ハゲと亜鉛の関係性とは?~亜鉛を欠かさない・摂りすぎない~

亜鉛はハゲの強い味方、亜鉛を摂取すればハゲが改善できる!そんな話を耳にしたことはありませんか?
それとは逆に、亜鉛を摂るとハゲる!!そんな話を耳にしたことがある人もいると思います。どちらの情報が本当なのか気になるところですが、実はどちらの情報も本当なんです!!
真逆のことなのに、どちらも本当なんてどういうことなの!?とも思ってしまいますが、どうやらそれは亜鉛の摂取量と密接に関係しているようなのです。

ここでは亜鉛とハゲの関係性について細かく分析し、どうすればハゲを予防したり改善できるのかを解明していきたいと思います。

>>亜鉛を効率よく摂るならサプリで!亜鉛サプリ人気ランキング

亜鉛がハゲにいいといわれる理由

頭皮が健康的でなければ健康な髪の毛は生えてはきません。体内に亜鉛が不足してしまうと免疫力が低下して皮膚炎・感染症のリスクが高まり頭皮の健康が損なわれてしまいます。健康的な頭皮を保つということは、育毛や発毛促進には大切なことですが、そしてハゲさせない!ということにとって、亜鉛はとても重要な栄養素といわれる理由はその他にもあるといわれています。

なぜ亜鉛がハゲに効果的といわれているのかというと、ケラチンの生成と5αリダクターゼ酵素を抑制、この2つに亜鉛が大きく影響しているからです。

ケラチンの生成
髪の毛の90%以上を占めるといわれるケラチンの生成に必要な成分のひとつが亜鉛なのです。 タンパク質をビタミンBがアミノ酸に分解し、そのアミノ酸がケラチンになるために必要な成分が亜鉛で、亜鉛が体内に不足してしまうとケラチンの生成に支障をきたし、健康な髪の毛は生えてこなくなってしまいます。
5αリダクターゼ酵素を抑制
5αリダクターゼ酵素には、テストステロンを補助し健全な身体をつくっていく働きがあります。 男性ホルモンであるテストステロンは、男性の身体にはなくてはならないホルモンで、骨や筋肉、精子生成、性欲上昇などの働きがありますが、5αリダクターゼ酵素と結合することでハゲを引き起こしてしまうのです。 ハゲる原因になる5αリダクターゼ酵素を抑制する働きが亜鉛にはあるということです。

亜鉛がハゲ予防に必要不可欠な栄養素なのは分かったと思いますが、既に抜け毛・薄毛が進行してしまった髪の毛にも効果があるのでしょうか?「亜鉛さえ摂れば髪が生えてくる!」「亜鉛でハゲが改善される」そんなふうに思い込んでいる人は少なくないでしょう。

確かに亜鉛が不足していると健康な髪は生えてきませんし、髪の成長にも必要不可欠な栄養素です。どんなに効果が期待できる育毛シャンプーや育毛剤を使っていたとしても、亜鉛が不足していては髪の毛が生えてくることはまずないでしょう。これが亜鉛が髪に必要と言われている理由なのです。

しかし、亜鉛だけを摂取していても髪は生えてきません!亜鉛で得られる効果は上記でも説明しましたが、ケラチンの生成と5αリダクターゼ酵素を抑制すること。
要するに、髪の元となる栄養補給とAGAの原因を抑制することが亜鉛の役目です。

しかし、亜鉛だけをしっかり摂取していればハゲを改善できると思ったら大間違いです。
ハゲてしまう原因は人によって様々で、亜鉛でアプローチできるものもあれば、血行不良や頭皮環境の悪化睡眠不足などの不規則な生活習慣が原因でハゲてしまうこともあるのです。髪にとって必要な亜鉛を摂取することは、ハゲ予防やハゲ改善には大切ですが、共に食生活や生活習慣をもう一度見直すことも大切です。

亜鉛がハゲるといわれている理由

髪にとって亜鉛はなくてはならない栄養素。亜鉛が不足すると髪の毛に悪い影響が出てしまうわけですが、実は逆に過剰に摂取をするのも好ましくありません。過剰に摂取することによって、さまざまな副作用が出ることがあります。

・吐き気、嘔吐
・めまい
・頭痛、発熱
・倦怠感
・腎臓障害
・神経障害
・脱毛

主な副作用としては、吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、発熱、倦怠感、腎臓障害、神経障害、脱毛などの報告結果があります。胃腸が強くない人の場合、亜鉛の問題だと気づかずに過剰摂取を続けてしまうこともあるため要注意です。

また、亜鉛の過剰摂取でも初期の段階では明確な体調不良には至らず、身体がだるいと感じるだけに留まることもありますので、少しでも体調に異変を感じたときは摂取量を見直し、それでも体調がすぐれない場合は医療機関を受診しましょう。

ハゲ対策のために亜鉛を摂取している人にとって1番恐ろしい副作用は、過剰摂取を長く続けることでの起こる脱毛です。要するに、ハゲ予防で摂取していた亜鉛で逆にハゲてしまう可能性があるということです。

亜鉛を過剰摂取してしまうと、亜鉛が銅の吸収を阻害してしまい銅不足の状態になり、銅欠乏症になってしまう可能性があります。銅欠乏症になると、銅が正常に吸収されなく足りなくなってしまいます。そうすると鉄の吸収もうまくいかなくなり、貧血などの症状を起こしてしまいます。

貧血は、めまいや立ちくらみなどの身体の不調を引き起こすだけではなく、頭皮にも大きく影響します。貧血で頭皮の血行が悪くなってしまうと冷えを引き起こし、毛根にも栄養が行き渡らなくなってしまいます。その結果、脱毛などの症状があらわれ、ハゲてしまうというわけです。ハゲ防止やハゲ予防のために摂取した亜鉛なのに、逆にハゲてしまっては本末転倒ですよね!!なので、自分が摂取している亜鉛の量には、常に気を配るようにしなければなりません。

亜鉛の適切な摂取量とは

亜鉛を摂取する場合の1日あたりの適切な摂取量は男女で異なっています。
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」によると成人男性は12mg成人女性については9mgとされています。
この量を目安として、超えてしまわないように摂取していきましょう。ただし、体格には個人差があるため、必ずしも12㎎、9㎎とは言い切れませんし、妊娠中、授乳中の女性は+2~3㎎の付加量があります。
そして上限の摂取量は成人男性で1日40mg~45㎎成人女性で1日30~35mgとなっています。

この上限の摂取量は、ほぼ全ての方が摂取しても健康障害をもたらさない習慣的な摂取量の上限で、上限を超えると副作用のリスクが高まりますが、毎日の食事だけで上限を超えることは通常は考えられません。

たとえば、亜鉛が豊富に含まれる牡蠣を食べることを考えた場合、上限を超えるためには15個以上は食べる計算になります。いくら牡蠣が好きな人でも、毎日のように牡蠣を15個以上食べるというのは考えにくいですよね。
それに、亜鉛は副作用が少ないミネラルとしても有名で、体内に亜鉛が多くなると余分な亜鉛は便や尿となり排出され、逆に亜鉛が不足すると腸で吸収率を上げ、体内に取り込もうとします。

上限を意識する必要性があるのは食材で亜鉛を摂取する場合ではなく、サプリで亜鉛を摂取している場合です。食事プラスサプリで予想を超えた量を摂取している可能性もあるので、サプリを飲むときはどのくらいの亜鉛が含まれているのかをしっかりと確認し、摂取量を守るようにしましょう。

しかしサプリは、食事では満たされない分の亜鉛を手軽に必要な分だけ摂取できるので、適切な摂取量を守れば亜鉛を摂るのにとても便利な方法といえるでしょう。


>>髪に効果あり!亜鉛サプリ人気ランキング

効率よく亜鉛を摂取するには

髪と亜鉛は切っても切れない関係ということはわかったと思いますが、亜鉛を正しく摂取しないと体内に吸収されず、体外に排出されてしまうことがあります。なので、効率よく亜鉛を摂取するということは、どれだけの亜鉛を身体に多く残せるか、どれだけ無駄に亜鉛を消費させないかということです。私たちが普段から口にしている多くの食品にも亜鉛は含まれています。

実は、日本人の主食といえるご飯やパンなどの穀物からも亜鉛を摂取することができ、米には100gあたり0.6㎎、パンには100gあたり0.8㎎の亜鉛が含まれています。その他にも亜鉛を含む食材は沢山あります。規則正しい生活習慣やバランスの良い食生活を心掛けるなど、まずは自分のできることから始めてみましょう。

○生活習慣の改善を!
亜鉛をしっかりと摂取しているからといっても生活習慣が乱れてしまっては、せっかく摂取した亜鉛の効果も実感できません。アルコールの過剰摂取は亜鉛に悪い影響を及ぼすことが分かっています。アルコールが脱水症状を引き起こすことはよく知られていますが、体内でアルコールが分解されるときに亜鉛を消費していることにも注意しなければなりません。

亜鉛は重要性が高いにもかかわらず、体内に吸収されにくい厄介な栄養素です。摂取することに目が行きがちですが、抜け毛などの症状が気になっている人は、できるだけ無駄に消費しないように心がける必要があります。

例えば、大量の汗をかくと亜鉛が排出されやすくなりますので、汗をかく機会が多い人は亜鉛を多めに摂取することが重要です。そしてタバコを吸う人は多くのビタミンが消費され頭皮と髪の状態も悪くなるだけではなく、それと同時に多くの亜鉛も消費されてしまうんです。なぜかというと、喫煙により体内には活性酸素が作られ、それを身体の外へ排出する時に多くの亜鉛が消費されるというわけです。禁煙することがハゲ防止には1番なのですが、どうしてもやめられない場合は少し控えるように意識してはいかがでしょうか。

アルコールやタバコで亜鉛不足になってしまうということは、原因までは知らなくても、なんとなく聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?
しかし意外と知られていないのが、亜鉛は消費しやすい栄養素で普通に生活していても毎日消費されていて、しっかりと摂取したつもりでも、その日に摂取した分はその日のうちに全て消費されてしまうということです。

また、ストレスが溜まっていても亜鉛を消費しやすくなってしまうので、ストレス社会に生きる現代人は、毎日しっかりと亜鉛を摂取するということが大切なんです。

○食生活を見直そう
自分の体内で管理が難しい亜鉛ですが、さまざまな食材に含まれているため、食生活を見直すことが出来るのならば亜鉛サプリに頼りすぎる必要はありません。亜鉛が多く含まれている食材としては、主に動物性の食材が挙げられます。

たとえば、牡蠣・煮干し・毛ガニなどの魚介類や、牛肉・ビーフジャーキー・レバーなどの肉類です。また、植物性の食材では、ごま・豆・ナッツなどに亜鉛が多く含まれていますし、わかめ・ひじきなどの海藻類抹茶やココアなどにも含まれているんです。

毎日の食事の中で、このような食材を意識的に取り入れるようにすれば、亜鉛を自然に摂取することができます。ただし体重・体型を気にしてダイエットに取り組んでいる方は、注意が必要ですよ!ダイエットをしている最中は、あまり肉類を食べなくなってしまったり、野菜中心の食事になることも多く栄養不足に陥り、亜鉛不足になるリスクが高まります。
髪の毛の悩みがない人なら問題ありませんが、ハゲてきていたり、ハゲてしまうかもしれないと悩んでいる方は、肉類を減らしすぎないように気をつけていきましょう。

また、食生活が乱れがちな現代人の場合、しっかりと亜鉛を摂取しているつもりでも十分には摂取できていない人が多いようです。厚生労働省による国民健康栄養調査によると、成人の男性の亜鉛の摂取量は1日平均8.9㎎、成人の女性の場合は1日平均7.3㎎と、推奨している量と比べるとやや不足気味です。平均の数値でこのように不足しているのですから、摂取の上限を超えてしまうことは考えにくいので、もう少し日頃はどのような食材を摂取しているかを再確認し、亜鉛が不足していないか一度冷静に見直してみましょう。

だからといって常に同じものを無理に食べるよりも、今日の夕食のメインは牡蠣フライ、小腹が空いた時のおやつにアーモンドなど無理なく楽しみながら取り入れていくといいでしょう。

しかし忙しい現代人は外食やインスタント食品、コンビニ弁当、加工食品などの多用によって亜鉛が不足してしまうことも少なくありません。バランスのよい食事には心掛けるけど、食生活を全て見直すなんて無理!!という方は、摂取量を守りながら亜鉛サプリなどを用いることで、無理なく亜鉛を摂取することも十分に可能です。

>>髪に効果あり!亜鉛サプリ人気ランキング

まとめ

ハゲと亜鉛の関係性について分析し、解説してきましたがおわかりいただけたでしょうか?ハゲ予防やハゲ改善に必要不可欠な重要な栄養素の亜鉛は摂取することが必要ですが、過ぎたるは猶及ばざるが如しと言われるように過剰摂取は避けなければなりません。亜鉛はハゲの強い味方ですが、逆にハゲを引き起こす原因にもなりかねません。つまり、亜鉛は欠かしても、摂りすぎても髪に悪い影響を与えてしまい、ハゲる原因をつくってしまうということです。

もちろん、毎日の食事から摂取することも十分に可能な栄養素ですが、忙しい現代人にとっては食品から推奨量を摂取することは容易なことではありません。しかし、気軽に亜鉛を摂取する方法のひとすとして、サプリという方法もあります。


>>髪に効果あり!亜鉛サプリ人気ランキング

きちんと摂取量を守れば過剰摂取の心配もなく、食品で摂るよりも確実に推奨量を摂取することが可能です。無理に食事だけで亜鉛を摂取しようと考えずに、自分に合った方法で上手に亜鉛を摂るようにしましょう。育毛するには生活習慣を改善させることも欠かせません。いくら亜鉛を摂取していても、不規則な生活を続けていては髪の毛にも栄養が行きわたらなくなります。生活習慣が乱れている方は、まずは生活習慣を見直した上で亜鉛などの髪にいい成分を摂取することがハゲ対策の基本で、摂取した亜鉛を消費せずに体内に残すことにも繋がっていくといえそうです。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう