若ハゲの進行速度が早い人必見※ハゲ対策の薄毛進行度チェック

若ハゲの進行スピード、止まらない人必見※ハゲ対策の薄毛進行度

20代前半であったとしても薄毛が進行してしまう…それが俗に言う若ハゲです。20代だと、まだまだ周りは髪の毛がふさふさですよね。悩みも打ち明けられずに、一人で悩み続けている、という方も多いのではありませんか。
こちらでは若ハゲというものはどういったものなのか、ということを詳しく解説します。若ハゲと一般的なハゲの違い、どのような育毛剤が効果的なのかということも明らかにしていきます。若ハゲは諦める必要はありません。そもそも若い時の薄毛は適切な対処をすれば治る確率が極めて高いです。

それでは、まずは若ハゲに関する知識を高めることから始めましょう。

若ハゲはどんなハゲ方?進行度合いをチェック

若ハゲの特徴@普通のハゲとの違い

日本人男性で一般的にハゲと呼ばれている人の多くはAGA(男性型脱毛症)という症状が発症しています。
これは男性ホルモンと頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素が結合することで発生するジヒドロテストステロンが髪の毛に脱毛指令を与えてしまうので薄毛となってしまうのです。
若ハゲも大元の原因はこのAGAによるものだと言われているのですが、普通のハゲとは発症する年齢が違うのです。

■発症する年代に違いあり

AGAの年齢別発症率のデータがありますが、それがこちら。
【AGAの年齢別発症率】
20代・・・6%
30代・・・12%
40代・・・32%
50代・・・44%
60代・・・51%
70代・・・61%
全体・・・32%

このように40代以降から発症率が大幅に増え始めているのはお分かりいただけるでしょうか?
それ以前の20代~30代の若い世代でAGAを発症してしまっている人たちが「若ハゲ」と呼ばれる方たちです。

■進行速度に違いあり

若ハゲと普通のハゲの違いは年齢だけではなく、薄毛の進行速度にも違いが表れます。本来AGAは若い人には発症しにくいものではありますが、それでも発症してしまうということは、その他の薄毛の要因が重なってしまっている可能性もあるんです。
そのため1つ原因に対策をするだけでは間に合わず、進行が止まらなくなってしまうのです。

そして若ハゲの場合、M字ハゲ(前頭部の薄毛)になっているケースが多くなっており、O字ハゲ(つむじハゲ)の可能性はそれほど高くありません。M字ハゲもO字ハゲも根本的な原因はAGAによるもので一緒なのですが、圧倒的にM字ハゲを発症する人のほうが多いといった特徴を持っているのです。
そのため前よりも生え際が気になってきたという場合は、もう既に若ハゲの進行が始まってしまっている状態であることも予測されるので充分に注意が必要です。

若ハゲ進行チェックリスト

□髪の毛の質が悪くなってきた(軟毛化してきた)
□抜け毛が短かったり細かったりしている
□寝癖がつかないようになった
□枕に抜け毛がたくさんついている
□髪の毛をセットする時に毛が抜ける
□髪の毛をセットするのに時間がかかるようになった
□抜け毛の毛根が細くなっている
□頭皮に炎症が起こっている
□頭皮が乾燥している
□頭皮が脂っこい
□前頭部や頭頂部など特定の部位が薄くなっている
□タバコやアルコールを定期的に楽しんでいる
□髪の毛をたてているなど毛根に負担をかける髪型をしている
□スタイリング剤などを大量に利用している
□母方の父親(母方の祖父)が薄毛である
□1日あたり複数回のシャンプーをしている
□食生活が乱れている
□脂っこいものや甘いものが好きである

こちらのチェックリストを踏まえたうえで、次は若ハゲになってしまう理由を見てみましょう。

若ハゲは生活習慣が悪いことが原因!

若ハゲに陥ってしまう原因は、AGAを引き起こす引き金とも言われている「5αリダクターゼ」の他に、生活習慣の悪化が考えられます。生活習慣が悪化すると、身体に不調を与えるだけでなく、頭皮にも悪影響になるんです。
中でも特に若ハゲの人が陥りやすいのは、食生活の悪化、睡眠不足、過剰なヘアスタイリングなどがあげられます。

若ハゲは食生活の悪化が原因

何故食生活の悪化が若ハゲに繋がってしまうのか、それは2パターンが考えられます。

■栄養不足

まず一つ目は栄養不足によるものです。
人間の身体は食事から摂る栄養のおかげで生きていく事ができますが、それは髪の毛においてももちろん同じです。偏食などによる栄養不足が起きると髪の毛もどんどん育ちにくくなり、すぐに抜け落ちるようになってしまうのです。

■油分のとりすぎ

そして二つ目は、油分の多い食品の食べ過ぎによるものです。
肉、揚げ物、甘いものを食べる事が多いという方は要注意!これらには油分が多く含まれているため、食べ過ぎる事で頭皮に「皮脂」という形で浮き上がってきてしまうのです。
皮脂は頭皮を乾燥などから守るために一定の量は必要なのですが、過剰に皮脂が分泌されている状態だと毛穴を塞いで菌が繁殖しやすくなったり、悪臭の原因にもなってしまいます。
結果として頭皮の炎症にもつながり、髪の毛は抜けやすくなります。

若ハゲは睡眠不足が原因

睡眠中は人間の身体を休めるだけでなく、一日で受けた髪の毛のダメージを修復することができる時間でもあります。22時~2時の間に成長ホルモンが最も分泌されるため、この時間がゴールデンタイムとも言われていますが、髪の毛を育てると同時に修復も行ってくれるんです。
つまりなるべくその時間帯に睡眠をとらないと上質な睡眠とは言えず、髪の毛の成長はおろか、傷つく一方となってしまいます。

また睡眠が少ないことにより、リラックスを感じられずストレスを感じやすくなってしまい、身体の緊張状態が続くため全身の血行が悪くなることにも繋がります。
血行が悪くなることで頭皮へと栄養が行き渡りづらくなるので、結果的に若ハゲになってしまいます。

若ハゲは過剰なヘアスタイリングが原因

若ハゲになる方の特徴として、過去にブリーチやヘアカラー、パーマなどをする機会の多かった人がなりやすいという特徴もあります。特にこれらを美容室でプロにやってもらうのではなく、自分で行っていたという人は要注意です。

美容師にやってもらってどれだけ気を付けたとしても頭皮に薬剤を完全に付けないという事は非常に難しいです。それが自分でやるとなるとなおさらですよね。薬剤が頭皮についてしまうことは頭皮にとって大きな刺激となり、炎症が起きてしまいますので、何度も繰り返すことは危険です。

また、ヘアワックスやヘアスプレーを沢山つけるという方も注意してください。スタイリング剤は薬品ほど頭皮へ刺激は無いものの、頭皮にくっつくことで毛穴をコーティングするように塞いでしまいます。そうなってしまうと毛穴の内部にある皮脂が外に出る事ができなくなり、皮脂を好む菌が毛穴内部に大量発生するので若ハゲの原因となります。

若ハゲは育毛シャンプーで対策は可能?

若ハゲの人が考える対策としてまず最初に考える事が多いのは「育毛シャンプーによる対策」を思いつく人が多いのではないかと思います。
では実際に育毛シャンプーは、どんな特徴があるのか説明していきたいと思います。

■育毛シャンプーは頭皮を洗う事を重視している

普通のシャンプーは髪の毛を洗う事を重要視しており、洗浄力が強めで頭皮にとっては少し刺激が強めなのですが、育毛シャンプーの場合は頭皮に優しい洗浄成分を使っているので頭皮を優しく洗い上げる事ができます。
その他にもノンシリコンであることが多いためシリコンが毛穴を塞いでしまうという可能性もありません。

■育毛シャンプー自体には髪の毛を育てる効果は無い

以上のように、育毛シャンプーには頭皮へのダメージを抑えつつ優しく洗いあげる効果はあるものの、育毛シャンプー自体に髪の毛を育てる効果があるわけではありません。
なので現在まだ若ハゲではない方や初期症状の方であれば、今後の若ハゲの進行を食い止めるためことは可能ですが、既に若ハゲがかなり進行している方の対策としては期待ができません。

そのため、既に自分が若ハゲであるという事を自覚している場合は、育毛シャンプーでの対策を考えるのではなく、「育毛剤」を使用することをおすすめします。

■育毛シャンプーは育毛剤が浸透しやすい環境を作り上げてくれる

先ほど若ハゲ対策には育毛剤がおすすめとお伝えしましたが、育毛シャンプーが全く無意味というわけでもありません。育毛剤が必要な状態の頭皮は、既に頭皮環境が劣悪で皮脂の過剰分泌や頭皮の炎症が起きてしまっている可能性が高いです。

そこで育毛剤を使用すると、ある程度の効果は発揮してくれるものの、皮脂などに邪魔されてしまい、頭皮の奥にまで浸透できない可能性もあります。なので、育毛剤を効果的に使用するために育毛シャンプーで頭皮環境を綺麗に整えておくという目的で使用することは非常におすすめです。

>>@男性用育毛剤ランキング@おすすめ人気メンズ育毛剤!効果口コミ有
>>男性用育毛シャンプーおすすめランキング!頭皮環境を整える効果があるのは?

若ハゲに効果がある育毛剤はこれだ!

若ハゲの原因に幅広く対応できるのはCHAPUP(チャップアップ)!

まず紹介するのは、配合成分数が業界最大級の80種類超えを誇るCHAPUP(チャップアップ)です。

■乱れた頭皮環境に的確にアプローチできる!

さすが育毛剤業界最大級の成分数を誇るというだけあって、CHAPUP(チャップアップ)に対応できない薄毛の原因は無いと言っても過言ではありません。
荒れてしまっている頭皮を優しく保護するため無添加・無香料の作りで炎症を抑えるための有効成分がばっちり配合されています。
頭皮の血行を良くして栄養を届きやすくするためにM-034という海藻エキスも配合しており、この成分の血流促進効果は医薬品である「ミノキシジル」とも並ぶほどであると言われています。
それでいて副作用の心配も無いので、安心して育毛を進めていく事が可能です。

■5αリダクターゼを抑える効果もばっちり!


薄毛とは切っても切り離せない存在のジヒドロテストステロン。それの引き金となってしまう5αリダクターゼを抑制することが薄毛対策の常套手段です。若ハゲの方の場合はそこまで進行が激しいという事は予想しにくいのですが、無視はできません。

ですが安心してください。CHAPUP(チャップアップ)には5αリダクターゼの働きを抑えるために、オウゴンエキスを始めとする4種類の成分で5αリダクターゼをしっかりとブロックします!

CHAPUP(チャップアップ)は育毛サプリとの定期コースで9,090円であるため継続しやすいこともポイントです。若ハゲの進行が気になってきて、なんとか食い止めたいという方に自信をもっておすすめできる一品です。


コスパ良く若ハゲ対策するならIQOS(イクオス)!

CHAPUP(チャップアップ)の他にも若ハゲの方におすすめできる育毛剤が、このIQOS(イクオス)です。
IQOS(イクオス)はCHAPUP(チャップアップ)にも含まれていた優秀成分M-034と、驚異的な保湿力を持つペルベチアカナリクラタエキスとスサビノリエキスを独自調合することで「Algas-2」という新成分を生み出しました。

それにより、1つの成分で発毛と頭皮の保湿という2つの効果を期待することができるんです。成分の配合数も61種類とCHAPUP(チャップアップ)には及ばないもののなかなかの数。5αリダクターゼはもちろん若ハゲにありがちな頭皮環境の荒れにもしっかり対応可能です。ですがIQOS(イクオス)のすごい所は他の商品と比較してもかなり格安で入手できるという所です。

その金額は毎月6,980円

しかも最高級のイクオスサプリEXとセットでこの値段だというから驚きです。とにかく安価で若ハゲ対策をしていきたいという方にIQOS(イクオス)はおすすめですよ。

若ハゲの進行速度が早い人必見※ハゲ対策の薄毛進行度チェックまとめ

若ハゲになり得る原因は複数あり、何か一つが原因で発症してしまうというよりは、様々な原因が複合して若い年齢から発症してしまっているというパターンが多いです。

放っておけば治るという訳でもなく、その進行はちょっとやそっとじゃ止まらないため、やがて歳を重ねて立派なハゲになってしまわないためにも早めに対処していく事が重要です。

まずは自分の生活習慣を整える事から始め、そこからCHAPUP(チャップアップ)IQOS(イクオス)などの育毛剤を用いて的確に対処していく事が、若ハゲ対策としては一番効果的です。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ