ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は効果もすごいが副作用もすごい


そもそもミノキシジルってどんなもの?

元は血圧の薬だった?

育毛に関心がある人なら、ミノキシジルという名前を知っている人も多いのではないでしょうか?ミノキシジルは非常に高い発毛効果を期待できる育毛成分で、薄毛治療を専門で行うクリニックの治療にも取り入れられているものになります。

その高い発毛効果で、薄毛治療の特効薬のような扱いを受けているミノキシジル。ただ、このミノキシジルは意外なことにもともとは育毛剤として開発された成分ではありません。ミノキシジルはもともと高血圧の人の治療のために使われる血管拡張剤として開発されていました。血管拡張剤というのはその名の通り、血管を拡げて血液の流れを良くするという薬です。これにより、血圧を下げる効果が期待されていたのですが、思わぬことにこのミノキシジルを服用した患者に体毛が濃くなるといった副作用が現れました。

この体毛が濃くなる副作用から発毛効果があることが分かったため、ミノキシジルは高血圧の治療薬から転用されて育毛剤として薄毛治療に使われるようになりました。

なぜ髪が生えるの?

髪の毛を生成する役割を果たすのは毛母細胞と呼ばれる細胞です。毛母細胞が細胞分裂することにより、髪の毛の生成が進んでいくことになります。直接的に髪の毛を作る役割を果たしていることもあり、毛母細胞の重要性は言うまでもありません。ただ、実はこの毛母細胞の細胞分裂を活性化させる司令塔のような役割をしている細胞も存在します。それが毛乳頭細胞です。

毛乳頭細胞は成長因子を分泌する役割を持っています。成長因子は細胞分裂を活性化させる力を持つたんぱく質で、成長因子が分泌されることにより、毛母細胞は髪の毛を作る働きを活発化させることになります。毛乳頭細胞が毛母細胞に「髪の毛を作れ!」という命令を出しているイメージです。なので毛乳頭細胞の働きが弱くなると、毛母細胞も自然に髪の毛を作る働きを弱めることになります。

このような毛乳頭細胞の働きを弱める原因に血行の悪化があります。血行が悪化することにより、毛乳頭細胞に必要な栄養素が届かなくなるので、活動が鈍ってしまうのです。実際、薄毛症状に悩むほとんどの人は頭皮の血行が悪いと言う特徴があります。

この頭皮の血行悪化を改善し、血液の流れをスムーズにする効果を持っているのがミノキシジルです。その抜群の血行促進効果で頭皮の血行をあっという間に改善してくれるため、毛乳頭細胞の働きを活性化させるのに非常に高い効果を発揮します。

ミノキシジルが血行を促進し、それにより栄養素が毛乳頭細胞に届くようになる。結果として、毛乳頭細胞の働きが活性化。毛乳頭細胞から髪の毛を作れという指令が活発に出るようになったことで、毛母細胞が盛んに髪の毛を作り始める。これがミノキシジルによって髪の毛が生えるようになるメカニズムです。

どんな薄毛に効果ある?

ミノキシジルは基本的にAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛症状の治療に使われています。AGAは男性ホルモンが活性化して、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質に変化することが原因になって起こる薄毛症状です。このDHTが毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位と結合して、毛乳頭細胞の働きを阻害することが薄毛につながります。

ちなみに、DHTは男性ホルモンの活性化が原因になって分泌されるという説明がなされることが多いですが、実は血行が悪化した場合もDHTの分泌が増えることが分かっています。

では、なぜ血行が悪化した場合もDHTの分泌量が増加するのか。その理由はDHTに血行促進効果があるためです。血行不良の状態になると、人間の体は血行を促進するためにDHTの分泌を促すようになるので、薄毛の原因がどんどん増加していく事になってしまうのです。

つまり血行不良は栄養が行き届かないだけでなく、DHTも増やしてしまうので、ダブルで薄毛の原因となってしまうのです。そのため、ミノキシジルを用いて頭皮の血行を促進することは毛乳頭細胞への栄養供給をスムーズにするだけではなく、DHTの分泌を抑制してAGAの薄毛症状を抑えることにもつながります。

また、ミノキシジルを用いて、頭皮の血行を促進することはAGAによる薄毛症状にだけ効果を発揮するわけではありません。例えば円形脱毛症の改善にもミノキシジルは効果を発揮します。円形脱毛症は広く知られている薄毛症状でその名の通り10円玉のような円型のハゲが出来るという薄毛症状です。実はこの円形脱毛症の原因は現在の医学ではまだはっきりと解明されていません。

しかし、円形脱毛症の原因の一つと考えられているものに血行不良があると言われています。実際、ミノキシジルで血行を促進してやることで、円形脱毛症の症状が大きく改善する場合もあるので、ミノキシジルは円形脱毛症の治療薬としても用いられています。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)のあれこれ

ミノキシジルを錠剤化!

血行促進効果があるミノキシジル、このミノキシジルを錠剤の形で固めたものをミノキシジルタブレットと呼んでいます。ミノキシジルタブレットには2つのタイプの錠剤があります。それぞれの錠剤の違いはミノキシジルの配合量で、5mg配合のものと、10mg配合のものの2つが存在します。

ミノキシジルタブレットでのミノキシジルの服用量は1日10mgまでと規定されており、10mgの錠剤を用いることで最大限の量のミノキシジルを摂取することができます。したがって、5mgと比較すると、10mgの方が効果も高いと言われています。ただし、後述しますが価格も5mgよりも10mgの方が高くなっています。

どこで入手できるの?

さて、このミノキシジルタブレット。実は日本の法律では市販することが認められていません。理由は詳しくは後述しますが、ミノキシジルタブレットにはさまざまな副作用が報告されているためです。とはいっても優れた発毛効果を持つミノキシジルタブレットを服用したいというのは薄毛で悩む人の切なる願いでもあります。

ではどのようにこのミノキシジルタブレットを入手するのかというと、AGAクリニックのような薄毛治療専門のクリニックを受診すると、医師から処方してもらうことが可能です。

ただ、AGAクリニックを受診すると、投薬治療だけでも、月数万円近い費用が掛かる場合もあります。このような費用負担を許容できない人は別のルートでミノキシジルタブレットを手に入れています。それが個人輸入という方法です。

個人輸入と言うのはその名の通り、個人で育毛剤を輸入する方法です。ミノキシジルタブレットは日本の薬局やドラッグストアでは販売が法律で禁止されていますが、海外のドラッグストアなどでは普通に販売されており、購入に医師の処方箋も必要ありません。

このようなミノキシジルタブレットが販売されている海外でミノキシジルタブレットを購入し、国内に持ち込んでそのミノキシジルタブレットを服用するというのが個人輸入です。

だからと言って、自分自身が海外に行く必要はありません。現在は個人輸入を代行する業者が多数存在しており、インターネットサイトを通じて個人輸入の代行を請け負ってくれているのです。

個人輸入代行サイトでミノキシジルの値段をチェックすると、その価格は5mgが100錠で2,980円10mgが100錠で3,380円となっています。ミノキシジルタブレットを処方してくれる代表的なAGAクリニックの料金は5mgが28錠で7,840円10mgが28錠で9,900円です。価格面では圧倒的に個人輸入に分があるのは明らかです。

ただ、安価にミノキシジルタブレットを手に入れることが出来るメリットがある個人輸入ですが、大きなデメリットも2つあります。
1つ目は医師からの処方を受けていないため、副作用などの兆候があった時もそのまま服用を続けてしまい、結果的に症状を悪化させてしまう危険性があるということです。
そして、2つ目のリスクは「医薬品副作用被害救済制度」という制度の適用対象外になってしまうということ。

この制度は対象となる人が医薬品を使ってその副作用によって障害が残る・死亡するといった事態になった場合、医療費や年金を支給してもらえる制度ですが、個人輸入した医薬品はこの制度の対象外になります。したがって、ミノキシジルタブレットの個人輸入を考える時は値段だけを見るのではなく、このようなリスクの可能性も踏まえておく必要があるので、あくまで自己責任で購入しましょう。

ミノキシジル外用薬との違い

ミノキシジルには錠剤タイプのミノキシジルタブレットだけではなく、頭皮に塗る外用薬タイプのミノキシジルも存在しています。外用薬タイプのミノキシジルもミノキシジルタブレットと同様に頭皮の血行を促進する効果があります。

上記ではミノキシジルタブレットについて説明してきましたが、ミノキシジル外用薬を比較すると、外用薬の方が一般的です。なぜなら、個人輸入やクリニックを受診することでしか手に入らないミノキシジルタブレットと違って、ミノキシジル外用薬は薬局やドラッグストアなどで普通に購入することが出来るためです。その代表例がリアップになります。

リアップという育毛剤は盛んにテレビコマーシャルも行っているので、その名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この育毛剤はシリーズ化されており、さまざまなタイプのものが発売されていて、リアップの中でも最もミノキシジルの濃度が濃いのがリアップX5プラスという商品です。リアップX5プラスにはミノキシジルが5%の濃度で配合されています。

リアップX5プラスの1回分の使用量は1mlとなっており、1mlにはミノキシジルが50mg含まれており、使用回数は1日に2回となっているため、1日最大で100mgのミノキシジルが頭皮から体内に吸収されることになります。

これに対して、ミノキシジルタブレットで摂取できるミノキシジルの量は1日最大でも10mgになります。このようにミノキシジルの配合量だけ聞くと、ミノキシジル外用薬であるリアップX5プラスの方が効果が高いように感じられます。

しかし、直接口から摂取して体内にミノキシジルを取り入れることが出来るミノキシジルタブレットと比較すると、頭皮の毛穴からミノキシジルを浸透させるミノキシジル外用薬は効果が薄いと言われています。

頭皮につける場合、毛穴が髪の毛や皮脂などで詰まっている場合はさらに浸透力が落ちてしまうのです。その分ミノキシジルタブレットとミノキシジル外用薬を比較すると、副作用もミノキシジルタブレットの方が強力です。この副作用については後述します。

ちなみに、リアップX5プラスを薬局で購入する場合、その販売価格は1ヶ月分で7,612円になります。これに対してクリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらった場合の金額は5mgが28錠で7,840円、10mgが28錠で9,900円になるので、リアップX5プラスの値段は大体5mgのミノキシジルタブレットとほぼ同額になります。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用

さて、ここまでミノキシジルタブレットについて説明する中で何度か副作用が存在するということについて触れてきました。ここではミノキシジルタブレットが持つ具体的な副作用について説明していきます。

多毛症

ミノキシジルタブレットが高血圧の薬から育毛剤に転用されたきっかけは投与した患者の体毛が濃くなるという副作用が出たためです。したがって、ミノキシジルタブレットには服用することによって髪の毛以外の体毛が濃くなる副作用があることは明らかです。頭皮の血行だけでなく、体全体の血行を促進してしまうため、体全体の体毛の生成がどんどん進んでしまい、結果的に体毛が濃くなってしまいます。

血圧の変動による副作用

ミノキシジルタブレットはもともと高血圧の治療薬だったため、当然ながら血圧を下げる効果もそのまま持ち合わせています。もちろん育毛対策の場合であれば、血圧を下げることを目的として用いられていた時よりは、ミノキシジルを摂取する量は少なくなります。それでもミノキシジルタブレットを飲むことにより、低血圧の症状が出るという副作用がしばしば報告されています。

具体的にはめまい、動悸、眠気、身体のむくみといったものになります。正常な血圧を下げてしまうことにより、低血圧と言っても良い水準まで血圧が下がってしまうことの弊害であると言ってよいでしょう。

初期脱毛

初期脱毛という症状は多くの育毛剤で見られる症状になります。その名の通り、育毛剤を使い始めた初期の段階で髪の毛が激しく抜けてしまうというものになります。この初期脱毛がミノキシジルタブレット服用時には特に激しく出るということが言われています。

ただ、初期脱毛は正確に言うと、副作用とは言えないものです。なぜなら、育毛剤が育毛効果を発揮していることを示すポジティブな兆候であるためです。育毛成分が毛乳頭細胞や毛母細胞の働きを活発化させることにより、新しい髪の毛がどんどん成長するようになるので、その成長してきた髪の毛に押し出される形で古い髪の毛が大量に抜けるのが初期脱毛です。

このようなメカニズムで発生するため、初期脱毛が激しく出るほど良い育毛剤の証と言うこともできます。そして、優れた育毛効果を持つミノキシジルタブレットでは当然この初期脱毛の症状が強く出ることになります。

副作用の出やすい人

ミノキシジルタブレットの副作用の出やすい人としては、タブレット自体に血圧を下げてしまう効果があるので、血圧がもともと低い低血圧の人を挙げることが出来ます。また、高血圧の人でも血圧を下げる薬を使っている人は二重で血圧を下げることになってしまうのでミノキシジルタブレットの副作用が出やすくなります。

肝臓や心臓などの臓器に疾患がある場合も要注意です。ごくまれにミノキシジルタブレットを服用し続けたことにより、肝臓や心臓といった臓器に大きな病気が発生する例が報告されています。これは非常にまれなケースになりますが、発生する可能性は否定できません。したがって、肝臓や心臓に疾患があることが事前に分かっている人は服用を避ける方が良いでしょう。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)他の薬と併用してもいいの?

併用してもいいもの

ミノキシジルタブレットとぜひ組み合わせたい薬があります。それがプロペシアです。プロペシアという医薬品は上記で述べたAGAの原因となるDHTを抑制する効果があります。ミノキシジルタブレットで血行を促進することは、血中のDHTの濃度を下げるのに一定の効果も発揮しますが、あくまでもメインは血行を促進することなのでDHTの発生自体を大きく抑制することではありません。このDHTを抑制することに特化した薬がプロペシアになります。

このプロペシアに配合されているフィナステリドという成分が、DHTを作り出すもとになる5αリダクターゼという酵素の分泌を抑えて、DHTの発生を抑制してくれます。ちなみに、プロペシアのジェネリック医薬品の位置づけになる薬にフィンペシアというものがあります。こちらもプロペシア同様の効果を持っています。

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせはAGAクリニックの投薬治療で用いられる代表的な組み合わせであり、その相乗効果は折り紙付きです。

併用しちゃいけないもの

プロペシアとは正反対で、絶対ミノキシジルタブレットとは併用してはいけない薬もあります。その代表例はさきほど述べた血圧を下げる薬です。血圧を下げる薬を服用しているとミノキシジルタブレットの血圧を下げる副作用が強く出てしまう可能性があります。したがって、血圧を下げる薬を飲んでいる人はミノキシジルタブレットを服用することはできません。

また、血圧を下げる効果があるものは何も薬だけではありません。実はアルコールにも血圧を下げる効果があり、アルコールと一緒にミノキシジルタブレットを服用すると、こちらも同様にミノキシジルタブレットの副作用を誘発する可能性があります。したがって、アルコールとミノキシジルタブレットとの組み合わせも避ける必要があります。

このような血圧を下げる成分と共に、イブプロフェンを配合している風邪薬やロキソニンなどの市販の頭痛薬もミノキシジルタブレットの副作用を引き起こしやすくする弊害があると言われており、これらの薬とミノキシジルタブレットの併用も厳禁です。

まとめ

ミノキシジルタブレットはミノキシジルを錠剤にしたものです。もともとは高血圧の治療薬だったため、血行促進効果は抜群で、多くのAGAクリニックでも処方されている薬です。副作用があることも分かっているため、日本では認可が下りず、薬局やドラッグストアなどでは購入することができません。

したがってミノキシジルタブレットを手に入れたい場合、AGAクリニックを受診するか、個人輸入という手段を取るしかありませんが、個人輸入したミノキシジルタブレットで万が一副作用が出た場合は自己責任となるため、国の救済制度は利用出来ないことも押さえておきましょう。

また、ミノキシジルタブレットの育毛効果は抜群ですが、飲んだその日から育毛効果が出るわけではありません。髪の毛には生え変わりのサイクルというものがあるため、ミノキシジルタブレットの効果が明確に現れてくるのは、3か月を経過した頃になりますので最低でも3ヶ月は使い続けることをおすすめします。

血行を悪化させるような生活習慣を改善せずに、ミノキシジルタブレットの服用をやめると、再び血行が悪化してAGAの薄毛が進行しはじめます。ミノキシジルタブレットで育毛効果が出ているうちに根本的にAGAによる薄毛が進行しないような生活習慣を身に着けておき、薄毛のリバウンドを起こさないように注意して、上手く活用していきましょう。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう