【女性の薄毛が目立たない髪型】頭頂部も安心ヘアースタイル提案!

ヘアスタイルやアレンジでなんとか薄毛をカバーできないか、試行錯誤している女性は少なくありません。「あの人、髪の毛がたくさんあっていいなあ」と思っていたら、実は薄毛カバーアレンジで多く見せているケースもあるんですよ。そこで、タイプ別の薄毛カバーアレンジやヘアスタイルをまとめてみました。帽子で隠すのもいいですが、オシャレに薄毛を楽しんでくださいね。

まずは女性が薄毛になる原因を知ろう

薄毛向けヘアアレンジ、スタイルをご紹介する前に女性の薄毛の原因を簡単にご紹介します。女性の薄毛の原因は大きく分けて二つ、「ホルモンバランスの乱れ」「頭皮へのダメージ」です。

・ホルモンバランスの乱れ
代表的なホルモンバランスの乱れは、妊娠出産更年期です。女性ホルモンの分泌バランスが急激に変化するため髪の毛が抜けやすくなってしまいます。特に出産後3ヶ月から7、8ヶ月までの抜け毛は尋常ではありません。

kami002

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛や薄毛は自分の意思で変えることはできないので、ストレスをためずに乗り切ることが大切です。またストレスによってもホルモンバランスは乱れてしまうので、日頃からストレスをためこまないようにしましょうね。規則正しい生活とバランスのとれた食事も重要です。

・頭皮へのダメージ
頭皮へのダメージは、シャンプーやカラー、パーマ、エクステ、紫外線、整髪料、などによって蓄積されます。特に乾燥する季節は頭皮の水分バリアが失われるため外的ダメージを受けやすく抜け毛を助長させます。かといってシャンプーの後、しっかりと乾かさないで寝るとかえって頭皮の乾燥がひどくなるだけでなく、雑菌が繁殖し炎症を起こす原因にもなりますので気をつけましょう。

シャンプーを1日に何度もしてしまうのもNGですが毎日洗わないのもよろしくありません。
1日の汚れはその日のうちにキレイに落としておかなければ、毛穴が詰まり髪の毛を作る細胞に栄養が行き届かなくなってしまいます。できれば毎日寝る前にシャンプーをしてしっかりとドライヤーで乾かしましょう。
kami003

前髪の薄い人が似合う髪型

まずは前髪が薄いタイプの人に似合う髪型をご紹介します。

・薄いのを気にしているのならあえて前髪アップでおでこ出し
薄いからといって、サイドや後ろから前髪を集めてくると日々のブローが大変になるので、あえて前髪をアップしてみることをおすすめします。前髪がないと目力が弱くなると心配な人はいつもよりもアイメイクを濃いめに仕上げると良いですよ。

前髪アップの中でも一番簡単で垢抜けて見えるのが「ななめ編み込み」です。前髪をななめに編み込みピンでとめておきます。
流行りの編み込みを前髪に取り入れることで、注目度アップ間違いなしです。編み込む髪の毛が足りない場合は少し後ろから拝借して編み込んでいきましょう。

kami004

・前髪の薄さをいかして流行りのシースルーバングにチャレンジ!
「前髪が薄すぎるから前髪作れない」って思っていませんか?確かに厚めのパッツン前髪は可愛いですが、ちょっと時代遅れ感が否めません。むしろ薄毛を逆手にとって「シースルーバング」に挑戦してみましょう。シースルーバングとは「おでこが見えるぐらいの薄めの前髪」で、韓国の女優が始め、大人気になった髪型でデカ目効果や小顔効果まであるんですよ。

簡単に言えば大昔の工藤静香の髪型です。
大昔の工藤静香と聞いてぎょっとしたかもしれませんが、今流行っているシースルーバングはもっとかわいくてバブリーな雰囲気はありませんのでご安心ください。セルフカットもできますが失敗して工藤静香になると困るので、美容院で作ってもらうことをおすすめします。

・カチューシャアレンジで全隠し
不器用すぎて自分でアレンジできないし美容院に行くのも恥ずかしいという人はカチューシャを使ってみましょう。太めのカチューシャで生え際を隠すもよし、細めでオールバックにしてもよし、です。
カチューシャでオールバックにする場合は後ろ髪は緩く束ねても、軽く巻いても、ストレートでもオッケーです。
束ねる場合は少し高い位置で束ねた方が垢抜け感が出るので、試してみてくださいね。

頭頂部が薄い人に似合う髪型

kami005

頭のてっぺんが気になる人むけの髪型やヘアアレンジをご紹介します。
帽子で隠す前に試してみてください。

・まずは分け目を変えよう
頭頂部が薄い人は、つむじがパックリと割れてしまうことが多いですよね。だからまずは分け目を変えましょう。分け目を固定していると、その部分の頭皮は髪の毛の重さによって余計なダメージを受けさらに薄毛が進行するリスクがあります。できれば2、3ヶ月周期で変えると良いでしょう。簡単に分け目を変えるにはお風呂上がりがオススメです。お風呂上がりにいつもと違う分け目を作り、しばらくヘアピンなどで固定した後ドライヤーで乾かしましょう。2、3日続ければ分け目が変わります。分け目が変わるとびっくりするほど頭頂部の薄毛が気にならなくなりますよ。

・後ろ髪を前髪にしてみよう
分け目を変えるのと似ていますが後ろ髪を前髪にすることで、薄毛部分が目立たなくなります。お風呂上がりに後ろ髪の一部を前にとかし、ドライヤーをかけて癖付けることで後ろ髪が前髪になります。
あまり後ろから持ってきすぎると、女性版バーコードになりかねないので通常の前髪よりも2センチほど後ろ程度にしておきましょう。後ろ髪を前髪にした場合、長さがバラバラになってしまうので、できれば美容室でカットしてもらった方が無難です。

 

・ロングの人はショートヘアでボリュームアップ
頭頂部の薄さって、実はショートよりもロングヘアの方が目立ちます。長ければ長いほど、髪の毛の重さによって頭皮が引っ張られるので、ただでさえ薄い頭頂部が余計目立ってしまうのです。
それにロングヘアーでは頭頂部のボリュームを出すアレンジが限られますがショートにすると色々なアレンジを楽しめますよね。
ショートにして毛先にパーマをかけたりしてエア感があるヘアスタイルにしてもらえれば自然に薄い部分をカバーすることができます。

・アップで頭頂部をフルカバー

kami006

確実に頭頂部の薄さを隠すのにお団子スタイルがおすすめです。用意するのはヘアピンとワックス、ヘアゴムです。

まずはワックスを髪の毛全体に丁寧に馴染ませます。表面だけに塗るとべたっとしてしまうのでブラシを使って馴染ませましょう。
綺麗になじんだら、お団子を作りたい場所で髪の毛を結びます。そして、毛束をくるくるとねじりながらヘアゴムを隠すように巻きつければ完成です。

3分もあればできるアレンジなので忙しい女子にもぴったり。
ただし、毎日同じ位置でお団子を作り続けると頭皮にダメージを与えてしまうので、お団子アレンジはマンネリ防止程度の10日に1度ぐらいの頻度にしておきましょう。

「お団子を作れるほどの髪の毛の量がないのよ」
「お団子作ったはいいけど小さすぎて江戸時代の子供みたい」

という人はお団子のボリュームを簡単にアップできる毛束がついたシュシュがあるので試してみると良いですよ。
シュシュが手元にないけど今すぐ大きめのお団子が作りたい、という人は髪の毛を結んだ後、毛束に逆毛を立てましょう。クシで毛先から根元に向かって毛羽立たせる要領です。
そしてボリュームアップしたところで根元に巻きつけヘアピンでとめ、スプレーで固めます。少ない髪の毛でも大きなお団子を作ることができるので、華やかな印象になりますよ。

ウイッグでオシャレに♪

「ウィッグってカツラでしょ?」
と思って躊躇してしまう人がいるかもしれませんが、女性のウィッグは男性のようなマイナスイメージがないので気にしないようにしましょう。
女優やモデルも役柄やファッションに合わせてウィッグを使っていますよね。女性のカツラはオシャレアイテムとして認知されているのでこそこそ使わずに堂々と使ってオッケーです。
個人的にはバッチリスタイリングされているフルウィッグを日替わりで使うのが楽だと思います。

気分によってフワフワパーマやエキゾチック系ストレート、ショートヘアなどいろいろな髪型を選べるなんてわくわくしますし楽ですよね。
今はフルウィッグもかなりお手軽なお値段で販売されていますので4、5種類揃えておくのも難しくありません。
とは言うものの毎日会社に目まぐるしくヘアスタイルを変えていくと、お局様や上司から顰蹙を買うかもしれないので、部分ウィッグも併用した方がいいですね。部分ウィッグでボリュームが足りないポニーテールを太くしたりお団子をボリュームアップさせたり、頭頂部のボリュームを出したりするだけでかなりイメージアップです。

kami007

パーマでボリュームを!

「日々のヘアアレンジが面倒くさい」
「不器用だからアレンジしてもモッサい感じになる」

という場合は思い切って美容院でパーマをかけましょう。
毛先だけでなく根元近くにカールを作ることで全体的なボリュームがアップし髪の毛がいきなり増えたように感じます。薄毛気味の男性芸能人がよくパーマをかけていますが、一目瞭然で髪の毛が増えたように感じますよね。パーマはいつの時代も薄毛さんの味方です。

ただし、一つだけ注意点があります。パーマをかける時に「簡単に再現できるスタイルにしてほしい」と伝えることです。
「美容室でセットしてもらった時は可愛かったのに自宅でやったらバッハみたいになった」っていう人少なくないと思います。少なくとも私はそうでした。

だからヘアスタイルをオーダーする時に恥ずかしがらず「自分で簡単にセットできるパーマにしてください」と言いましょう。折角パーマでボリュームアップしてもバッハになってしまっては元も子もありません。

まとめ

kami008

いかがですか?気になるヘアスタイルは見つかりましたか?今回おすすめしたスタイルやアレンジで薄毛さんの悩みがちょっとでも解決できたらな、と思います。薄毛対策は根本的な原因を見つけ問題を解決し、増毛していくのが王道ですが、20代女子はケアをして生えてくるのを待っているほど気が長くありませんよね。
ケアをしながら、今のヘアスタイルも楽しみたいものです。かといって薄毛対策を行わなければ年を重ねるごとに薄毛は進行してしまいますので、ケアも同時進行で行いましょうね。育毛剤に抵抗がある方はサプリメントなど手軽に始められるものからスタートしてみてはいかがでしょうか?

薄毛対策に興味のある方は、以下の記事も合わせてご覧ください。
この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう