育毛剤の有効成分一覧@化学成分|天然成分で最大限の育毛効果

最近、抜け毛が目立ってきて前頭部や頭頂部が薄くなってしまっている…という方もいるのではありませんか?
そんな方は自己対策的なものを取り入れているケースも多いでしょう。ただし天然成分系の物を利用したけど効果が出なかった、という方もいるのではないのでしょうか?

例えば竹酢液やアロエ酒、みかん酒などの民間療法的な育毛剤もありますよね。しかし、それらを使っても頭皮がかぶれてしまったり回復しなかった、という方がかなり多いのは事実です。今回は化学成分が配合されている育毛剤についてお話します。化学成分の有効性や安全性といったものを明らかにするので、薄毛に悩んでいる方は必見です。

育毛の有効成分

■育毛における有効成分ってなんだ?

seibun002

育毛剤の表示を見ると、

・有効成分
・育毛成分
・天然成分

など様々な表現が使われていることがわかります。しかし、有効成分は育毛成分や天然成分とは一線を画しているものです。
有効成分とは【医薬品成分であり一定量であれば育毛剤へ配合でき、育毛効果があると厚生労働省から認められている成分】のことを指していて、機能性が高く公的機関からその効果が認められているものを指しています。

一方の育毛成分や天然成分は厚生労働省から効果を認められているわけではなく、医薬品系の成分でもありません。育毛に直接関係しない機能のあるものも、その中には含まれていると考えられるわけです。ちなみに天然植物から抽出されたエキスの中でも漢方薬として日本薬局方に記載されている成分に関しては、有効成分として認められるケースもあります(ニンジンエキスなど)。

・有名な有効成分とその効果について

センブリエキス
リンドウ科の植物であり、お茶としても有名なセンブリのエキスです。 飲むと苦味がありますが、育毛剤に含まれているので味を気にする必要はありませんし、昔から民間薬として利用されており、特に胃腸などの薬として活用されてきました。 育毛効果としては血行促進があり、頭皮の血行を促進し毛母細胞を活性化させるような効果もあるとされています。
ジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)
抗ヒスタミン剤で、アレルギーの発生を抑える効果があるものとして、育毛剤以外にもヘアケア製品(シャンプーやリンス)に配合されていることが多いです。 育毛効果としては、血行促進や消炎作用、さらに抗アレルギー作用があります。
グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)
植物の甘草からできた有効成分で、古代エジプトの時代(4,000年前)から薬草として利用されてきた歴史があります。 育毛効果としては抗炎症作用があり、頭皮に炎症が発生するのを抑え、髪の毛が生えやすい状態にしてくれるのです。

育毛には化学成分より天然成分の方がいい?

■天然成分のメリットデメリット

seibun003
【メリット】
安全性が高いというメリットがあります。 自然にある植物のエキスをそのまま利用しているので、頭皮などに負担をかけるケースが圧倒的に少ないのです。 安全性が高い育毛剤を利用したい、もともと頭皮環境が悪いので刺激の強い成分が入っている育毛剤は避けたい、という方は天然成分のみを含んだ育毛剤の利用がおすすめです。
【デメリット】 効果が弱いというデメリットがあります。 天然成分には強い育毛効果があるわけではありません。 作用に関してはかなり緩和されているものなので、高い育毛効果を期待するというよりは、 どちらかと言うと薄毛予防を目指している方には、天然成分がおすすめと言えるかもしれません。

・化学成分のメリット
高い育毛効果が認められているので、利用を継続することで何かしらの良い結果が生まれます。髪の毛をしっかりと生やしたいと思って育毛剤を利用するわけですから、しっかりとした育毛効果が得られる、より高い育毛効果を持った成分が配合されている育毛剤を利用すべきです。

・育毛剤は化学成分が配合されたモノを選ぼう
天然成分を否定しているわけではありませんが、育毛剤を利用しようと思っている方は薄毛を改善したいと思っているはずです。天然成分のみですと、薄毛の予防効果はあるかもしれませんが改善させるまでには至らないことがほとんどです。髪の毛を太くしたり長く成長したりしたいと願うのであれば、化学成分が配合されている育毛剤を有効活用しましょう。

seibun004

育毛有効成分はどんな手段で摂ればいいのか?

■育毛シャンプーでは摂取できない!

育毛シャンプーの中にも確かに育毛有効成分が配合されているものはありますが、シャンプーだけではその力を生かすことは出来ません。シャンプーはずっと頭皮につけておくことは出来ませんし、洗浄成分を長時間頭皮につけておくと刺激になってしまい痒みやフケ、そして炎症の原因になってしまうことも。そもそもシャンプーをしたらしっかりとすすがなといけないので、せっかくの有効成分も洗い流されてしまうのです。ですから育毛シャンプーでは有効成分が入っていたとしても、なかなか効果を実感するのは難しそうです。

・医療機関は効果が高いが完全に治すまでにお金が大量にかかる
医療機関であれば、有効成分よりもさらに効果が高いとされるミノキシジル製剤(ロゲインなど)やフィナステリド製剤(プロペシアなど)を摂取できますし、臨床試験も実施されており、多くの方に発毛効果があると認められているものを利用できます。

しかし問題が2点あり、まずは副作用があるというところです。ミノキシジル製剤に関しては、低血圧や頭皮環境を悪化させる恐れがあります。そして、フィナステリド製剤に関しては性的な影響(勃起不全など)も指摘されているのです。

もう一つは費用の問題で、医療機関で治療を受けると月に30,000円程度の費用がかかってしまいます(オーダーメイド治療薬の利用時の費用相場)。定期的に血液検査なども受なければならず、年間で40万円から50万円近くの費用がかかってしまいますので、10年間治療を続けると400万円から500万円の出費を覚悟しないといけません。

seibun005

・育毛剤が最もコスパが良い
育毛剤には2種類や3種類の有効成分が配合されているが多く、育毛に対する効果が十分に期待できますしそれでいてコストパフォーマンスもかなり良いのです。育毛剤の価格は、ものにもよりますが、基本的にひと月あたり10,000円前後となっています。医療機関で治療を受けるよりも圧倒的に安価ですし、仮にひと月あたり10,000円としても年間で12万円で、10年間使用するとしても120万円です。毎月10,000円程度の料金のなので、医療機関の治療と比べると大きな負担になることはありません。

どんな育毛剤を使うべき?

■安全性も考慮するとブブカがおススメ

一般的な育毛剤には化学成分系の有効成分が含まれているので、安全性を気にしている方もかなり多いと思います。確かに化学的な成分を含んでいるということは、何かしらの副作用が起こってしまう可能性もあるわけですが、一方で化学成分が配合されていても安全性が極めて高い育毛剤もあるのです。ブブカは業界で初めて(2015年6月現在)アルコール(エタノール)を大幅にカットすることに成功しました。アルコールには揮発性があり、頭皮に塗布すると刺激にもなってしまうわけですが、ブブカには防腐剤として0.02%しかアルコールが含まれていません。圧倒的な効果と極めて高い安全性を確立しているブブカは副作用があって育毛剤を敬遠していた方にもおすすめできます。

seibun006
ブブカがおススメな理由
・育毛有効成分を3つも配合している
・46種類物育毛成分を配合している
・圧倒的な浸透力を誇っている
・無添加・無香料である
【有効成分について】
・センブリエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
・塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)

育毛有効成分が3つも配合されており、育毛を促進させ脱毛を予防するような機能性が高い育毛剤となっているのです。
血行促進作用に抗炎症作用、さらに抗アレルギー作用などがブブカを利用すれば得られます。

【多数の育毛成分について】
・育毛有効成分・・・3種類
・育毛サポートエキス・・・8種類
・頭皮ケアサポートエキス・・・9種類
・アミノ酸・・・10種類
・その他・・・16種類

ブブカは、ただ育毛有効成分だけを含んでいるのではなく、他にも様々な効果を持っている成分を配合しているのです。育毛有効成分を支える成分を多数配合していると言ってもよいかもしれません。例えば男性型脱毛症に対応できるオウゴンエキスも配合していますし、有効成分とされることもある血行促進作用のあるニンジンエキスまで含まれているのです。

【高い浸透力について】
上記したような素晴らしい成分が配合されていたとしても毛穴の奥まで浸透できなければ意味がありません。ブブカに関しては、ナノレベルの細かな水の分子を採用しているので、有効成分や育毛成分が毛穴の奥まで入り込み高い効果を発揮してくれるわけです。毛母細胞により近い部分で効果を発揮してくれるのがブブカです。

【無添加・無香料について】
添加物と香料はアレルギーを引き起こす可能性があり、頭皮に問題を引き起こしてしまう可能性があります。しかし、ブブカには添加物や香料は一切含まれておりません。化学的な成分を含みつつも安全性が極めて高い育毛剤なのです。

・塗布の頻度や方法について

1日あたり2回利用してください。塗布に関してはなるべく頭皮全体にまんべんなくしましょう。1日あたり1回の塗布だと、効果が発揮されていない時間が出てきてしまうので、1日あたり2回利用して効果が発揮されている時間を少しでも長くする必要があるのです。
そして、薄毛は進行するものです。薄い部位や、その周辺だけではなく、頭皮全体にまんべんなく塗布するのがおすすめです。

seibun007

・ブブカの効果をさらに高めるために

ブブカは効果が高い育毛剤ですが、それだけに頼るのではなく、ブブカの効果を高めるような生活主観を実施しましょう。

効果を高める方法
・定期的に運動をする ・入浴を毎日実施する ・頭皮マッサージを行なう ・暴飲暴食を控える
運動や入浴、そして頭皮マッサージに関しては血行に関わっています。頭皮の血行を高めることができれば、毛母細胞に送られる血液量も増え、髪の毛のツヤやコシが回復するようになります。
そして、食事対策も重要です。アルコールの摂取や甘いものや肉の摂取は頭皮の皮脂の量を増やしてしまい、頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあるので、育毛をしたいのであれば食生活も適切なものにしなければなりません。

bubkabotan

育毛剤有効成分のまとめ

育毛剤は天然成分だけでは効果が弱く、薄毛を改善させるのは難しいでしょう。
化学的な有効成分が配合されている育毛剤を利用するということが極めて重要になってくるわけですが、そこで注目していきたいのがブブカです。
化学的な有効成分を配合しているのですが、安全性も極めて高いとの特徴があり、頭皮環境を改善させるような成分が配合されているので、敏感肌や乾燥肌の方が使ったとしても問題になるようなことはありません。「育毛剤を利用するのが不安。でも少しでも効果が高いものを利用したい。」と考えている方はブブカの利用を検討されてはいかがでしょうか。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう