【髪】亜鉛サプリランキング@薄毛に効果のあるNO.1はこれだ!

薄毛や抜け毛を気にし始めた人が必ず一度は注目する成分、それこそが『亜鉛』ではないでしょうか。
実際、髪と亜鉛は大きな関係性をもっており、十分な量の亜鉛を摂取することで、髪が元気に成長します。亜鉛が不足すると抜け毛が増加したり髪の成長が鈍くなったりと髪に悪影響をもたらします。

亜鉛は身体の中で作ることが不可能な栄養素のため食事で補うべきなのですが、ただでさえ吸収率が悪く十分な量を摂取するのが難しいためサプリメントで摂取するのが一番手っ取り早く正確です。
近年は食生活の乱れが深刻化し、抜け毛・薄毛の前兆を感じる年齢も次第に上がってきておりその対策として亜鉛をサプリメントで補っている人も増えてきました。

ではそんな亜鉛サプリですが、選ぶ基準やポイントは何なのでしょうか?今回は、そんな亜鉛選びの重要ポイントを4つ紹介していきます。

髪の毛に良いと言われ続けている亜鉛ですが、理解してもらいたいのがあくまでも亜鉛は縁の下の力持ちと言ったところで「実際に髪の毛を生やすというパワーはない」ということ。薄毛が進行し、本気でハゲ対策をしたいという人は、育毛剤や育毛サプリといったアイテムを取り入れることをオススメします。日常生活に不足しがちな亜鉛を摂取して、髪に栄養補給をし、薄毛・抜け毛対策をしつつ太く強い髪を目指しましょう。



お客様満足度89%を獲得したスーパーサプリ「海乳EX」大人気なのに良心的な価格が魅力的な国民的サプリ。初回限定980円で購入ができ、2回目からも2,000円以下で続けられます。
髪にも身体にも必要な栄養素がたくさん詰まった瀬戸内海産の牡蠣に注目し1日たったの2粒で亜鉛がしっかり12mgも摂取できます。飲み続けることで髪の変化をしっかり実感!海のミルクと呼ばれる栄養満点な牡蠣にはミネラルや鉄、ビタミン類も豊富に含まれ髪だけでなく身体の調子もしっかり整えてくれます。
丁寧に一つ一つ機械を使わず抜き身にし、安心安全を考え、人の目でじっくりと作業をする徹底ぶり。その安心が自信に繋がり、お客様満足度の高い人気商品に行き着くわけです。
男性だけでなく女性の方にも美肌、美髪効果が望める「海乳EX」。これからずっと続けたいという方におすすめ、今日から育毛健康生活始めてみませんか?


圧倒的に亜鉛の配合量が多い「牡蠣のチカラα」。たった1日3粒で16mgもの亜鉛が摂取できます。
たっぷりの亜鉛パワーで身体はもちろんのこと、育毛目的でもお飲みいただけます。亜鉛不足を解消することで抜け毛や薄毛の悩みにしっかりアプローチ。
「瀬戸内海産の牡蠣」「アンデスの女王マカ」「美と健康の源 高麗人参」をミックスすることで、非の打ち所のない最強のサプリメントが誕生。
飲み始めたその日から何倍も何十倍も元気漲る超パワー。原産地にもしっかりこだわり、製造から出荷まで徹底した管理体制をとり安全性と品質にこだわり、安心して長く飲んでいただける商品となっております。
いつまでも若々しくいられると男性だけでなく女性からも支持が高いサプリメントです。そんな高濃度の亜鉛サプリが初回価格980円!!永遠の元気とフサフサの髪のために、ぜひ始めてみませんか?

豪華なパッケージで強烈なインパクトを残す「黒宝 牡蠣王」。金色の箱に1日分を贅沢に一包一包、包んだ高級感漂うサプリメント。
その高級な外見に劣ることなく凄いのが効果。気軽に手に入れることの出来ない高級食材「牡蠣」「醗酵黒にんにく」「すっぽん」の3つの食材を厳選し飲んですぐ身体中が元気に!
食材や製法にもこだわり、牡蠣は栄養満点の瀬戸内海産、にんにくは有名ブランドを更に特許製法で加工し成分を大幅に高めたものを使用、すっぽんは成分の減少を防ぐため丸ごと粉末化し栄養を逃がすことなくギュっと閉じ込めました。滋養強壮や精力増進に目が行きがちですが、育毛に関しても見逃せません。
髪のもとを作り出し、血行を高め栄養をしっかり、毛母細胞に届け発毛促進!!女性の方にも妊活、美髪、健康の面で支持を頂いております。一生の元気と年齢に負けない髪、身体を手に入れたい方ぜひその効果を実感してみてください。

1.亜鉛の量が十分含まれているか
基本中の基本です。亜鉛を摂取するために飲むわけですから摂取量が不十分ですと意味がありませんね。 ちなみに厚生労働省推奨の基準量は、男性→1日12mg女性→1日9mgといわれており、摂取上限は男性→40~45mg女性が30~35mgとなっています。 育毛目的で亜鉛を飲む人は、多い人で1日20~50mg摂取する人もいるようですが、基本的には10mg以上20mg以下がおすすめです。



2.1日あたりの摂取量が適切かどうか
どの栄養素にもいえますが、多く摂取すればするほど良いというわけではないです。過剰摂取により副作用が出る可能性が考えられるので注意が必要です。 亜鉛は比較的毒性が低いので、大きな副作用が起こるリスクは高くないと言われていますが、長期間に渡り過剰摂取を続けた場合は別です。 頭痛、発熱、嘔吐、倦怠感、腎臓障害、神経の障害などが副作用の事例です。 自分の食生活でどれほど亜鉛が摂取できているか、愛飲しているサプリメントがある人は亜鉛の成分が重複していないかなど、服用する際は1粒あたりの亜鉛の配合量にも気をつけつつ用法・用量を守って正しく使用しましょう。 そして、もう一点確認してもらいたいのが、日々の生活でも亜鉛は消費されているという点。 ストレスを感じたとき、疲労が溜まっているとき、射精をしたとき、お酒を摂取したときと何気ない日常で大きく消費されています。 これを踏まえつつ自分に合った1日あたりの摂取量を目指していきましょう。

3.天然原料を選ぼう
販売されている亜鉛サプリの原料を基準に考えると大きく3つに分けられます。
①100%天然の成分から抽出されたもの
②天然の成分に化学合成された原料を混ぜたもの
③100%化学合成された原料を使用したもの
ちなみに天然原料で作られたサプリは、牡蠣や海藻、大豆などから抽出されることが多く、原産地や成育状況までこだわっているメーカーもあります。 化学合成サプリメントは、化学物質を合成したり、構造を変更したりすることで作るサプリメントで、大量生産が可能です。そのため、天然原料のサプリメントは値段が高く、化学合成サプリメントは値段が安くなります。 亜鉛は、もともと体内吸収率の低い栄養素です。原料のほとんどが食材で出来ている天然原料の方が、身体に馴染みやすく天然分子が細胞に適応しやすいため、効果はより感じやすいです。 また、合成サプリの成分は化学物質のため身体に害を与える場合もあるため、値段は少々高くはなりますが天然原料のものを選んだほうが良いでしょう。

4.亜鉛の吸収を高める成分が配合されているか
亜鉛は同時に取る物質とくっついて体外に排出されやすいという一面があり、非常に厄介なんです。 ですが、各種ビタミン、ミネラル、動物性タンパク質と一緒に飲むことで亜鉛の吸収率をぐんと高めてくれます。 一方で、植物繊維やタンニン、シュウ酸は亜鉛の吸収を妨げますので、避けるべきです。サプリ内の成分もきちんと確かめることが大切ですよ。 ちなみに、これらの願いを一瞬で叶えてくれる神食材が『牡蠣』です。 牡蠣は海のミルクと呼ばれ、天然原料として使用されることが多く栄養素がぎっしり詰まっています。しかも亜鉛が一番多い食材と呼ばれ、前述のビタミンやミネラルを多く含んでいます。 牡蠣をメインとしてサプリメントにしている商品が、吸収率も良くおすすめです。

>>亜鉛サプリランキングを見る

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう