産後(妊娠中)抜け毛対策※妊娠後はいつまでに元通りになるのか?


妊娠中・産後は抜け毛が多い時期

sango001

妊娠出産は私たちの体と心に大きな変化をもたらします。すでに経験している人は分かるかもしれませんが、体型だけではなく食べ物の趣味、考え方、などなどこれまでとは180度変わってしまうという人も少なくありません。

そんな中で7割以上の女性が経験すると言われているのが「大量の抜け毛」です。「季節の変わり目の抜け毛とは比べ物にならない量が毎日抜けている」「毎日ちょっとした部分ウィッグなら作れそう」という人が少なくないようです。何も知らずにあの抜け毛を見たら「悪い病気かもしれない」と驚くほどの量が毎日抜けます。毎日掃除機をかけても、髪の毛が部屋中に散乱しているので、白いフローリングの家に住んでいる人はコロコロが手放せませんし、酷い時は掃除機をかけている最中も抜けるので、発狂しそうになるほどです。

sango002

実際に私も経験しましたが、生まれて初めてあんなに髪の毛が抜け、生え際を筆頭に全体の髪の毛が薄くなりすぎて、どうしようもなくなり帽子が手放せなくなりました。私の周りの出産経験者も「生え際がベジータみたいになった」、「風呂場の排水溝が毎日詰まる。これまでは10日以上掃除しなくても余裕だったのに」と言っていました。

もちろん個人差があって「全然抜けなかったよ♪」という人もいますが、ほとんどの出産経験者が抜け毛を経験しており、抜け毛や薄毛に悩んでいます。ちなみに、私の知っている限り、「抜けなかったよ」と言っている人も髪の毛の質はかなり劣化して、ハリやコシがなくなって全体的に老けた雰囲気が拭えていませんでした。

妊娠中・産後に抜け毛が増える原因とは

妊娠出産で髪の毛が抜ける理由は「体の老化」ではなく、ホルモンバランスの変化なんです。妊娠期間中の抜け毛と産後の抜け毛、それぞれの原因をまとめてみました。

sango003
妊娠期間中の抜け毛の原因
妊娠中の抜け毛の原因はプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量の増加です。
プロゲステロンは髪の毛の成長を促す働きがありますが、妊娠初期は分泌量が急激に増加するため、体がびっくりして髪の毛の生える周期が乱れてしまうことがあります。本来であれば、プロゲステロンが増加すれば髪の毛は増える傾向にありますが、急激な増加に体がついていけない人が一定数いるのです。髪の毛が抜けても赤ちゃんに悪影響はありませんし、栄養不足のせいでもありませんので自分を責めないようにしましょう。
産後の抜け毛の原因
産後の抜け毛の大きな原因は女性ホルモンの分泌量の急激な低下です。妊娠期間中は女性の体が赤ちゃんを育てるためにエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを大量に分泌します。
これらのホルモンは赤ちゃんを育てるために必要なものですが、髪の毛の成長を促したり、発毛を促したりする役割もあります。しかし、これらのホルモンは出産後、通常の分泌量に戻すために急激に分泌が低下します。
すると、女性ホルモンが大量に分泌されることで保たれていた髪の毛たちは急に抜け落ちて、新しい髪の毛も生えにくくなるのです。決して「妊娠出産によって老けた」わけではないので、心配しないでくださいね。

妊娠中・産後に抜け毛は自然に治る?

自分でもドン引きするぐらい抜ける髪の毛・・・。いつまで抜け続けるのか心配になってしまうものですが、安心してください、ほとんどの人が妊娠中・産後の抜け毛は自然に治まります。昔から「赤ちゃんの首座りから腰座りまで」が抜け毛のピークと言われています。毎日かつらが作れるんじゃないかと思うほど抜けるのはこの時期で、それを過ぎると少しずつ抜け毛は少なくなってきます。

sango004

ただし、元通りになるには2年以上はかかるので覚悟してください。抜け毛が治ったと思うのが産後1年頃で、そして生えそろうのが2年です。
最初はホワホワした産毛が生えてきてそのうちツンツンとその存在を主張し始めます。芝生のように直立しますのでかなりヘアスタイルに気をつけなければ不自然な状態になってしまうので、ヘアアレンジには自信がある人以外は帽子が手放せない時期になることでしょう。この時期を過ぎると少しずつ生えてきた髪の毛が寝るようになり、また色々なヘアスタイルを楽しめるようになりますよ。

産後の髪質アップのために妊娠中・産後に積極的に取り組むこととは?

産後の抜け毛は自然に治るもののその後生えてくる髪の毛の量や質は妊娠中や産後にどれだけ気をつけるのかによって左右されます。ここでは誰でも簡単に実践できるように簡単な髪質アップの方法をまとめてみました。妊娠出産の時期はただでさえ肉体的にも精神的にもストレスが溜まりますので、無理のない範囲で試してみましょう。

バランスの摂れた食事

お腹の赤ちゃんのため、母乳育児のため、そして元気に育児を乗り切るために必要なのはバランスの良い食事です。3食きちんと栄養バランスを考えた食事をとることが大切です。とはいうものの妊娠中はつわりや、不快感、不安、仕事との両立などでそれどころじゃありません。

出産直前は体が重いし、夜は前駆陣痛で眠れない日もあり、完璧な食事を作ることはなかなか難しいですよね。だから、「タンパク質」と「ビタミン」を効率良く摂取することを心がけてみてください。納豆や豆腐、お肉や魚、などを毎食1つ取り入れるだけで大丈夫です。

sango005

ビタミンは野菜からとることが望ましいですが難しいようならサプリメントでも構いません。妊婦さん向けのビタミンサプリメントであれば、赤ちゃんに必要な栄養を届けることができるので一石二鳥です。出産後は、とにかく「食べること」を忘れないようにしましょう。

夜間の授乳や寝かしつけ、夜泣き対応などで自分の時間なんて全く取れず、ご飯を食べる暇もないこともしばしば・・・。本当に自分に構っていられず大変な時期ですよね。おにぎりでもうどんでも、パンでもいいのですぐに食べられる食べ物を用意しておきましょう。炭水化物だけだと栄養が偏ってしまうので、納豆ご飯にしたり、パンにチーズをのせたり、うどんに卵を入れたりしてタンパク質も忘れずに摂取するとともに、ビタミン不足が気になる方は妊婦さん向けのビタミンサプリを飲むと良いでしょう。

出産後3ヶ月は栄養バランスも大切ですが、体と心を休めることも大切なので、全てを自分一人で抱え込まず上手に手抜きをして既製品のものに頼るなどして、しっかりと食べることだけに注力してくださいね。

育毛剤などを使い髪を育てる
sango006
髪の毛は内側から、そして外側からケアすることで、育てることができます。先ほどご紹介したバランスの良い食事も大切ですが、一番手っ取り早いのは育毛剤です。育毛剤は髪の毛に直接必要な栄養を届けるので、食べ物で栄養を摂取するよりも効果が早く現れやすいようです。良質なタンパク質やビタミン類を直接、頭皮に送り込むことで髪の毛を作る毛母細胞が活性化するからです。栄養バランスが完璧な食事を作るのはかなり大変ですが、育毛のためにプロが考えた成分が配合されている育毛剤は頭皮にかけてマッサージするだけなのでそれほど手間がかかりません。

育毛シャンプーを使う、という人も少なくありませんが、育毛シャンプーだけでは残念ながら髪の毛を育てることはできません。頭皮の環境を改善して、「髪の毛を生えやすくする」というだけで髪の毛が生えるように頭皮に働きかける訳ではないので、育毛シャンプーを使うのであれば育毛剤とセットにすることをおすすめします。

妊娠中・産後でも安心して使える育毛剤とは?

妊娠中、産後に気になるのは「育毛剤は赤ちゃんに悪影響があるのでは?」という点ですよね。妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに育毛剤成分が届いてしまうのでは、と心配になりますし、産後は母乳から移行するのでは、と不安になります。

また赤ちゃんがママの髪の毛に触った時の影響も気になるものです。だから、妊娠中、産後に使う育毛剤はできるだけ天然成分で構成されていて、無添加、無香料のものを選びたいものです。最低でも石油系界面活性剤、パラペン、シリコン、タール系色素、合成香料などの刺激が強い成分が含まれていないものを選ぶ必要があります。

おすすめの育毛剤

sango007

「妊娠中、産後の大変な時に成分表示までしっかり調べられないです!」「成分表示を見てもよく分からない!」という方のために、無添加、無香料、天然成分配合のおすすめ育毛剤を1つご紹介します。
「ベルタ育毛剤」です。
なぜベルタ育毛剤をおすすめするのか、というと作っている会社の信頼性です。ベルタ育毛剤を作っている会社はプレママ向けの葉酸サプリや妊娠線予防のマザークリームも作っています。妊娠中、出産後の女性の体を知り尽くしている会社が作っているので、赤ちゃんへの影響について心配することなく使い続けることができるのです。

成分を他社と比較したところ、天然成分の配合割合はトップでした。実際のところ、私にはかなり効果がありましたが、個人差があるので送料無料で初回特別に50%OFFで、全額返金保証のある定期パックで購入することをおすすめします。

それから、これは成分や効き目と関係ないのですがボトルの可愛さもおすすめポイントです。育毛剤を使うことに抵抗を感じている女性も多く、そんな女性ににとっては見た目も育毛剤を選ぶ重要なポイントになります。ベルタ育毛剤のボトルは「高級美容液」みたいで洗面所やドレッサーに置いてあっても気になりませんし、逆に使うのがちょっと楽しみになるようなオシャレなボトルです。女性にとって見た目って結構大事ですよね。
育毛剤は毎日使い続けることが重要なので、ベルタ育毛剤の外観は「楽しく続けること」を促してくれます。

beltakousiki

まとめ

妊娠出産で約7割の人がホルモンバランスの変化が原因で大量の抜け毛を経験します。ホルモンバランスの変化自体は妊娠出産のために必要なものなので予防することはできませんが、食事や育毛剤によって抜け毛を減らしたり、生えてくる髪の毛の質を向上することは不可能ではありません。

特に出産後は食事に気をつけることが難しいので栄養サプリなどを併用しながら育毛剤を使ってケアすることをおすすめします。髪の毛の悩みで大切な睡眠時間を削り、ストレスを溜めるより早めに育毛剤で対策をしておきましょう。ベルタ育毛剤のように、無添加、無香料、天然成分配合の育毛剤であれば妊娠中、出産後、授乳中も安心して使い続けることができますよ。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう