【女性の薄毛対策まとめ】病院での薄毛治療VS自宅できる4つの習慣


抜け毛がなんとなく多くなったと感じてもほとんどの女性は、「まあ、そのうちに治るでしょ」というくらいの軽い気持ちで考えて、対策を打つに至らないことが多いのではないかと思います。
ですが、アラフォーアラフィフ、またはもっと若い年齢で心配になるレベルの抜け毛が起こったのであれば、そのまま放置しているとどんどん抜け毛がひどくなり、最終的に薄毛の状態になってしまうことも考えられます。それでは、現在あなたに起こっている抜け毛の原因、そして改善策について考えてみることにしましょう。

女性が薄毛になる原因とは?

usuge002

薄毛といえば、中高年のオジサマのイメージがありますよね?そして、オジサマたちが気にしている薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる種類の薄毛で、
正常な男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によって悪玉男性ホルモンに返還されることが原因となって起こります。

では、女性の薄毛はいったいなにが原因で起こるのでしょうか?
まず第一に考えられるのは、ホルモンバランスの崩れです。

女性の体内には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、そして男性ホルモンが存在し、これらの体内分泌量が適正な状態であれば、ホルモンバランスが崩れる可能性は低く、そのため抜け毛や薄毛が起こる心配はほとんどありません。ところが、アラフィフの年代を迎えると、ふたつの女性ホルモンの分泌バランスが崩れやすくなり、男性ホルモンの働きが優勢になることがあります。そして、これこそがあなた悩ませている最も大きな薄毛の原因であるということです。

そしてもうひとつ、忘れてはならないことは、頭皮が受けたダメージに伴う、頭皮環境の悪化です。頭皮はさまざまなことが重なりあってダメージを受けることが考えられますが、最も多いのは、紫外線と洗浄成分が強いシャンプーの使用、そして、シャンプーやコンディショナーの洗い流し残しによるダメージです。

さらに、パーマ液やカラーリング剤の刺激を受けて、頭皮が大きなダメージを受けることもあります。また、運動不足による血行不良、食生活の乱れによる頭皮の栄養不足などが頭皮に悪影響を及ぼし、頭皮環境が悪化することもあります。

usuge003

女性の薄毛治療病院

薄毛を早急に改善したいのであれば、医療機関で受診するという方法がありますが、問題は、何科で受診すれば良いのか?ということですよね。
まず、アラフォー、アラフィフという微妙な年齢を踏まえて考えるのであれば、ホルモンバランスの崩れを疑う必要があり、若い年齢の場合で生理不順などが起こっているのであれば婦人科で診察を受ける必要があります。そして、特に婦人科系統の不具合に思い当たる節がないのであれば、「頭髪外来」、「脱毛症専門外来」などの科、あるいは「頭髪専門クリニック」などの専門クリニックでの受診が適切です。

では、そのような専門クリニックではどのようにして女性の薄毛治療を行うのでしょうか?これは薄毛が起こった原因によって異なり、以下の治療方法が適用されます。

・内服薬(パントガール)治療

ビタミンやアミノ酸、タンパク質などをバランスよく配合した内服薬で、加齢や産後のホルモンバランスの崩れによる薄毛や、頭皮環境の悪化による薄毛改善に効果的であるといわれています。

・外用薬(パントスチン)治療

パントスチンには、正常な男性ホルモンの悪玉男性ホルモンへの返還を防ぐ作用を持つ「アルファトラジオール」という成分が配合されています。
そして、この外用薬を頭皮から毛根に送り込むことにより、抜け毛・発毛効果を期待することができるといわれています。

・育毛メソセラピー治療

ビタミンBをはじめとするビタミン、ブフロメジル、シスチンなどが配合された注射で、毛母細胞の活性化を図り、育毛・発毛に効果的であるといわれています。
また、この治療を行う前にはCO2フラクショナルレーザーが用いられることがあり、これにより、薬効成分が毛根に届きやすくなります。

では、これらの治療を受けるためには、どれくらいの治療費が必要になるのでしょうか?

・内服薬(パントガール)…90錠(1カ月分)10,200円
・外用薬(パントスチン)…100ml(約1カ月分)…11,300円
・育毛メソセラピー…1回70,000円前後

また、ホルモン検査を受ける場合では、1回4,000円前後、甲状腺検査の場合では、1回6,000円前後の検査費用が必要となります。
※すべて病院によって異なりますので、検査や治療を受ける際には、事前に確認しておいて下さい。

これらが病院で行うことができる検査および治療方法ですが、どれも高額であることがわかります。では、育毛シャンプーや育毛剤で対応した場合ではどうなのでしょうか。

育毛シャンプー
配合成分や価格はピンキリですが、低刺激性の高性能育毛シャンプーの場合では、400mlで4,000円前後となっています。 また、ドラッグストアなどでは安価な育毛シャンプーが販売されていますが、このような製品の場合では化粧品扱いとなり、頭皮や髪の汚れを落とす効果しか期待することができません。 育毛シャンプーを抜け毛予防や育毛に役立てたいのであれば、少々高額であったとしても、医薬部外品扱いの高性能育毛シャンプーを選ぶべきでしょう。 ただし、育毛シャンプーを使用する目的はあくまでも頭皮環境を整えるという点にありますので、発毛効果は期待することができないと考えておいて下さい。
>>おすすめの女性用育毛シャンプーはコチラ

usuge004

育毛剤
低刺激性で高性能な女性用育毛剤は、1カ月分で4,000円~6,000円前後となっており、通販で販売されています。 また、育毛剤はドラッグストアでも購入することができ、通販の製品よりも全般的に安価な価格となっています。 ただし、安価な製品の場合では育毛成分がほとんど配合されていませんので、この部分については注意を払う必要があります。
>>おすすめの女性用育毛剤はコチラ!
usuge005

家でできる女性の薄毛対策

薄毛を早急に解決したいのであれば、医療機関で受診して治療を開始するという方法が最も適切です。
ですが、医療機関での治療は全般的に治療費が高額ですので、まずはご自身で行うことができるケアから開始してみることをおススメします。

・食生活の改善
usuge006
近年、食生活の乱れにより、20代女性の中にも薄毛に悩まされている方が増えているといいます。
特にダイエットによりタンパク質やミネラル、ビタミンの摂取量が極端に不足した場合では、毛包内の毛母細胞の分裂がスムーズに行われず、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になります。
特にタンパク質の摂取量が不足した場合では、髪の成分であるケラチンを作り出す機能が弱まり、ますます抜け毛や薄毛が目立ってくると考えられます。
抜け毛や薄毛を改善するためには、できる限りバランスの整った食事の摂取を心がける必要があり、特に下記でご紹介する食品は抜け毛予防や育毛に役立ちますので、参考にしてみて下さい。

・大豆製品
植物性タンパク質と大豆イソフラボンが豊富に含まれていますので、薄毛の改善に役立ちます。

・肉類
動物性たんぱく質ですので、髪の成分であるケラチンの生成に役立ちます。

・ビタミン類
ビタミンB群は細胞分裂を促し、ビタミンCは血管機能の向上と抗酸化作用があります。ビタミン群はレバー類、マグロ、カツオ、アサリなどに多く含まれ、ビタミンCは果実やピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれています。さらに、血管拡張作用を持つビタミンEの摂取も大切で、この成分はひまわり油やアーモンドなどに多く含まれています。

・ミネラル
特に亜鉛は細胞分裂に欠かすことのできない成分ですので、積極的な摂取が望ましいと考えられます。
亜鉛は牡蠣や牛肉、レバー類などに多く含まれていますので、週に数回はこれらの食品を摂取して行きましょう。

usuge007

・生活習慣の見直し
最も注意を払わなければならないのが、運動不足です。極端な運動不足が続くと、代謝機能がどんどん弱まって血行不良がお起こりやすくなります。血液は栄養分を頭皮に運ぶ重要な役割を担っていますので、この流れが滞ってしまえば、抜け毛の原因になることは目に見えていますね。これを防ぐためには、週に1回程度でもかまいませんので、代謝を上げるための運動を行うことを習慣にしてみましょう。
また、ストレスは血管を委縮させて血行不良を呼び込む原因となりますし、スマホやパソコンの長時間に及ぶ連続操作もまた、血行不良の原因になるだけではなく、脳を覚醒させて成長ホルモンの分泌を妨げる原因になります。特に寝る直前のスマホやパソコンの操作をする習慣のある方は、寝る1時間前から操作をやめて、脳を休ませることを心がけてみて下さいね。

usuge008

・頭皮マッサージ
お風呂は最高のリラックスタイムで、血行も良くなっています。そして、このタイミングで頭皮マッサージ行うことによって頭皮の血行不良改善効果を狙うことができますので、ゆっくりとお湯につかっている時間を利用して、頭皮マッサージを行うことを習慣にしてみましょう。

・育毛剤の使用
男性と女性の薄毛では根本原因が異なりますので、育毛剤でケアを行うのであれば、必ず女性の頭皮や髪のために作られた女性用の育毛剤を使用しましょう。また、育毛剤にはさまざまな種類がありますが、できる限り低刺激性の製品を選ぶようにしましょう。特に化学合成物質の配合量が高い製品の場合では、頭皮に余分な刺激がかかることも考えられるので、女性用育毛剤を選ぶ際には必ず配合成分をよく確認し、刺激が強いと思われる成分が配合されている製品は避けましょう。

まとめ

アラフォー、アラフィフはあらゆる意味で微妙な年代で、身体にはさまざまな変化が現れやすくなり、中でも目立った変化として現れやすいのが抜け毛や薄毛です。
また、若い年齢にかかわらず抜け毛が多く薄毛になってしまうととても気になってしまうものです。そして、これらを改善するために必要なことは、病院での治療よりも、あなたご自身の努力です。
今回は病院での治療方法とともに、ご自身で行うことができる抜け毛や薄毛の改善方法もご紹介してきましたので、今起こっている抜け毛や薄毛を少しでも改善するためにも、今すぐに始めることができる努力を行ってみてはいかがでしょうか。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう