【SOS】頭皮のかゆみの原因とは|正しい対策で痒み知らずの頭皮へ

痛みは薬で我慢できても、かゆみはどうしても我慢できずについ掻きむしってしまいますよね。蚊に刺されなどと違い、頭皮のかゆみは原因の特定が難しく解決しようにも何をどうケアすればいいのか悩むところです。実は頭皮の皮の厚みは、お顔よりも薄く非常にデリケートで悩みを抱えやすい場所。間違ったケアをしてしまうと更にかゆみは進行し悪化していきます。今回はそんな辛い頭皮の悩みの原因と、正しい対策法をお教えします。

頭皮はとてもデリケート

皆さんは、頭皮について意識をしたことはありますか?顔やボディなどのスキンケアには一生懸命でも、頭皮ケアは見落としがちな方が多いですよね。頭皮は、皆さんが思っている以上にデリケートで、体の中で最も皮脂の量が多く顔の中で最もテカりやすいTゾーンの2倍以上の皮脂腺がありべとつきがちです。

また、頭皮は皮膚が薄く、その厚さは1.47mm。薄いといわれる顔の皮膚で1.53mmなので、少しの刺激でもダイレクトにダメージが伝わりやすく、バリア機能も弱いためトラブルを起こしやすいのです。さらに、髪の毛に覆われた頭皮は汚れが溜まりやすく、外部に常にさらされる状態なので細菌が繁殖しやすい環境であり、トラブルを起こしていてもそれに気づきにくいのでそのまま放置してしまいがち。

炎症がどんどん進行し、気づいた時には深刻な悩みとなってしまうケースも少なくありません。炎症を起こしているとさらに敏感になりやすく、余計かゆみを引き起こすので、負のスパイラルをたどり続けることとなってしまいます。だからこそ、自覚症状を感じたらすぐに何らかの対策をとることが必要です。

かゆみを感じるメカニズム

頭皮のかゆみは、比較的ポピュラーなトラブルで多くの人が一度は感じたことのある症状です。では、かゆみはどうして起こるのでしょうか。かゆみを感じるというのは、頭皮に何らかの問題を抱えている証拠。ストレスや暴飲暴食によるものだったり、シャンプーやリンス、紫外線や外気による刺激、乾燥など様々な原因から頭皮が肌荒れを起こし、トラブルとなります。

頭皮には、皮脂と常在菌であるマラセチア菌が混在しており、普段はそのバランスをうまく保っています。これが、様々な要因でそのバランスを崩すと、地肌のターンオーバーが乱れ、角質が早く剥がれることによる地肌の違和感がかゆみを引き起こしたり、マラセチア菌が異常繁殖することで排出される脂肪酸が頭皮への刺激となりかゆみを感じさせます。
マラセチア菌は、誰の皮膚にも存在する菌で湿気や皮脂を好みます。

特に汗をかきやすい夏やシャンプーで汚れを落としきることができていない頭皮環境は、マラセチア菌にとって好都合そのもの。頭皮のかゆみは、一時的なものが多いのですが、頭皮のケアが十分でないと慢性化したかゆみとなり、症状が深刻になると頭皮湿疹へ進行します。

頭皮湿疹とは、頭皮の病気です。かゆみの症状が現れると同時に、小さい湿疹や頭皮の赤みと炎症、吹き出物やニキビの他、皮膚の乾燥が酷くフケが止まらないなどの症状が現れます。例えば、かゆみで頭皮を掻きむしると、それがかさぶたとなり、傷がついた頭皮や毛穴から細菌が入り込み、いつまでも症状が改善しないといった負のサイクルに陥るわけです。

これを放置していくと細菌がどんどん増殖していくばかりでなく、皮膚のバリア機能が弱まって毛根が萎縮し、抜け毛や薄毛の原因へと繋がってしまいます。髪の毛に覆われていることで、実際に本人が気づいてない場合も多く、強いかゆみや痛みでようやく症状に気付いた時には、すでに深刻化しているということも多いのです。

かゆみを感じる4つの要因

では、何が原因で皮脂とマラセチア菌のバランスは崩れてしまうのでしょうか。大きな要因の4つをご紹介します。

①刺激
一つが頭皮への刺激です。カラーリングやパーマで使われる薬剤は、頭皮にとって大きな刺激となり、頭皮がもともと弱い人はもちろんですが、日焼けや乾燥により頭皮が敏感になっているときにはいつも以上にダメージが大きくそれが炎症になる場合があります。
②洗い残し
シャンプー、コンディショナーの洗い残しも大きな原因の一つです。シャンプーに配合される合成界面活性剤は、皮脂汚れをしっかりと落としてくれますが、洗浄成分が強いため地肌に残ることで刺激になります。また、シャンプーの洗い残しで毛穴に汚れが詰まって毛穴が狭くなり、新たな髪の毛が曲がって生えることでクセ毛になることもあります。
③皮脂の過剰分泌
かゆみは、皮脂が多く分泌されることでも起きやすくなります。脂質の多い食生活・ストレスなどで皮脂が過剰に分泌されると、頭皮がべとついて毛穴が詰まるため、毛穴から皮脂と一緒に分泌されるはずの老廃物が排出されなくなってしまいます。酸化した皮脂は肌へ刺激を与え、そこから炎症に繋がってしまうのです。また、皮脂が過剰に分泌されることにより、皮脂を好む常在菌(マセラチア菌)などの雑菌が増加します。マセラチア菌が皮脂を分解するときに発生する脂肪酸は、炎症を起こす原因になるので、トラブル回避のためにも頭皮環境は清潔に保っておくことが大切です。
④乾燥
難しいもので、あまりに乾燥しすぎている状態も頭皮にはよくありません。乾燥が進み、皮膚のバリア機能が低下すると、少しの刺激でかゆみが生じるようになります。過度な洗髪や温度が高めのお湯での洗髪は、必要な皮脂までもすべて洗い流してしまう可能性があり、頭皮だけではなく髪の毛にも潤いを保つことができなくなります。ドライヤーで乾かした後にかゆみが出る場合は、乾かしすぎによる乾燥が原因。温風を当て続けることは、髪の毛や頭皮を乾燥させるだけでなく頭皮へのダメージになります。

かゆみが悪化する前に頭皮ケアで改善を

シャンプーを見直そう

頭皮のかゆみを感じたのであれば、早めに対策をするのが解決への近道。まずは、シャンプーから見直してみましょう。おすすめはアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸は、私たちの体を作るたんぱく質のもととなる成分なので、洗浄力が優しく、頭皮が敏感な方にも刺激が少ないのが特徴です。もちろん、頭皮への負担も少なく乾燥しにくいというのもメリットです。かゆみだけでなく、乾燥によるふけなどに悩んでいる人には特に試してみてほしい方法です。

そして乾燥対策といえば、ドライヤーの使い方にも気をつけましょう。塗れたままはもちろんNGですが熱風の当てすぎにも注意が必要です。70~80%ほど乾いたら、冷風に切り替え乾かしていきましょう。こうすることで乾燥しすぎることを防ぎ、キューティクルが閉じて固まることで髪のツヤまで出ます。

正しく洗髪しよう

一番良いのは2~3日に1度洗うのが良いと言われていますが、ヘアセットで整髪料を使い髪が汚れていたり、洗わないと臭いが気になったりとそうはいきませんよね。だからこそ、正しい方法で洗髪することで、格段と頭皮の状態は良くなります。大切なのはしっかりと汚れを落とすことで、シャンプーをつける前に、体温に近い38度くらいのぬるま湯で髪と頭皮を洗い流すといいでしょう。これだけでも汚れの大部分は落ち、整髪料もお湯で溶け、流れやすくなります。

コンディショナーは、頭皮につけると毛穴が詰まる原因になるので、毛先部分にのみ使用するのがおすすめ。シャンプーもコンディショナーもしっかりすすぐことが大切です。
洗髪後は、塗れた状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすいので、できるだけ早いタイミングで髪の毛を乾かしましょう。タオルドライは、頭皮に刺激を与えないようトントンと抑えるようにふき取り、ある程度水分を取ってからドライヤーの風を当てます。温風と冷風をうまく使い分け上手に乾かしていきましょう。

食生活も注意しよう

健康な頭皮のためには食生活が大切なポイント。炭水化物ばかりであるとか、ファーストフードなど添加物の多い食事を続けるなど栄養バランスの悪い食生活が続くと、ビタミンが不足して頭皮環境が悪くなります。そのままでは、かゆみに止まらず様々な原因を与えることになります。おすすめの食べ物は、良好な頭皮状態や髪の毛の成長に欠かせないミネラル・亜鉛を多く含むレバーやうなぎ、さんま、鯖などの魚類や、ごま、にんにく、豆乳やビタミンを多く含むもの。炭水化物ばかりではなく、野菜やフルーツをしっかり摂ることも大切です。

頭皮マッサージ

頭皮は血液の流れが滞ると固くなり、髪の毛に運ばれる栄養が届きにくくなります。そこで頭皮マッサージを取り入れることで、血行を促し肌のターンオーバーを正常化させ、頭皮の新陳代謝を高め、栄養を髪の先まで行き届けることが可能になります。肌の内側に栄養を行き渡らせることで、頭皮環境の改善を図るだけでなく、ツヤやハリのある触り心地の良い美しい髪へ改善することができます。ただし頭皮マッサージは長くしすぎると頭皮の負担になるため、5分くらいを目安に行うのがおすすめ。お手洗いに行った時や、ちょっとした休憩時間など短時間で気軽に行ってみてください。

5分間でできる育毛頭皮マッサージ@お手軽な薄毛対策と若ハゲ予防

2017.03.22

保湿剤が万能

シャンプーを優しいものに変えてもどうしても乾燥するという場合は、頭皮に化粧水を使用してみましょう。頭皮も皮膚の一部ですから、スキンケア感覚でお風呂上りなどに少しなじませると、乾燥が和らぎます。

ただし、水分を与えるだけだと、時間が経つとそのまま水分が飛んでしまって乾燥が酷くなる恐れがあるので、ある程度保湿成分が含まれたものを使うのがおすすめ。頭皮は顔と比べて皮脂腺が多く、ローションやオイルなどを使用すると毛穴が詰まりやすくなるため、油分の多いものは避けるのがベターです。最近では、頭皮専用の化粧水や美容液がたくさん発売されており、ヘアケアと共に頭皮ケアへの注目度が高まっています。

簡単で効果が表れやすい対策はコレだ

頭皮のかゆみを改善するには、食事や洗髪方法の見直しなど様々ありますが、なかなか時間を要するものが多いのがデメリットです。すぐにかゆみを改善したいという人におすすめなのが、化粧水や美容液などの保湿剤を使用すること。ご紹介した改善方法の中で比較的効果が早く表れやすく、頭皮の保湿の他に、雑菌などの繁殖を防ぎ、根本的なかゆみの解消をするのに効果的です。

頭皮ケア商品への注目が高まっている中で人気の商品が、頭皮のかゆみやフケを押さえ、改善に導いてくれる「すこやか地肌」という頭皮トラブル専用美容液。

実はこの商品は、頭皮のかゆみに悩まれ続けた研究者が開発したもので、13種類の植物エキスを配合し、無添加・無香料・保存料ゼロと無駄なものは一切使用せず、美容成分99.6%と頭皮に優しい処方でありながら、頭皮環境改善の効果が高いというのが最大のメリットです。

サクラ葉エキスで炎症を押さえてかゆみ改善し、天然成分ワサビ根醗酵エキスで雑菌の繁殖を防ぎながら、頭皮へ潤いを与えてバリア機能を高める5つの保湿成分を配合し、自然生まれのトリプルケア(抑える・防ぐ・守る)成分で健やかな頭皮に導きます。

徹底管理された国内工場で製造されていることやアレルギー試験を済ませていることなど、安心できる要素も多く、2015年モンドセレクションでは銀賞受賞、2016年1月には有名女性雑誌『美ST』に掲載されるなど、多くの人がその効果を実感している信頼の商品です。シャンプーを変えてもダメ・・・専門家に相談しても分からなかった・・・いろいろな対策を施したのに効果を得られなかったという人にぜひ試してほしい商品です。

初回特別価格は、始めやすい1,980円(税別)。だけど、自分に合うか不安だという方にも安心の45日間全額返金保証があるので気軽に試してみることができます。かゆみ、フケ、乾燥、赤みなど、辛い悩みを今すぐ改善したいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。


>>すこやか地肌公式サイトはこちら

まとめ

頭皮のかゆみにお悩みの方は、食生活やヘアケア方法、シャンプー・リンスを替えるなど身近な生活習慣を見直してみましょう。できるだけ短期間ですぐに効果を実感したいという方は、化粧水や頭皮専用の美容液で保湿をするのがオススメです。何を選べばいいか悩んでしまう方は、今回ご紹介した「すこやか地肌」をぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

ただし、あまりにも症状が深刻だったり、化粧水が染みるという方は、一刻も早く病院へ行き医師へ相談しましょう。頭皮のかゆみは、誰しも一度は抱えたことがあるポピュラーなものですが、重症化すると頭皮湿疹にかかってしまったり、薄毛や抜け毛を招いたりと、大問題へ発展しかけませんので、素早い適切な対応が重要です。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう