用
・塩酸ジフェンヒドラミン・・・抗アレルギー作用・抗炎症作用・血行促進作用
・ヒオウギ抽出液・・・5αリダクターゼの阻害作用(AGAの予防・改善)
・オウゴンエキス・・・5αリダクターゼの阻害作用(AGAの予防・改善)

上記に上がっている成分は一部にしかすぎず、全部で46種類の成分が配合されています。
若ハゲは前述したように一つの原因ではなく複数の原因が重なり合っていることが多いので、複数の薄毛の原因にアプローチが出来るBUBKA(ブブカ)は若ハゲ対策にぴったりです。

■アルコールカット製法
育毛剤には多くのアルコール(エタノール)が配合されており、主に血管の拡張効果を狙ったり使用時の爽快感を出すため、そして育毛剤の品質保存のためにも利用されたりしているのです。
ただしアルコールには揮発性があるので、頭皮の乾燥を招くという副作用があります。
そこでBUBKA(ブブカ)はそれらの目的でアルコールを使用せず、エキスを抽出する際に使用するだけのごくわずかな量しか使わないアルコールカット製法を行いました。
品質においては正しく使っていれば1か月で使い切る量なので特に中身が腐ったりすることも無く使えますし、M-034で血管拡張効果も狙えるのでアルコールが無くなっても問題はありません。

wakahage010

bubkabotan

 

ハゲ薄毛進行防止でコスパを重視するならこの育毛剤!

■独自成分配合の育毛剤IQOS(イクオス)もアリ!
BUBKA(ブブカ)の他にも若ハゲの方におすすめできる育毛剤が、このIQOS(イクオス)です。
IQOS(イクオス)はBUBKA(ブブカ)にも含まれていた優秀成分M-034と、驚異的な保湿力を持つペルベチアカナリクラタエキスを独自配合することで「Algas-2」という新成分を生み出しました。
それにより、1つの成分で発毛と頭皮の保湿という2つの効果を期待することができるんです。

■脱毛因子の阻害に特化
ジヒドロテストステロンの発生を抑えるために5αリダクターゼの発生を抑えることができるのはもちろんのこと、ジヒドロテストステロンとしてできあがってしまったあとに脱毛指令を送り出す、
「TGF-β」「FGF-5」という脱毛因子を阻害することもできるんです。二重の防御になっており、まさに鉄壁です。

■業界最大級の成分数を誇るサプリ
育毛剤だけでなくIQOS(イクオス)はサプリも非常に有能です。サプリに含まれる成分数は業界最大級の46種類であり、もちろんそのどれもが育毛に必要なものが含まれています。
普段の生活では十分に摂取できないような髪の毛のための栄養成分を簡単に摂取でき、太くて長い髪の毛を作ることができるようになるため、食生活が乱れがちになっている若ハゲの人には非常にぴったりでしょう。

■定期コースだと育毛剤とサプリ合わせて毎月6,980円!
IQOS(イクオス)の魅力は何と言ってもここでしょう。定期コースに申し込むことで、毎月6,980円で育毛剤とサプリを利用することができるんです。
育毛剤とサプリのセットだと10,000円を超えてしまう商品が多い中でこの値段は破格です。まだ若いのに育毛剤にそんなにお金を使いたくない…というそんな方におすすめです。

iqosbotan

 

若ハゲの進行速度が早い人必見※ハゲ対策の薄毛進行度チェックまとめ

若ハゲになり得る原因は様々で、それらが複合してしまう事で発症してしまうという事をまとめてきました。
放っておけば治るという訳でもなく、その進行はちょっとやそっとじゃ止まらないため、やがて歳を重ねて立派なAGAになってしまわないためにも早めに対処していく事が重要です。
まずは自分の生活リズムをしっかりと見直し、育毛剤などを用いて的確に対処していく事が、若ハゲ対策としては一番効果的でしょう。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう